TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

ご意見・ご感想


第104週号(2006,6/28)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.購読者のみなさまからの「シェアリング・ご意見・ご感想」コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

簡単な「シェアリング・ご意見・ご感想」の送信フォームを用意してあります
ので、ここ↓からお送りください。
http://www.formzu.com/formgen.cgi?ID=7332598

みなさん自身の体験を投稿していただくことで、多くの人も学びがあることと
思います。

今回も多くの皆さんからの「シェアリング・ご意見・ご感想」などありがとう
ございます。

私もとても楽しみなコーナーです。

このようにみなさんと対話できることがこのメルマガを書く喜びです。
みなさんと一緒に作るメルマガにしたいですね。


        …………○…………○…………○…………


りっき さん
----------------------------------------------------------------------
 Vol.102で紹介されたリニューアルされたOAUのサイトを毎日のように訪れて
 います。
 本当にボトルの色が美しくつい時間がたつもの忘れて愉しんでいます。
----------------------------------------------------------------------

このボトルの写真、美しいですよね。

このサイトを作ってくれているマハさんが、ボトルとともに寝食をともにして、
撮影してくれた結果なんですね。

何度も何度も試行錯誤し、ついにこのようなボトルが撮影されたわけなんです。


空翠清流 さん
----------------------------------------------------------------------
今回も大変勉強になりました。最初のエッセイ「ハートは鏡」のコーナーで
は読んでいて、「うんうん、確かに。わかりますわかります。」という感
じでした。わかりやすく書かれていてよかったです。

次号も楽しみにしています。
----------------------------------------------------------------------

こういうふうなコメントをいただくと嬉しいですね。

いったいみなさんどのように読んでくださっているんだろうか?って思います
から。

顔を見て話すわけでもないので、反応がないと、何やら暗闇に向かって書いて
いるような気分になってしまいます。


M.H さん
----------------------------------------------------------------------
 今回のメルマガで、ポジティブな自分だけではなく、落ち込みやすい自
分も受け入れること、そのことで、ハートを開くことができる、というの
は新たな発見!でした。
----------------------------------------------------------------------

ハートって、探求すればするほど奥が深いですね。

私もリーラのワークショップでそういうことを知ったときは新たな発見でした。

そのハートについて知りたいかた、体験してみたい方は、そのハートのエキス
パート、リーラ(ワドゥダ)のワークショップが7月にあります。

ハートから生きる−ハートの臨在−
日程 2006年7月21日(金)〜23日(日)全3日間 
講師 リーラ(ワドゥダ)
https://aura-soma.jp/schedule/booking.cgi?code=060721-23Le_POHf

リーラのインタビュー「オーラソーマのカウンセラーになるために」はここ。
http://aura-soma.jp/interview/leela.html



Y.T さん
----------------------------------------------------------------------
毎週楽しみにしています。
とてもお勉強になるメルマガに出会えて嬉しく思っています。
これからもよろしくお願いします。
----------------------------------------------------------------------

どういうお勉強をしたいかをリクエストしていただければ、それについて書き
ますよ。


ムーミン さん
----------------------------------------------------------------------
今週の巻頭エッセイ“ハートは鏡”のお話の中で、私がとても共感し、役
に立つ具体的な方法が示されていて、私がボランティアでしているカウン
セリングに“直ぐに使える!”と感謝でした。

”自分をあるがままに受け入れられない? 愛せない?
そのこともただ受け入れていけばいいんですね。受け入れることが難しい
と感じるなら、ただそのスペースの中でそれを感じてみてもいいかもしれ
ません。それまでそういうハートに気づいていなかったら、そのようにハ
ートを使っていくことは最初は難しいかもしれませんね。その場合は、そ
れまで使っていなかった筋肉を使うようなもので、それを使っていく練習
をしてもいいかもしれないですね。それがハート瞑想です。
難しく考える必要はなく、自分にやりやすいように、あるがままの自分を
受け入れ、あるがままにくつろいでいくことをすればいいのです。”

特に、この最後の部分の“あるがままにくつろいでいく”という“くつろ
ぎ”が大切で素敵ですよね!日本人はすばらしく勤勉で真面目な民族だか
ら、かたや欧米人が、困難な状況もユーモアのセンスをもって、まるで他
人事のように客観的に見て笑える余裕って、イギリスのテレビなどを見て
いると、すごいな〜と感心してしまいます。これって、マインドとの非同
一化かな?

先週の102週号の編集後記で“小鳥の声って、どのチャクラの波動だと
思いますか?小鳥の声を聴いているだけで、ハートの瞑想になったりもし
ています。”に共感しました。
私は最近、夜明けの可愛い小鳥のさえずり声で目が覚め(歳のせい?)
“なんてかわいくて、いとおしくて、すてきな存在なんだろう!おともだ
ちの小鳥達と何のお話をしているのかな?”って思いながらハートの中で
小鳥達を身近に感じ一緒におしゃべりに参加しながらまどろんでいる至福
の一時は、まるで天国にいるようです!
(そんな時間、尚さんは一仕事終えて、疲労と開放感とともに泥のように
眠りにつかれるんですね。すみません〜。)

“小鳥の声はハートに響き、そして蝉の声はマインドを静かにさせてくれ
ますよ。”とのお話。納得ですが、蝉の声に関しては、緑が豊かな自然の
中での蝉の声は確かにそうですが、都会のコンクリートジャングルの中で
聞くと(特に蝉時雨などは)、暑苦しくてイライラと不快な気分になって
しまうのは残念で、環境が影響するのかなと感じました。
----------------------------------------------------------------------

ムーミンさん、丁寧な感想をどうもありがとう。

こういう感想を読むと、そうですよねー、って対話している感じになるので、
書いていても楽しくなります。

そうなんですね、「ハートの鏡」。これらはリーラのワークショップをはじめ、
いろんなハートのワークを体験していく中で、体験したり、気づいたりしてい
くんですよね。
それで自分なりのコツをつかんでいくわけなんです。

だからそういう言葉の中からムーミンさんのように自分なりに気づいていただ
けることがあると嬉しいです。

「日本人はすばらしく勤勉で真面目な民族だから、かたや欧米人が、困難な状
況もユーモアのセンスをもって、まるで他人事のように客観的に見て笑える余
裕」っていうのはそうですね。それは「マインドとの非同一化」ということで
もありますね。「マインド」が「私」だって思っていますからね。「私は誰」
っていう問いは、この同一化をはずすための問いです。

「小鳥達を身近に感じ一緒におしゃべりに参加しながらまどろんでいる至福
の一時は、まるで天国にいるようです!」

っていうのはそうですよね。同感。

(そんな時間、尚さんは一仕事終えて、疲労と開放感とともに泥のように
眠りにつかれるんですね。すみません〜。)

ちがいまーす。だって会社に行かないといけないので、書き終わってからが
一仕事なんですよ。つまりこのメルマガは朝飯前の趣味なんですね。仕事中
に書いてる暇はないのでね。

ちなみに、このメルマガは、昨日の夜10時過ぎに帰宅し、書かなきゃなー、
って思いつつ、ついテレビをつけるとワールドサッカーのダイジェスト版。
チャンネルを変えるとウインブルドンの男子テニス。それを見ているうちに
ソファーでそのまま眠りに・・・というわけで、朝の五時ごろ、夜が明けて
いるに気づいて、あ、やば!ってことで起きだして、書き始めるわけなんで
すね。そして書き終わったら出勤。これがひとつのパターンです。

そうですよね、蝉時雨、都会では聞かれなくなりました。そうなると芭蕉の句
「静かさや・・・」という句も体験としてわからないですよね。小学生の夏休
みに比叡山の林の中で聞いた、まさに蝉の声のシャワーのなかにいるような体
験。小学生の時には芭蕉の句はわからないけれども、その体験があるからその
句がわかるということもありますね。

そういう体験がなくなり、自然の音を忘れてしまっている。

そういう方には、この「サウンドレゾナンス ツールCD」は楽しめますよ。
ここから視聴することもできます。
http://artbeing.com/soundresonance/



ブルーミン さん
----------------------------------------------------------------------
今、74番のボトルを使っています。使い始めた頃からすでに上層部に1
〜2ミリぐらいペールグリーンが乗っかって三層になっています。そして
ペールイエローは白くにごっていて、使った後はしばらく泡がガラスにへ
ばりついて朝になると消えてます。

新しい人間関係や恋愛のときに使うといいと本にありましたが、まさに
4月から転職して派遣で事務の仕事をしてます。新しい環境と仕事を覚え
ることでそれなりに大変なのですが、ヴィッキーの本のp.130やp.2
06をたまたま開いて改めて読んでみたら、自分の状態は自分が思ってい
るよりあまり良くないんだなと思いました。
そこで色々ボトルの意味はあるかと思いますが、瞑想したり、ストレッチ
をしたり、お風呂にゆっくり入ったり、読書したり、自分のスペースを作
ってリラックスするようになったことと、
前はあれこれ考えて自滅することが多かったのですが、自分の感じること
や思うことを信じて決断する(行動する)ことが、前に比べてできるよう
になっている気がします。
----------------------------------------------------------------------

なるほど。

74番のボトルは自分の感じることや思うことを信じて決断する(行動する)
ことを助けてくれるボトルでもありますね。

グリーンはハートのスペースをサポートしてくれるので、自分の感じることに
スペースをもたらし、決断を助け、方向性の感覚をもたらしてくれます。

イエローは自分自身であることの強さやパワー、そして自分の意思を持つこと
をサポートしてくれますね。

Y.T さん
----------------------------------------------------------------------
オーラソーマは本当に奥が深いですね。
先日セラピーを受けて自分にやさしくなれました。
今度はボトルを使ってみたいです。
----------------------------------------------------------------------

実際に使ってみることで、エネルギー的なサポートを得られるでしょう。


ローズ さん
----------------------------------------------------------------------
<<オーラソーマ通信の発信サイトがリニューアルしました!!>>
とのお知らせに、和尚アートユニティ(http://aura-soma.jp/)をさ
っそく見せていただいたら、ほんとに美しくわかりやすく、内容も充
実でビューティフルに変身ですね!!

特に講座の案内は、講座内容が理解しやすくって、今まで、オーラソ
ーマはとても素敵で魅力的だけど学ぶことが複雑で多すぎて、とても
私の手にはおえないと、レベル1から先に進むのをほとんどあきらめ
ていたのですが、“右脳が働くスペースへと飛躍していくことができ
るのです。”という説明に安心感と魅力を感じ、背中を後押しされま
した。レベル2と出会える時が楽しみになってきました。

また、“オーラソーマ インタビュー”のページで、各講師のお話が
何回読んでも心にしみてその大きな智慧には敬服です。プリントして
何回も線を引きながら読んでいます。

リーラによるワークショップ「オーラとチャクラを探求する/7月28日
〜30日」に申し込んでいるので、ラハーシャのお話の中にも出てくる
エナジー・リーディングを学べるチャンスなのかな?と楽しみにして
います。

ホームページといえば、たまたま、オーラソーマ本社Dev Aura発信の
ASIACT Homepage(http://www.asiact.org/)をのぞいてみたら、マイク
やクローディア、その他のティーチャーによる興味深いお話で、この
サイトも要チェック!と感じました。
6月に関するPoem,Astrology,数秘学、マヤ歴、そしてもちろん、オー
ラソーマのボトル、ポマンダー等々の心ときめくお話に、オーラソー
マの、ダイヤモンドのような多面カットの魅力を発見!でした。

でも、一つ疑問なのは、“Color of the Month"のコラムで6月の色と
してとりあげられているのがオレンジで、“Monthly Archives"欄では
7月はゴールド、8月はイエロー、9月はオリーブ、10月はグリーン、11
月はターコイズ、12月はブルー、1月はロイヤルブルーをとりあげてい
るのですが、この、月と色の組み合わせには何か訳があるのですか?

ふと、color roseをみたら、1月のロイヤルブルーから左回りに回る
と、丁度1年で一回りするんですね。でも、どうしてロイヤルブルー
から始まっているんでしょうね?オーラソーマ初心者には疑問です。

(こんなに賞賛のコメントばかりだと、オーラソーマの回し者ではと
誤解されてしまいそうですね…。でも実際は、ただただ、オーラソー
マの、“irresistible”という言葉の通り、抵抗しがたい魅力の虜に
なってしまった最近のわたしです。ご縁ですね。)
----------------------------------------------------------------------

新しいリニューアルのサイト、楽しんでいただいてありがとうございます。

このような感想をいただくと、まだまだ途中になっている部分が多いサイトな
ので、早くきちんとしあげなきゃって思います。でないとせっかくここまで作
りこんでくれているマハさんに怒られちゃいます。

リーラやプラサードが本格的にトレーニングするということはなかなかない機
会だったので、これが日本で開催されるようになったというのはすばらしい機
会なんですね。私もとても楽しみなんです。

月と色の組み合わせ。これイギリスに聞いてみます。回答があればここでお知
らせしますね。


                            尚 記


「シェアリングご意見・ご感想」を寄せてくださったみなさま、ありがとうご
ざいます。

みなさんの投稿を読むのは、本当に楽しいです。

このコーナーはみなさんで作っていただくコーナーです。
みなさん、どしどしご意見をお寄せくださいね。


トップへ

  • ご意見・ご感想 INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024