TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

ご意見・ご感想


第171週号(2007,10/10)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.購読者のみなさまからの「シェアリング・ご意見・ご感想」コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

簡単な「シェアリング・ご意見・ご感想」の送信フォームを用意してあります
ので、ここ↓からお送りください。
http://www.formzu.com/formgen.cgi?ID=7332598

みなさん自身の体験を投稿していただくことで、多くの人も学びがあることと
思います。

今回も多くの皆さんからの「シェアリング・ご意見・ご感想」などありがとう
ございます。

私もとても楽しみなコーナーです。

このようにみなさんと対話できることがこのメルマガを書く喜びです。
みなさんと一緒に作るメルマガにしたいですね。


        …………○…………○…………○…………


ELL さん
----------------------------------------------------------------------
 初めて応募します。ずっとメルマガを購読させていただいてます。
 毎日バックナンバー配信もいただいてるので毎日毎日読ませていただいてい
 ます。なぜ今回初めて応募しようと思ったのかというと、これが私の変わら
 ない1本目のボトルなのでふと応募しようと思い立ちました。

これからもメルマガ楽しみにしています。
----------------------------------------------------------------------

変わらない1本目のボトルは、何を語りかけているのでしょうね。


くらっち さん
----------------------------------------------------------------------
 もう水曜日ですね。いつもありがとうございます。
 毎週このメルマガが来ると「あー今週も折り返し!」と仕事を頑張っていま
 す。

 今週も本当に内容が豊富でしたね。
 私も実はボトルの変化の意味が知りたかった一人です。
 でもきっと「答えは自分の中にあるんだろうな」となんとなく感じ質問でき
 ずにいました。

 だからこの1文はとても稲妻に打たれたように私の中にドーンときました。
 【元気がなく、何かを訴えているのは、ボトルなのでしょうか、
あなたなのでしょうか?】

 もちろん悪い意味でドーンときた訳ではありません。
 この文を読んだ瞬間に涙があふれてとまりませんでした。
 伝えるって、伝わるってすごいことですね。

 わたくしごとで恐縮ですが、1つの例になるでしょうか。
 先日セラピックボトルであるB7(イエロー/グリーン)とのボトルワーク
 が終了しました。
 ワーク中は、大きな泡が一粒真ん中に現れたり、一番上に現れたり、小さな
 泡がたくさん消えずにいつまでも残っていたり、一番上にグリーンの層がで
 きてグリーン/イエロー/グリーンの3層になったり。
 そしてイエローが濁ったり、ものすごくクリアーなイエローになったりも。
 「なんでだろう?」と思いながらもワークを続けました。

 ワークをしながらも特に自分自身の変化を感じることはありませんでした。
 ただプラクティショナーの方に言われたこと↓が気になっていました。
 【道はもうあるのに、それを妨げて“NO”と言っているのは自分】

 ボトルの中身があと数回で終わりになる頃、「自分の準備が出来ていないか
 ら何もボトルから受けとれないのかな」と思っていた矢先、その瞬間は突然
 やってきました。

 【本物の道へ進みなさい!】と。

 選択肢が複数あってフラフラしている自分に、
 もう既に見つけている道になぜ進まないの?と渇を入れられた気がします。

 きっとボトルが変化するのは、日々色々感じたり、考えさせられたり、どん
 どん変わっていく自分をボトルが感じ取ってくれているからなのかなと私は
 思っています。

 今は3本目に選んだB4(イエロー/ゴールド)とワーク中です。
 このボトルを使い始める前から、私自身が教えるということに小さいながら
 関わり始めています。
 (B4には先生、生徒という意味があるそうで。)

 ・オーラソーマを知りたがっている友人に伝えること。
 ・派遣社員でありながら自分に部下が出来たこと。
 ・ダンスのアシスタントをし始めたこと。

 何かボトルとシンクロした出来事が起きているのでしょうか。
 自分自身をあるがままに受け入れ始められたことで、あるべき流れが起こっ
 てきているような気もします。

 昔から(理由は分かりませんが)教えるというチャンスがありながら、それ
 を避けてきた私にとっては挑戦であり、とても勉強になる日々です。
 こんな気づきをくれたオーラソーマというきっかけに感謝し、そしてそこへ
 進んでいけた自分に驚くばかりです。

 なんだか取りとめのない話を長々としてしまいましたが…
 これからも少しずつマイペースに、自分を見つめ、受け入れられるようオー
 ラソーマとともに日々過ごしていけたらいいな、と思います。

 このメルマガも私にとっては既になくてはならないものになっています。
 ので、これからもよろしくお願いします(^-^)/
----------------------------------------------------------------------

いつもこのように読んでいただいているのは、とても勇気づけられます。

頭ではなく、ハートで読んでいただいているのですね。

そして、そのようにハートで接することで、さまなざまなシンクロした出来事
も起こってきます。

「 何かボトルとシンクロした出来事が起きているのでしょうか。
 自分自身をあるがままに受け入れ始められたことで、あるべき流れが起こっ
 てきているような気もします。」
 
というのは、くらっちさんが、ハートでボトルと接していることから、そして
ハートで見る目を持っていることから起こってくることです。

オーラソーマが、その気づきときっかけになっているのはすばらしいですね。

実は一人の人の質問は、多くの人の質問でもあるのですね。

自分だけではなかったと知るだけでも、励みになりますし、それを口に出して
みることで、また多くの人の体験や意見が聞けたりするのも、このコーナーの
良いところです。

くらっちさん、とてもすてきなシェアリングをありがとうございます。

イエロー/グリーンは、ゲッセマネの園、決断のボトルでもありますし、今週
のボトルのテーマである、オリーブグリーンでもありますね。

まさに自分の道を歩むべく、決断が試されていたのですね。

上にあるイエローの恐怖が、下にあるグリーンの自分の真実を生きるというこ
とを抑えていたのかもしれませんね。

しかし、自分の運命を生きると決断することで、ハートの真実を生きるという
自分の人生が始まってきたのでしょうね。

決断をすることで、本来の自分を生きるというゴールドと、イエローの明晰さ
と知性を生きていくことができるようになっているのでしょう。

そして今は、自分自身を生きるという、イエローとゴールドのパワーと意志の
もとに、明晰な知性を使って教えていくことの運命を生きはじめているのかも
しれないですね。


みってぃ さん
----------------------------------------------------------------------
 勉強不足ですみませんが、どうしてオーラソーマでタロットや易が出てくる
 のか良く分かりません。どういう関係になっているのでしょうか?
 初心者向けコーナーで取り上げてくださると嬉しいです。
----------------------------------------------------------------------

はい、了解しました。

回答は次回の初心者コーナーをご覧ください。


MEGUMI さん
----------------------------------------------------------------------
 今週末からレベル2のコースを受講することになりました。
 またたくさんのボトルに触れられると思うと、とてもわくわくしています。

 これからもメルマガ楽しみにしております。
----------------------------------------------------------------------

レベル2のコースはいかがでしょう?

レベル2は、レベル1とはうって変わって、さまざまな扉が開かれていくので、
ちょっと混乱するかもしれませんね。

しかし、実は混乱させることが、このレベル2の目的でもあるらしいんですね。

新しい学びがあるときには、混乱があるものです。

イエローのチャレンジは混乱。しかしそこを通り抜けることで明晰性というギ
フトもやってきます。

多くの直感の扉を開くチャンスでもあります。

また知識に振り回されずに、自分で考えるということのチャンスでもあります。

4つのレベルのリーディングはとりわけエッセンスですから、よく学んでくだ
さいね。

レベル2、楽しんでくださいね。


atom_kun さん
----------------------------------------------------------------------
 今回からメールマガジンを読み始めました。
 思った以上のボリュームでもっと早くに知っていればと思いました。
 オーラソーマは、今年の6月から実際に使い始めたばかりで、知りたいこと
 ばかりです。これからも、毎週楽しみにしています。
----------------------------------------------------------------------

学ぶということに、遅いということはありません。

というか、今の変化の時代には、常に学び続けるということなしには、時代の
スピードについていけません。

これまでのオーラソーマ通信は

途中からご参加の方のために、過去の既刊号はここから読んでいただくことが
できます。

http://www.aura-soma.co.jp/newsletter/backsubs.html
↑に[『オーラソーマ通信』連続配信依頼]フォームをご用意してあります。


K さん
----------------------------------------------------------------------
 オーラソーマのコンサルテーションを受けてから、いつも気になっています。
 コースを受講しようと考えているところです。
 私がオーラソーマから貰った癒しをパワーをいろんな人にあげれるようにな
 りたいと思っています!
----------------------------------------------------------------------

それはすばらしいですね。

コースを受講することで、また新たな世界も開けていくことでしょう。


asme さん
----------------------------------------------------------------------
 こんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。

 既刊号配信も111号を越えたところなので、もう少ししたら(あと1年分くら
 い?)現代に追いつけそうですね(笑)
 前回の投稿からほどなくして、縁あってレベル1を受けられることになりま
 した。
 
 学ぶごとにボトルから、色からエネルギーをもらって帰ってくることができ、
 元気になっていく気がします。

 選ぶボトルにターコイズが多いのですが、ターコイズはブルーにはじめてイ
 エローの個の意識が入ってきた色ですよね。
 
 ハートからの自由なコミュニケーション、という言葉がありましたが、きっ
 とこれはブルーの大いなる意志から生まれた、「個」になってゆくに向けて、
 自由とそれに伴う幸福を獲得するための手段なのかなぁ、ということを最近
 ぼんやりと考えます。

 逆に、イエローの個から、大いなる意志に還っていくためにも必要な手段な
 のかもしれないですね。
 結局、私のテーマは、ブルーに還るためにハートへの探求を続けなさい、と
 いうことのようです。

 急に寒くなってきましたが、体調を崩されないようにご自愛くださいね。
----------------------------------------------------------------------

レベル1を受講されただけなのに、もうすっかり色の言語を使って考えること
が身についていますね。

すばらしい。

ターコイズ。ハートの感じる側面からのコミュニケーション。

ブルーのコミュニケーションは、チャネリングとまでは言いませんが、大いな
る意思、宇宙のクリエイティビティを表現していく、信念や概念を伝えていく
ようなコミュニケーションだとすれば、ターコイズは、asmeさんが書かれてい
るように、そこにイエローの「個」が入り、そしてグリーンのハートの真実を
伝えていくコミュニケーションでもありますね。

ハートの真実を伝えるにはどうすればよいのでしょう?

感じること、が大切です。

頭では考えるのですが、ハートでは感じるのです。五感で感じます。それは同
時に今ここにいることにつながります。

今ここにいることの一番の方法は感じることなんです。自分の感覚、身体の感
覚、呼吸、聴くこと。

今ここにいるとき、あなたはハートにいるのです。

ハートにいるとき、今ここにいますね。

ハートで感じて、自分自身の、今ここの真実を伝えていくことがターコイズの
コミュニケーションとも言えますね。

ターコイズのハートからのコミュニケーションは、言葉だけではなく、ダンス
や、絵画、あるいは身振りや手振りなどでも表現していくことができますね。


Mooonlight さん
----------------------------------------------------------------------
 ヌラのレベル3を受講した時ボトルの見方が変わった気がします。たぶん5
 日目あたりだったと思いますが、毎朝コースが始まる前にボトルを選ぶ時、
 「どれも綺麗だし、どれでもいいや〜。」という気持ちになりました(笑)。
 そんなことより皆とその場にいることが楽しかった…なんて言ったら怒られ
 ますかね^_^;。

 以来、ボトルを見る時いつも新鮮な気持ちで居られるように思います。それ
 までは先入観や知識に偏って、一番最初にボトルを見た時の新鮮な気持ちを
 忘れてしまっていたのかもですね。自分が選ぶ時もあれこれ考える事もなく
 なり、セッションでクライエントと話す時もこの感覚がとても役立っていま
 す。

 コースを受講した後はなんだか次のステージに立てているような感じが良い
 ですね。6日間続けてボトルを選ぶことも一つの要因かもしれないですね。

 ボトルについてのシェアということで…
 私の場合ワークしたどのボトルも最初にシェイクした時から濁りますよ〜。
 セッションに使っているボトルもいくつか割れたりしていますが、どれもが
 ちゃんとメッセージを届けてくれているようです^_^
----------------------------------------------------------------------

Mooonlight さん

ボトルのシェアをどうもありがとう。

ヌラのコースも、ボトルを選ぶことより、皆とその場にいることが楽しかった、
というのは最高の賛辞ですよ。

実は、ボトルを選ぶことよりも大切なことがあるからです。

ただ、その場にいることが楽しかった、ということが大切なんです。

ヌラは私が始めてオーラソーマを学んだ先生なんですね。

ヌラほどオーラソーマを愛し、大切にしている人ってなかなかいないように思
います。

もちろんオーラソーマのティーチャーほどの人は、オーラソーマを愛している
人なのですが、ヌラは、何か、彼女の存在そのものがオーラソーマを愛してい
るというか、オーラソーマそのもののような気がするのです。

まさにヴィッキーさんのオーラソーマをそのままに伝えているような感じを受
けます。

世界でもっとも初期からのティーチャーであり、世界中で教え、彼女の教えて
きた多くの生徒たちが現在のオーラソーマを教え、支えてきています。

私もその一人といえば、その一人ですしね。

彼女に学んだおかげで、日本にオーラソーマを持って来れたわけですし。

オーラソーマを学ぶ上で、何が一番大切かというと、やはり、そのオーラソー
マを愛する気持ちなのではないでしょうか。

なんだかんだあったとしても、なぜ私がオーラソーマを今も伝えているのかと
いうと、やはり、ヌラから学んだそのオーラソーマを愛する気持ちと、彼女が
伝えてくれたヴィッキーさんの存在なんですね。

ヌラから学ぶことは、もちろんオーラソーマの知識や内容、経験もさることな
がら、そのオーラソーマのエッセンスなんですね。

そういうオーラソーマのエッセンスを伝えることができればと思うのですが、
やはり一番いいのは、ヌラのような人に学んでもらうことです。

彼女のような人が日本に来てオーラソーマを伝えてくれる機会というのは、ほ
んとうに貴重な機会でもあります。

そういう貴重なティーチャーも、そしてそのような人から学ぶ機会も少なくな
ってきています。

後で、受けておけばよかったと思っても、幸運の女神は前髪しかありません。

そのヌラは11月に来日します。

オーラソーマ講座レベル1
日程 2007年11月7日(水)〜12日(月)全6日間
時間 10:00〜17:30(初日のみ11:00〜18:00)
講師 ヌラ・ミュラー
https://aura-soma.jp/schedule/booking.cgi?code=061108-13NU_Lv1f


彼女が教えるレインボーウーマンは、彼女の女性として生きてきたシェアリン
グとともに、女性であることの体験を深め、オーラソーマをさらに深く体験し
ていく機会になるでしょう。

Rainbow women―レインボーウーマン
日程 2007年11月2日(金)〜4日(日) 全3日間
時間 10:00〜17:30(初日のみ11:00〜18:00)
講師 ヌラ・ミュラー
https://oshoartunity.com/cgi-bin/booking.cgi?code=071102-04Nu_RW_f


                                尚 記

        …………○…………○…………○…………



トップへ

  • ご意見・ご感想 INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024