TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

『リビング・エナジー』から


第3号 ブルーは何を話したがって

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 4.『リビング・エナジー』*から  「カラーのヒーリングエネルギー」
   ブルーは何を話したがっているのか  by リチャード・レヴィントン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オーラソーマがまだ産声を上げて間もない頃のロンドンでのことです。

まだ、オーラソーマのバランス・ボトル(現在のイクイリブリアム・ボトル)
が70本しかなかった頃の話です。

精神世界に造詣の深いあるジャーナリスト(ヨガ・ジャーナルのライター)が
不思議なホメオパス(同種療法家)の治療を受けます。

卓越した理解力と表現力を持った人間が、まったく新奇な代替療法との出逢い
を新鮮な感動をもって叙述しています。

彼が味わった不思議さを、ここで再体験してみてください。

----------------------------------------------------------------------
カラーのヒーリングエネルギー


人類最初の芸術家が洞窟の壁に
絵の具を使用したときから、
人々は色の持つセラピー的な効果を試してきた。

そしてその最も新しい革新が
オーラソーマと呼ばれるものだ。
それは、それぞれに意味のある、
バランスボトルという、
身体の微細なエネルギーセンターに
見事に調和した、
ひとそろいの色のついたオイルでできている。

by リチャード レヴィントン


ブルーは何を話したがっているのか

最近ロンドンを訪れた際、あるホメオパス(同種療法家)がブルーの色につい
て注目に値することを私に言った。
その時期、私はブルーにとりつかれていたといえる。
私は青いソックスに青いコールテンのズボン、1ダースの青いシャツに青いセ
ーター、そして青いスニーカーを持っていた。
そのうえ青いフレームの眼鏡を買おうかとさえ思っていた。
おまけに夜にはブルーについての夢を見ていたのだ。
そしてまた、私は喉がいたく、軽い咳もあり、風邪をひきかけているようでも
あった。

「あなたは風邪をひきかけているのではありません」とそのホメオパスは私に
言った。
「あなたの喉はブルーを話そうとしているのです。」 
彼女はこの不可解な言葉を説明するかわりに、青いマッサージオイルのような
ものを私の首にぬり、明るい紺色の球体を自分の喉のあたりにイメージするよ
うに言った。

「さあ、そのブルーを通して、それがちょうど窓だと思って」と言いながら彼
女は続けた。
「そのブルーに話させてください。そのブルーは何を話したがっているのです
か、言ってみてくれますか?」

私には彼女の言っていることがさっぱりわからなかった。
しかしその一時間の間に私の症状は消えてしまっていた。
そのブルーが風邪の初期症状を取り去ったのだろうか? 
もし、そうだとしたら、どうやって? 

私は、ホメオパシー、針、フラワーエッセンスといった、ホリスティックヒー
リングとして名の知れたたいていのものについてはよく知っていたが、カラー
ヒーリングについてはほとんど何も知らなかった。
非常に微妙で、すぐに消えてしまうエネルギーである色を使って、身体的症状
を癒し、深い心理的変化を引き起こすという考え方は深いところで私の興味を
そそった。
そういうことはホリスティックな分野におけるエソテリックな先駆者大英帝国
だけのことはある、と私は思った。

いわゆる代替療法においさえも、カラーセラピーは依然断片的なものでしかな
く、まだそれほど広く実践されたり理解されているものではなかった。
カラーヒーラーたちはたいてい色のついたスクリーンや色のカード、光の投影、
あるいはイメージを使うのが普通で、液体状の色を身体のある部分に施すとい
うのを聞いたのはこれが初めてだった。
このブルーのオイルは、ホメオパスが私に教えてくれたところによると、オー
ラソーマと呼ばれる新しい包括的なカラーシステムの一部で、1980年代にイギ
リスで開発され、ヨーロッパやオーストラリアのナチュラルヒーラーの間では
すでに広く使われ効果をあげているとのことだった。
彼女は最近一週間にわたるオーラソーマカラーセラピーの入門セミナーを終え
たところであり、彼女は、それは注目に値する、革新的なものだと思うと私に
語った。


神の飾り窓

彼女の勧めにしたがって、私は、「神の飾り窓」と呼ばれる、70種類(現在は
96種類)の人のオーラを調和し、調整する、色のついたボディオイルでできた
「バランス」ボトルの色彩の陳列を見るために、その年で最も激しかった猛吹
雪の中を北へと旅し、テットフォード州の小さなリンカンシェアの村へと向か
った。

これらの長方形のボトルは、それぞれ、上層部はエッセンシャルオイルとアロ
マエッセンス、下層部は水溶液ベースのハーブの抽出液でできていて、例えば、
レッドの上にイエロー、ターコイズの上にピンク、ゴールドの上にグリーンと
いった具合に二層の色に分かれている。
それらがエレガントに修復された館である、ここデヴ・オーラの会議室のガラ
スのテーブルの上の私の目の前にずらりと並べられている。
それらはオーラソーマのセラピーのカラーコレクシ
ョンの代表格である。おそらく、古代のアートであるカラーセラピーの最も力
強く、最も革新的な現代版と言えるだろう。

オーラソーマの創始者たち、(薬剤師で足治療家のヴィッキー・ウォール、ク
ラニオ・オステオパシー療法家のマーガレット・コクビン、そしてマンダラ芸
術家のマイク・ブース)によると、オーラソーマは「押しつけがましくない、
魂のセラピー」であり、色の生きているエネルギーに基づいた、ある種の強壮
剤だと述べている。

そして「神の飾り窓」(1983年の後半に初めてオーラソーマを作ったとき、ヴ
ィッキー・ウォールがつけたオーラソーマの「光輝く宝石」のボトルの呼び名)
を通して見たとき、私は「存在の高い次元、自分の中の高次の部分、そして自
分のカラーコード」を見い出すことになると言う。

色のついたボディオイルとオーラと私の「魂」との間にいったいどんな関係が
可能だというのだろうと私は思った。
どのようにして色が、押し付けがましくなく、癒すというのか? 
しかも、あのロンドンのホメオパスは「ブルーを話す」ということで何を言お
うとしたのか? 
私は、デヴ・オーラのビロード製のひじかけ椅子にくつろで座り、あたり一面
の雪景色にかこまれて、お茶を飲みながらこれらの思いにふけっていた。

私の目の前には、マイクの求めに応じて、およそ6ダースにもおよぶボトルの
中から私が選んだ4本のバランスボトルがガラス製の台の上に置かれている。
これを選ぶことで、おそらく私個人のオーラのカラーコードについての「魂の
声明」が目の前に持ち出され、それは私の現在の心身の状況を知るうえでの解
釈者の鍵となるとともに、同時にそれを解決する実践的治療法ともなるのだ。

オーラソーマは、色を選択することが診断であると同時に治療ともなる、ユニ
ークなシステムであり、ヒーリングの責任はもっぱらクライアントにかかって
くるのである。
「バランス」を選択することで、クライアントは自己診断と自己処方を行い、
「飾り窓」から適切な治療薬を取りだすのである。
(この項続く)

                『リビング・エナジー』vol.5 (p10-12)



トップへ

  • 『リビング・エナジー』から INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024