TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

今週のボトル


B002 Peace(ピース:平和)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.今週のボトル:B2 ピースボトル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、毎回オーラソーマで「カラー・メッセンジャー」と呼ばれ
る「イクイリブリアム・ボトル」の中から1本を取り上げ、そのボトルについ
て考えてみたいと思います。

知識として憶えていただく必要などまったくありません。

ボトルの基本的なメッセージと、それを読み解くヒントとして
ボトルにまつわるコメントを参考にしていただければ幸いです。

それぞれのボトルがあたかもひとりの人を表しているかのように、
何となくそのボトルを雰囲気として感じ取っていただければと思います。

一番いいのは、実際にそのボトルを手にとって、それを見て、
感じていただくことです。


----------------------------------------------------------------------
B2(ピースボトル):ブルー/ブルー
ボトルの詳細情報については↓をご覧ください。
http://www.aura-soma.co.jp/aura/b002.htm
----------------------------------------------------------------------

今回とりあげるボトルはブルー/ブルー 2番のボトルですね。

ヴィッキーさんがスブド世界大会でボトルを紹介していたとき
の体験を思い出します。

別の巨大なスタンドにいたある男性が(大きな保険会社の外交員
だとあとでわかったのですが)何度も何度も彼女のスタンドに
やってきて、しばらくするとまた戻っていくのです。

彼女のスタンドに人が少なくなった頃をみはからって、
その男性は彼女のところにやってきて、
そのブルーのボトルを買い求めるのです。

その男性は説明も聞こうともしないで立ち去ろうとするので、
ヴィッキーさんが声をかけたんですね。
どうしてそのボトルに惹かれるんですかって。

彼が言うには、彼が自分のスタンドでごたごたにかかわずらって、
ストレスで爆発しそうになっていたときに、彼女のスタンドを通りかかり
するとあるボトルに目が惹かれ、それがブルーのボトルだったんですね。

そしてそのボトルの前に立っている間、平和な感じがすうっとやってきて
そうすると落ちついた気分でスタンドにもどると問題も解決できて、お客も取
れた。
そしてまたプレッシャーがやってくるたびに、そのボトルのところにやってく
ると、同じボトル、同じ魅力、同じ効果だったんですね。

それで彼はそれを自分のスタンドに置いて眺めることにした。
そしてまた自分の会社のオフィスに持って帰ってデスクの上に置いておく
ことにしたんだってことなんですね。

そういうわけで、このボトルはビジネスマンのボトルとも言われてますね。
最近はビジネスウーマンが必要としているようですね。
日常生活やいろんなごたごたでストレスになったときにはブルー。

いずれにしろ、ブルーは平和(平安)、コミュニケーション、創造性、
とかいわれていますね。
どうしてでしょう?
そのヒントは「色の言語」で説明しますね。

タロットは女教皇。
古代エジプトの直感の女神、イシスだとも言われています。
ウェイト版のタロットでは白黒の二本の柱が背後にあります。
これは光と闇の象徴でもあり、あの世(心霊世界)とこの世(有象世界)
とも考えられますね。
その間に座っている彼女はその二つの世界を橋渡ししているようです。

クローリーのタロットでは上半身は繊細な曲線で描かれ、両手を
何をか受け取る器のように上げ、冠も上からの何かを受信しているようです。
下半身はこの大地とのつながりを表すように力強い直線が大地に伸びています。
陽の男性的な強さとグランディングのエネルギーに支えられた、
優しさと繊細さ、受容性の隠のエネルギーを表しているようです。

数字は2。
1の男性的な質に対し、2は女性的な質、受容性を表しますが、
同時に、2は、陰陽の原理、二元性をも表していますね。

クリスタルはそれぞれの石の色によって若干エネルギーが異なってきます。
それらの石の中で、青い色の石が対応します。
ブルーのアクアマリン、サファイア、トルコ石、ラピスラズリとか・・・
http://aora.jp
に石のことが載っています。


トップへ

  • 今週のボトル INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024