TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

『リビング・エナジー』から


創刊号 マイク・ブースの「オーラソーマとは何か?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 4.『リビング・エナジー』*から     *オーラソーマの基本機関誌
    マイク・ブースの「オーラソーマとは何か?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイク・ブースはヴィッキーさんよりオーラソーマの発展を託され、
現在オーラソーマアカデミーとオーラソーマプロダクト社を運営しています。

そのマイクが語る「オーラソーマ」とは・・・

……ただしですね、マイク・ブースが語る「オーラソーマ」の世界は、とても
ハイグレードというか、内容に奥深く入った説明です。(*^_^*)

それで、とてもそこまでは付き合えない、という方のために、簡単にレジュメ
を書いておきますね。

要するに、この文章で彼が語っているのは、

オーラソーマが、ヒーリング・システムというよりは、むしろ意識を作り変え
る道具なのだということ、しかも、カラーボトルの選択という、最初の最初か
ら、これが“他人が介入しないセラピーのシステム”だということです。

“もう何百年もの間、あるいは何千年もの間、私たちは他人の手にパワーを預
 けるようそそのかされてきました。自分の責任を放棄してきたのです。”

マイク・ブースは、オーラソーマは自分の責任を自分に取り戻すツールなのだ
と言っているわけです。

“わたしたちが自分に責任を取り戻すまでは、人生の大部分を人に対する依存
 の中で過ごすことになる”のだと。

これは、オーラソーマの伝えていることの本質とでも言えることだと思います。
これまで私たちは、体が悪くなればお医者さんに診てもらっていました。
そして専門家が自分を診てくれて、治してくれるのだと思っていました。
でもオーラソーマは、それは自分で責任を持って、自分で治すものだって
言っているわけです。

オーラソーマでは、診断のために、自分でそのボトルを選びます。
セラピストが自分に代わって、あなたにはこのボトルがいいですよって、
選んでくれるのではありません。

そしてその自分で選んだボトルを自分で自分につけていくんですね。

そしてそれぞれの人には自分自身を癒していくために何が必要かは
自分ですでに知っているのだということを信頼しているわけです。

オーラソーマは「意識への鍵である」ってボトルにも書かれてあります。

その「意識」こそがすべての鍵を握っているんですね。

では、元気な方は、イギリス人、マイク・ブースの思考の跡をたどって、
ちゃんと読んでくださいね。(^^)/


----------------------------------------------------------------------
オーラソーマとは何か ?

                           マイク・ブース

理解が深まるにつれ、オーラソーマはヒーリングのシステムというよりは、
意識を作り変える道具なのだという思いがますますしてきています。色や光
の波長や波形という形の中に、意識は自分の姿を認めるのです。

こうした見方は、古代の多くの知恵の体系と関係があります。チベット死者
の書やバルド・ソドルは、死後に体験する色と光について述べています。意
識は自分が引かれる色を選ぶことができ、その色は、ある生で行なわれた行
動と関係します。その行動がどうなされたかによって、意識が色と光の中で
自分を表現する好みが決まるのです。

この考え方は、チベットだけのものではありません。それは過去の他の知恵
の体系にも共通するものなのです。十字架の聖ヨハネの魂の暗夜とマヤの写
本は、同じ現象を述べた別の例です。ですからオーラソーマをその延長線上
で理解しても、飛躍のしすぎということはないでしょう。

ほとんど100種類近い色の組合せの中から、自分で色を選んでもらいます。
上下とも同じ色のものもあれば、上下の色がコントラストをなすもの、補色
のものもあります。そのときその人の意識は、こうした透明な「色とりどり
の宝石」に映る自分の姿と直面するのです。4本のボトルを選んでもらうの
ですが、ボトルを選ぶ際は、ボトルの並びの色取りを気にするのではなく、
それぞれ好きなボトルを選んでもらいます。

そして、このように選んだ4本のボトルを見た時、そこから、その人がどん
な質を過去から持ち運んできたか、どんな困難が目立って見えるか、そして
その人の持っている性癖に、その人自身どう対応しているかということが見
て取れるのです。また、その人の超意識が選んだボトルに関する限りにおい
て、未来にどんなことが起きてくるかということさえ見ることができます。

こうしたことから、オーラソーマの創始者であり発明者であるヴィッキー・
ウォールは、バランスボトルを魂の鏡と呼んだのです。彼女は人が自分の真
の色を認識し、それとワークしはじめたならば、自分の選んだ色の表してい
る条件付けのパターンという生の素材を使って、魂を形づくることができる
ということを信じていました。

「オーラソーマとは何か?」という問いにもっと十分に答えるためには、ど
のようにオーラソーマが生まれたかを知ることが必要です。というのも、そ
れによって私たちはヴィッキー・ウオールが瞑想と祈りの中で最初のバラン
スボトルを受け取った時に述べたことがより十分に理解されると思うからで
す。それは、あたかも、他の手が彼女の手を動かしたかのような、彼女を通
してある知識が自分を表そうとするかのようなプロセスでした。

バランス(イクイリブリウム)が生まれる7年前、すでにヴィッキーは盲人
登録をしていたというのは、最も驚きに値することでしょう。彼女の父であ
るアブラハム・バーンはハシディズム(ユダヤ教の秘教的な教えを説く一派)
の信者で、カバラの行者でもありました。ヴィッキーは、それは深く彼を愛
し、双方を等しく尊敬していましたから、実際両者を区別するのは難しかっ
たのです。

継母から執拗ないじめにあい、10代の初めに家を出たヴィッキーは、その後
異教徒の一家と暮らし始めるまで、その日の暮しの生活を送りました。彼女
の父は厳格なハシディズムの信者だったため、家を出た彼女は死んだも同然
とみなされたのでした。これは今という時代からすれば信じられないような
ことですが、ヴィッキー自ら私に語ったことです。

私の感じでは、この断絶によって彼女は心にひどい傷を負ったようです。家
族は父親が亡くなるまで、彼女と口をきこうともしませんでした。偶然の一
致どうか、バランスが生まれたのは、父親が亡くなってからだったのです。

ヴィッキーはそれを父からの贈り物だと言っていました。私がバランスボト
ルのシステムとワークすればするほど、カバラとのとてつもない関連が明ら
かになってくるようです。

それぞれのボトルは、生命の木の径やスフィアにフィットするのです。もし
かしたらこのシステムは、カバラのマスターであった父親が、娘からの真の
愛を認め、彼岸から贈った贈り物であったかもしれません。
これは、バランスがどのようにこの世に生まれたかについての理解の一つに
すぎません。

それではまた別の話をしましょう。3つの王国の会議を想像してみてくださ
い。鉱物界の精霊、植物界の精霊、光と色の世界からの精霊が一堂に会し、
迫りくる危機について話し合っているのです。人間が地球と人間性に対する
より大きな尊敬を取り戻さない限り、困難は目に見えている――彼らは人類
の意識の進化のために身を捧げ、意識的に協力することで合意したのです。

たぶんヴィッキーは、バランスが生まれる器となるべく、たくさんの生にお
いて準備させられてきたのでしょう。3つの王国の精霊がともに働けるよう
な器となるべく。それぞれのボトルは、存在の3つのレベルからのエネルギ
ーを表しています。鉱物界のクリスタルのエネルギー、植物界のハーブと植
物のエネルギー、そして人間界とつながりのある色と光の世界からのエネル
ギーです。人は皆、足はレッドで頭はバイオレットの完璧な虹の存在であり、
あらゆる色を体現する可能性を秘めているのです。

その人にふさわしいオイルをふさわしい部分に塗ると、たくさんのことが起
こります。
仮にある人がゴールドのオイルを選び、それをおなかの真ん中と背中の真ん
中に塗ったとすると、ゴールドの色と関連のあるクリスタルのエネルギーと
ハーブのエネルギー、そして色と光のエネルギーが解き放たれるのです。そ
してそれらは半透性の膜である皮膚を通って体内に吸収されるのです。

ボトルを使うことによって同調するエネルギーの共振が起こり、そのエネル
ギーが解き放たれるのです。体のゴールドの部分が、鉱物界と植物界のエネ
ルギー、そして色と光の共鳴を通して共振するのです。これはホメオパシー
の原理にも通じるもので、似たものが似たものを癒すのです。色はその色に
対応する体の部分に、正しい波動を作り出すのです。

オーラソーマでは、この体と心の共時性を使い、その背後にある意識に結び
つきます。ですから、体のふさわしい部分にオイルを塗ることによって意識
を作り変えるという点において、私たちは「バランス」をもたらすときに、
意識的な要素を増加させることができると言えるでしょう。この世に存在す
るものはすべて、何らかの形で意識を持っているように見えます。私たちは
鉱物やクリスタルと関係する精霊界、そして植物界、そして意識を直接映し
出す色と光の世界の意識とつながっているのです。古い時代の医学では、こ
うした現象は植物のサインと呼ばれていました。それは色だけではなく、形
や構造も含めての話だったのです。それは当時、特定の器官や病気と関連づ
けられていました。

オーラソーマでは、意識を変える一つの手段として、鉱物や植物のサインを
使います。
色は、このことと関連し、特定の象徴を持ちます。これについては、特定の
ものに絞ることができると言ったほうがいいでしょう。象徴を通して説明し
ようとすると、色は逆説的になります。真実のところ、たぶん存在するすべ
てのものは、何らかの逆説の中に存在しているのです。

色を見るとき、そこに逆説があることは明らかです。ブルーは原色のなかの
原色であり、権威の問題に対する困難、養うことと分析的な思考における困
難という側面を持ちます。けれどもまた、思いやりや養うこと、信仰や信頼
もそこにはあるのです。ブルーはマインドそのものを表し、また空の要素で
もあります。また肉体的には、ブルーは甲状腺を含めた喉と関係しており、
また呼吸とも関係しています。たぶんブルーを使うことによって、マインド
により平和をもたらすことができ、それによって、気づきを増すということ
も言えるでしょう。

オーラソーマは初めての、真に他人の介入しないセラピーのシステムです。
このシステムにおいては、色の解釈を助けるという以外に、セラピストの専
門知識に頼るということはないのです。ふさわしいバランスオイルを選ぶの
は、完全にクライアントに任されています。

オーラソーマのプロセスにおいては、自分の運命に対して直感と自信を取り
戻すという可能性が強調されているのです。もう何百年もの間、あるいは何
千年もの間、私たちは他人の手にパワーを預けるようそそのかされてきまし
た。自分の責任を放棄してきたのです。

オーラソーマは自分の責任は自分で取り戻すものです。私たちがこのプロセ
スを始めると、それまでの条件付けのパターンゆえに、根本的な問題と直面
することになるのです。

人生において自分が独りだと感じる機会が何度かあります。誕生と死は最も
深遠なものです。私たちは自分に責任を取り戻すまでは、人生の大部分を人
に対する依存の中で過ごすことになります。

ヴィッキーはオーラソーマの始まりから絶え間なく陰の力となって働いてい
たパートナーであるマーガレット・コックビンの腕の中でなくなりました。
彼女はヴィッキー亡きあと、クローディアと私をサポートし続けてくれてお
り、現在オーストラリアでのオーラソーマのセンター作りの詳細を計画して
います。

*「リヴィングエナジー」1巻から5巻まで発売されています)


トップへ

  • 『リビング・エナジー』から INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024