TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

ご意見・ご感想


第70週号(2005,11/02)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.購読者のみなさまからの「シェアリング・ご意見・ご感想」コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

簡単な「シェアリング・ご意見・ご感想」の送信フォームを用意してあります
ので、ここ↓からお送りください。
http://www.formzu.com/formgen.cgi?ID=7332598

みなさん自身の体験を投稿していただくことで、多くの人も学びがあることと
思います。

今回も多くの皆さんからの「シェアリング・ご意見・ご感想」などありがとう
ございます。

私もとても楽しみなコーナーです。

このようにみなさんと対話できることがこのメルマガを書く喜びです。
みなさんと一緒に作るメルマガにしたいですね。


        …………○…………○…………○…………


AIAI さん
----------------------------------------------------------------------
 先月はじめてオーラソーマのセッションを受け、感激しました。近いうち
 にレベル1のクラスを受けたいと思っています。
----------------------------------------------------------------------

それは楽しみですね。


ハッピードロップ さん
----------------------------------------------------------------------
 記載されているメッセージから今の自分が感じとれるものを受け容れる
 と、物事に対する見方がどんどん拡がっていく感じです。とても楽しいで
 す。ありがとうございます☆
----------------------------------------------------------------------

そういうふうに読んでいただけるなんて、最高です。


ひろひろ さん
----------------------------------------------------------------------
 理解するのに難しい内容もありますが、毎回じっくり考えながら
 気づきを求めて読んでいます。
 オーラソーマのボトルは本当に綺麗でひきこまれてしまうので
 きちんと学びたいなという思いもあり、楽しみにメルマガを待っている
 感じです。
----------------------------------------------------------------------

こういうふうに読んでいただいているなんて、書いているほうも気が引き締まります。


ジャスパー さん
----------------------------------------------------------------------
 仕事が忙しいと、オーラソーマのことは横におしやっておいて、まずは仕
 事仕事・・・と考えてしまいがちですが、忙しいときこそオーラソーマを
 生活の中に活用していった方がいいんですよね。きっと。なにかよいアイ
 ディアがございましたら教えてください。
----------------------------------------------------------------------

これ、自分のことかと思っちゃいました。

思わず手元にあったポマンダーをつけてみました。

その香りとともにオーラが広がり、ほっと深呼吸。

コンピューターの中に吸い込まれていた自分を取り戻した感じです。

ふと自分自身を取り戻すひととき

手に残る甘い香り・・・。

これだけでもずいぶん日常生活にゆとりが生まれますね。


ヒトシ さん
----------------------------------------------------------------------
 宿題は、オーラソーマに関するエッセイの事です。
 これを書かないと、そちら様に申し込んでいるレベル3も
 受けられません。
 少しづつやっていくしかないかな。と思います。
----------------------------------------------------------------------

宿題・・・オーラ・ソーマのエッセイ。・・なるほど・・・

レベル3を受ける前に提出しなければならない宿題ですね。
400字詰め原稿用紙15枚ほどですかね。

これはオーラ・ソーマに関することなら何を書いてもいいので楽勝ですよ。
オーラ・ソーマとの出会いでも、自分がオーラ・ソーマを使った体験でもいい
ですし、そこから得た気づきでも、何でも好きなことを書いてもいいんです。

学校の試験のように先生が採点したりするものではありません。これは自分の
ために書くんです。
自分にとってのオーラ・ソーマを味わい感じ、咀嚼するためのものです。

少しずつなんて言っていると永遠に書けません。
難しいのは最初の一歩。その一歩が踏み出せれば、あとは歩くだけ。

富士山に登ろうと思っているうちは登れません。でも一歩を踏み出せばいつの
まにか頂上です。
最初の一字、書き始めてください。

なんて、人のことのように言ってますが、実はこれ自分のことで、私もいまだ
に毎週宿題をやっているようなもんですよね。

メルマガ書こうなんて考えているうちは書けないんですね。
でも、メルマガ発行まであと数時間しかない! なんてことになると、これ、
書き始めるしかないんです。
その最初の一字を書き始めれば、あとは最後まで書いちゃうしかないんですも
んね。

というわけで、このメルマガも間に合ってお手元に届けできますように。


けん(2) さん
----------------------------------------------------------------------
 愛・感謝という言葉は、とても大切な深い言葉です。 
 誰に対してもそういう気持ちで接することが出来たら良いですね。
 正に私の永遠のテーマなんです!!!
----------------------------------------------------------------------

ですよね。私もです。


らぴこ さん
----------------------------------------------------------------------
 ちょうど、水の結晶について、先日クライアントに(その方に必要だった
 ので)お話していたところでした。
 なぜ話したのか、再確認のメルマガになりました。^^
----------------------------------------------------------------------

実はワドゥダもこの本を彼女のワークショップの中で紹介していました。

愛と感謝。これはハートの質でもあるんですね。

それでワドゥダはいつも食事の前に、愛と感謝の気持ちを食べ物にもささげて
いました。
だって、それが自分の身体にもなるからです。

でもそれって日本人はすでにいつも食事の前にやっていますよね。

「いただきまーす。」

そう言って食事の前に手を合わすと、

それってどういう意味なんだ? 

ってよくウエスタンに聞かれたりするんですけど・・・

「これはね、お百姓さんが毎日一生懸命汗水垂らしてお米を作ってくれて、自
然の恵みによって、そしてさまざまな人の手を経て、私たちが口にすることが
できるんだから、感謝して食べるんですよ。っていう意味なんだ」って、子ど
ものころ母親によく聞かされていたことを教えて上げるわけですね。

このあと母親からは、「だからごはん一粒も残さず食べるんですよ」っていう
言葉が続くわけなんですが、さすがにそこまではウエスタンには言いません。


とど さん
----------------------------------------------------------------------
 いつも丁寧なメルマガを発行し、それを続けていらっしゃることがすごい
 と感じております。ありがとうございます。なかなか実際にボトルを見て
 感じることができないので、頭でっかちにならないように気をつけたいと
 思っております。
 さて、先日のシェアリングのコーナーでのコメントですが、
 他の方がお読みになったらなんとも感じなかったのでしょう。
 コメントを書いてくださった尚さん(でよろしいのでしょうか?)にも他
 意はなかったと信じております。
 しかし、最近私は些細なことに対しても敏感になっているようで、
 すごく傷ついてしまう(ショックを受ける)ことが多いのです。
 今日(水曜日)も職場の人達が何かを言ったわけでもないのですが、
 その場のなんとも言えない雰囲気をモロに感じ受け取ってしまったため、
 辛い思いをして帰ってきました。
 ひょっとしたら気づきなのかもしれませんし、ありのままを受け入れる事
 が今の私にはチャレンジなのかもしれません・・・。
 
 > チャクラについて、頭だけの理解にとどまっているかぎり、それほど意
 > 味のあることではありません。
 
 正直本をいくら読んでも、体感することが一番の近道だと言うことは承知
 しています。
 そういう意味では、ワドゥドさんのワークが近日中にある事を教えていた
 だき、なんとタイミングのよいことだろうと感激・感謝しています。
 と同時に、コメントを読み終えた瞬間、私にぐさっと突き刺さるものがあ
 りました。
 
 > ワドゥドに学ぶことができるのは本当に稀な機会なのです。しかもその
 > 価値を考えたとき、このような価格で受ける機会は二度とないでしょう。
 > 彼から学ぶことができる機会があるのに、私がここでチャクラについて
 > 解説しても何の意味もないでしょう。しかもすでに『チャクラヒーリン
 > グ』という本を読んでいるのに、そのうえこのメルマガで何を書けると
 > いうのでしょう?
 
 何の意味もないのかどうか、メルマガで書けないのかどうか・・・。果た
 してそうなのでしょうか?
 メルマガを発行されている方にとっては、どこに基準を置いて書くかが大
 変だと推察します。(読者層も幅広い事でしょう。)
 ただ、素朴な疑問を持ち、自分なりに探していこうとしている読者もお忘
 れにならないでください。
 物理的・経済的にワークを受けたくても受けられない事もあります。
 (私は嫁ぐまで生まれも育ちも東京でした。東京を離れて暮らしてみて、
 いかに東京にありとあらゆるものがあふれているか驚きました。良い悪い
 含めて。)
 長々と申し訳ありませんでした。メルマガの文章を読み、尚さんってどん
 な方なのだろう?(あたたかい光に包まれた方なのだろうな♪)と想像し
 ております。おこがましいかも知れませんが、一度でもいいのでお会いし
 てみたいと感じる今日この頃です。
 メルマガの趣旨に反する内容とお感じになられましたら、掲載しないでく
 ださい。
----------------------------------------------------------------------

うーん。これを読んでとっても反省させられ、赤面しました。

そのときの勢いのままに思ったまま書いてしまっているわけなんですが、やは
り第三者的な目で読み直すべきでした。

時間に追われて書いてしまっていると、そういう余裕も時間もなく書きっぱな
しになってしまいます。

言葉は難しいもので、ひとそれぞれがいろんなふうに受け取ってしまうので、
誤解されてしまうことも多いですね。そういうリスクをもとに書いているとい
うことはいつも自覚してはいるつもりでも、そうであるならば、もっと書き方
に配慮すべきでした。

とどさんが指摘されているように、チャクラについてこのメルマガで書けない
かというと、そういうわけではないでしょうね。それなりに、まだチャクラに
ついて何も知らない人には、その解説程度は書けるでしょう。そして実際、実
はこれまでのメルマガでも、すでにいろんなところに書いてきています。ボト
ルの解説にしろ、色の言語での解説にしろ、チャクラについての知識もずいぶ
ん含まれています。

私の趣旨は、それ以上には書けませんよってことなんですね。私はチャクラに
ついての専門家ではないので、それほどたいしたことは書けません。
とどさんは「チャクラヒーリング」という本も読んでおられるわけですし、知
識として得るならそういう本はいっぱいあるわけなんですね。ですから、それ
以上私に何をかけって言うの? っていう気持ちがあったことが一つ。

もう一つは、もし私がチャクラについて何かを書くとしても、それは自分が学
んだことの受け売りでしかありません。私が何かを学ぶとき、その知識の源か
ら学ぼうとします。その人に先生がいれば、その先生から学ぼうとします。書
物にそのもとのオリジナルがあれば、そのオリジナルから学ぼうとします。な
ぜなら受け売りは所詮受け売りでしかないからです。私は禅とか仏典に書かれ
ていることに興味があったので、仏陀その人に会いたいと思ったんです。それ
でそういう仏陀ともいえるマスターを求め、放浪し、幸運にも出会えたわけな
んです。(ところが・・・あなたが探し求めている、その仏陀とはあなただ、
外側に求めても無駄だ。あなたの内側にあるんだってその人は言うわけで、自
分で瞑想するしかなくなったわけなんですが・・・)。

それはともかく、そこで私が言いたかったことは、チャクラやサトルアナトミ
ーについて、受け売りではなく、プロとして長年の研究と経験をもとに教えて
くれる機会があるのに、私がこのメルマガに書く程度の代用知識で間に合わせ
てしまうのはせっかくの機会を失ってもったいないですよってことなんですね。
このメルマガの読者の方にはそういうふうにはして欲しくないんです。本物を
学んで欲しいわけです。もし読者のみなさんのなかで、もしそういうことを本
当に学びたいという人がいたならば・・・ですが。

私はこういうことに関して、これまでこのメルマガを書いたことのなかで反省
したことがあるんです。

私はこのメルマガの最初の頃、「色の言語」について紹介したことがあります
(それは最近読者の方からの要望があったので今回からまた続けることになり
ましたが)。その色の言語について書き始めた動機は、コマラ・ローデの教え
ている色の言語に触発され、そのことを紹介したかったからなんですね。とい
うのは彼女の色の言語についての教えは彼女自身の思索と体験に基づくもので
あり、通常のオーラ・ソーマで教えているものよりも深い理解と面白さがあり、
私自身が多くの学ぶところがあったからです。実際彼女からその色の言語を学
んだ方は多くの気づきと面白さを得られたはずです。それを私が書いたところ
で、そのオリジナルの持つ面白さには遙かに及ばないわけですね。そして今で
は彼女はオーラ・ソーマを教えることをやめたので、その機会はなくなってし
まったわけです。反省したのは、私が中途半端なことを書いてしまって、本来
のオリジナルの面白さを損なってしまったのではないか? ってことなんです
ね。

ところが幸いなことに、彼女が学んだオリジナルのティーチャーを私は知って
いるんです。そのオリジナルから私も学んでいるわけなんですね。ただ彼女と
の違いは、彼女は長年ずっとそのティーチャーについて学び、そのことをプロ
として教えられるほどまでに訓練と経験を積んできたのですが、私はただ自分
のために学んだだけで、そこまでの訓練と経験はないということなんです。で
も彼女がどこからそういう発想を得てきているかということまではわかるんで
すね。

そのコマラ・ローデにとってのオリジナルのティーチャーというのがワドゥド
とワドゥダなんです。

ですから、もしそういうことを真剣に学ぼうとする人にとっては、まだ少しの
チャンスが残されています。

とどさんが私の「コメントを読み終えた瞬間、私にぐさっと突き刺さるものが
ありました」ということについてなんですが、これはとどさんがハートを開い
て提案してくださったことに対して、私がイエローのスペースで、つまり自分
だけの立場から答えてしまったからだと思います。それで、私がとどさんを拒
絶した、というふうに受け取られたのかもしれないですね。

でもそういうわけではないです。ただ上に述べたような理由からだということ
をご理解いただければと思います。

お詫びのしるしに、チャクラについての小話しを一つ。

これはワドゥダが前回教えていたことの受け売りです。

チャクラは呼吸している、っていうことをご存じですか?

チャクラにはリズムがあるんです。

例えば、第二のチャクラ。「ひとり」でいることと「溶け合う」こと。

第二のチャクラ、オレンジは感じるということのセンターですが、共依存と関
連があると言われていますね。

その依存、というのは相手の人と溶け合うということ、溶け合って一つになる
ということに執着してしまっている状態とも言えるかもしれません。そういう
感覚を得たくて、そのことに依存してしまうんですね。

そこで求めているのは、抱き合ってハグをしたり、セックスで感じる合一感の
ような、一つに溶け合う感覚、満足感です。

しかしそれだけではなく、「ひとり」であるということもこのチャクラのリズ
ムとしてあるのです。

呼吸が吸う息と吐く息でできているように、第二のチャクラもその「溶け合う」
ことと「ひとり」でいることの二つのリズムでできているのです。

吸う息ばかりだと破裂してしまいますし、吐く息だけだとしぼんでしまって、
吸う息だけでも、吐く息だけでも生きていけませんね。

それと同じで、吸う息と吐く息のバランスが取れているときに、そのチャクラ
は健全なのです。

そしてそれらのチャクラの呼吸のリズも個人によって異なっているんです。

そこから関係性のドラマが始まります。

例えば恋人同士のカップル。第二のチャクラ。
女性が吸う息の時、相手と一緒にいて解け合いたいと感じます。
そのときに相手の男性が吐く息のリズムにあれば、「ひとり」になりたいと思
います。

そうすると、男性はただちょっとしばらくひとりのスペースでいたかっただけ
なのに、女性は、「私と一緒にいるのはいやなの? 私を嫌いになってしまっ
たのね!」なんてことになってしまったりするわけなんですね。

でもそういうことに理解があれば、ちょっとしばらくひとりにしてほっておく
と、また男性は一緒にいたいって思うのに、そういうことの理解がないと、そ
こからいろんなドラマが始まるわけなんですね。

そういうチャクラのリズムについて双方に理解があれば、ただそのときには相
手の男性はひとりになるスペースを必要としているだけなんだなってことがわ
かれば、ただそれだけのことなんですね。そして自分の気分や感情のリズムに
ついての理解が深まれば、さまざまなものごとがシンプルになっていくでしょ
う。

これらのチャクラの呼吸のリズムは第二のチャクラだけではなく、それぞれの
チャクラについて呼吸のリズムがあるんです。

「尚さんってどんな人?」ってことなんですが、これも、オーラ・ソーマをネ
タにえらそうなことを書きすぎてしまっているかなーって反省させられました。
すいません。私はそんなにすばらしい人間でもないし、それほど優秀でもあり
ません。しかしどういうわけか、まわりにはとてもすばらしい、優秀な人たち
がいてくれるんですね。

そこで私にできることといえば、そういう優秀ですばらしい人たちから学んで
もらえるような機会を提供することだと思っています。

ですからそういういろんな人たちのコースを提供しているわけなんです。

私もオーラ・ソーマのティーチャーの資格を持っているので、どうして教えな
いんですか? っていうことも言われたりするんですが、自分があまりそうい
う教えるタイプではないということと、それよりも、ヌラやコマラのように、
そのことについてより経験がありすばらしいティーチャーがいるならそういう
人に学んでもらった方がいいという判断があります。私は一応3つほど会社を
経営していることになっているので、そちらが忙しいということもあります。
でも、自分もそういう人たちから学べるし、楽しいので、趣味と実益を兼ねて
通訳などもしているのですが、そうしていると他の仕事に差し支えるので、最
近はのんびり通訳などしている場合ではない、という声も大きくなってきてい
ますのでつらいところです。

それはともかく、彼らがどんなに優秀ですばらしくても、彼らが逆立ちしても
私にかなわないことが一つあるんですね。それは何か? 彼らには日本語は話
せないし、日本語が書けないんです。だからそういう特性を生かして、私はこ
ういうメルマガで彼らのことを紹介しているわけなんですね。どんなにすばら
しい物事も、それを伝えなければ誰も知らずに終わってしまいますからね。


まいまい さん
----------------------------------------------------------------------
 先日書店にて「水は答えを知っている」を見て何ともいえない感覚を覚えま
 した。息が詰まりそうな、懐かしいような、せつないような。
 この世にこんなに美しいものがあるんだということを思い出し、
 世界中にそんな非常に純粋で素直である水が溢れているということに。
 環境破壊が深刻化している現代ですが、宇宙から見ると
 地球が青く美しく宝石のようにきれいなのは純粋な水に満たされているから?
 なんて思いにふけってしまいました。
 
 そしてたまたまこのメルマガを見た昨日、再度同じ書店を訪れる機会があっ
 てその本を見ましたら、今度は涙があふれそうでした。
 わたしのからだのなかの「水」も素直に反応しているのだな、
 と確信した反面、外なので涙は流すまいと理性を保った瞬間でもありました。
----------------------------------------------------------------------

その涙の結晶を撮ると、「愛・感謝」のきれいな結晶だったかもしれませんね。


HANAZOU さん
----------------------------------------------------------------------
 昨日まで ヌラのレベル2で お世話になりました、HANAZOU です。
 本当に たくさんのLOVEと気づきの日々でした。
 
 昨日 帰り路に思いました。
 
 <私達は 光の王国で 遊んでいる子供>の様だったと!
 
 そして ヌラに出遭えた喜びは 私の人生の中で
 とても とても 重要な大切な 1Pageです。
 
 昨日の朝 由比ヶ浜で落ち着いていた時、ヌラって
 奇跡の人の アン・サリバン先生みたい^^
 なんて 考えながら、<WATER/流れる>と感じていた
 ヘレンの事を考えていました。
 朝のオリジナルホワイトのポマンダーでの瞑想で
 ポマンダーを付け、頭上に手をかざした時
 <流れる>と言う声を聴き 涙が、ハートから流れました。
              LOVE & LIGTH & JOY
----------------------------------------------------------------------

ヌラのこと、そしてヌラのコースをとてもよく言い表してくれていますね。

ヌラにとっても今回の一つ一つのコースが貴重で、発見があり、得るところが
大きかったようです。

ヌラはいつもその内側から喜びが輝くような様子でコースの様子を話してくれ
るのですが、それはまさに「光の王国で遊んで」来たような様子です。

彼女はまさにオーラ・ソーマの光をもたらしてくれるサリバン先生ですね。


いずみ さん
----------------------------------------------------------------------
 コスモスさん、ありがとうございます!
 ボトルの原材料については、気に留めていなかったのですが
 植物原料がバイオダイナミック農法によるものとは
 とっても嬉しいです。スキップしたい気分(笑)
 
 大切なものが全てつながっている
 ことに気づいたとき、とても幸せです。
----------------------------------------------------------------------


AIKO さん
----------------------------------------------------------------------
 こんにちわ♪尚さん。
 
 今月 神戸でラハシャのカウンセリングスキルに初めて参加しました。6日
 間連続でセミナーに参加することも初めてだったので・・・6日目には 心
 に何か響くモノが発見できるかなぁと思って軽く参加しました(笑)
 しかし・・・予想以上にラハシャのセミナーは素晴らしかった!!!
 
 一日目から私の中に ストンと落ちる感覚がありました。
 今まで 避けていたこと 分からなかったこと 気づかないフリをしていた
 こと・・・すべてに光を当てることができたんです!!!
 
 私も いろんなセミナーや経験の中で 気づいてはいたけど なんだか納得
 できない 腑に落ちないことが クリアになりました!!!
 
 結局 私がたどり着いたモノは 「ありのままの自分で在ること」
 
 「ありのままの自分を愛すること」
 
 カウンセリングスキルも もちろんアップしたけど それ以上に得たモノは
 大きいと感じています☆
 
 オーラソーマを知らない方にも 是非 参加してほしセミナーだと思いまし
 た!!!
 
 愛の溢れる6日間を ラハシャ・コマラ他 たくさんの参加者と共に過ごせ
 たことに感謝しています☆☆☆
 
 私は 自分の中から 絶えることなく溢れ出す愛を実感しているので・・・
 たくさんの愛をシェアしていこうと思ってます!
----------------------------------------------------------------------

ラハシャの「ハートからのカウンセリングスキル」

そのエッセンスを体験されたようですね。

たくさんの愛のシェアをありがとうございます。

                        尚 記


「シェアリングご意見・ご感想」を寄せてくださったみなさま、ありがとうご
ざいます。

みなさんの投稿を読むのは、本当に楽しいです。

このコーナーはみなさんで作っていただくコーナーです。
みなさん、どしどしご意見をお寄せくださいね。



トップへ

  • ご意見・ご感想 INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024