TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

今週のボトル


B080 アルテミス―ASとタロットの旅:800号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.今週のボトル(小アルカナの旅):
               B80 Artemis(アルテミス)(2017,11/29 水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、毎回「カラー・メッセンジャー」と呼ばれる
「イクイリブリアムボトル」の1本を取り上げ、そのボトルに
ついて考えてみています。

今週のボトルとして、今週のあなたのテーマとして感じていただく
のもいいでしょうし、あなたがそのボトルに出会ったときに、
そのボトルの基本的メッセージを読み解くヒントにしていただければ
幸いです。

でも実際は、ボトルを手にとって、見て、感じていただくのが
いちばんです。

「ボトルたちは内に書物を秘めています。それを読んでください。
そして、それがついにはあなたの前に掲げられた鏡となることを
知ってください。そして、奇跡を起こすのはあなたなのです」

『オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング』
                ヴィッキー・ウォール より

------------------------------------
B80 Artemis(アルテミス)
http://artbeing.com/aura-soma/equi/B080.html

レッド/ピンク シェイクすると:レッド
------------------------------------

メインテーマ:愛のパワーに目覚める

アファメーション:この瞬間に私は自由になります。

生命の木に対応するタロットカードは
          「女教皇(The High Priestess)」です。
http://artbeing.com/aura-soma/reading/tarot-B080.html

------------------------------------

今回のボトルは、「B80 Artemis(アルテミス)」です。
http://artbeing.com/aura-soma/equi/B080.html

アルテミスについてはこちらに書いています。
http://aura-soma.co.jp/newsletter/backnumber/dtl_247.html

ギリシャ神話にある、アルテミスとオリオン星座で有名な
オリオンとの悲恋物語についても書かれています。

ボトルの名前にまつわる物語としてお楽しみ下さい。

オーラソーマの面白いところは、このようなヨーロッパの教養
についても知識が深まるところです。

ギリシャの神というのは嫉妬深かったりして、様々な人間模様
の勉強にもなります。


このボトルの生命の木に対応するタロットカードは
「女教皇(The High Priestess)」です。
http://artbeing.com/aura-soma/reading/tarot-B080.html

例によって「カードを拡大」のボタンをクリックすると
この画像が画面に大きく表示されます。


タロットでは、第二レベルの女教皇に対応します。

http://artbeing.com/aura-soma/birthday/tarot-80.html

第一レベルの女教皇はブルー/ブルーのボトルでした。

http://artbeing.com/aura-soma/birthday/tarot-02.html


カバラの生命の木との関係では、いくつかの説があるよう
ですが、ケテルとティファレトのセフィラを結合する経に
関連付けられています。

裸の女性が貼り付けにされているように見えるのは、生命
の木の一番上のケテルのセフィラと太陽神経叢に位置する
ティファレットのセフィラを統合していることを表してい
ます。

彼女の冠はケテルのアインソフを象徴しています。


なんてお話ししても、カバラや生命の木やケテルとかティ
ファレットという言葉を使っても初心者の方には意味不明
ですよね。

以前のオーラソーマのレベル3では、このような勉強もし
ていました。

しかし、11月のオーラソーマのアップデートでは、この
ような難しい勉強はやめにして、より本質的なことにフォ
ーカスすることになりました。

なので、これからオーラソーマを学ぶ人にとっては、この
ような難しいことを学ぶ必要がなくなりました。

しかし反面、カバラや生命の木は、ヨーロッパにおける精
神的な探求の伝統でもあるので、このようなことを学ぶこ
とで、人生の意味やスピリチュアルな探求の意味について
より深く学ぶきっかけにもなっていました。

これらの勉強はレベル3での必須科目ではなくなり、自由
課題になったので、学びたい人は学んでいいよ、というこ
とですね。


というわけで、ここでは時たまタロットについても続けて
いるのです。

興味のある方はお付き合いください。

というわけで、このタロットの解説に戻ります。

生命の樹は10の球(スフィア)と2その10個のスフィアを
繋いでいる22本の道が小径(パス)になります。

生命の木についてはこちらをみてもらうと、このタロットの
絵を解読する助けになります。↓
http://aura-soma.co.jp/intro/advance/tree_of_life.html

ヘブライの神秘学「カバラ」では、アイン(無)からアイン・
ソフ(無限)が生じ、アイン・ソフ(無限)からアイン・ソ
フ・オール(無限光)が生じた、とされます。

「生命の木」では、現象界を生みだすこの無限光は、頂点の
スフィア 「1.ケテル」から流れ出す、と考えられています。

ケテルに端を発した無限光(「アイン・ソフ・アウル」から
一つのスフィア(球)が産まれ、その最初のスフィアから2番
目のセフィラが流出、2番目のスフィアから3番目のスフィア
が流出...というふうにして、最後の10のスフィア(マルクト)
でグラウンディングして物質世界に到達します。

磔になっているように見える裸の女性の背後の柱と球は、そ
のカバラの生命の木での彼女の役割と位置を示しています。

このように、このボトルは、宇宙の原理を表す生命の木では
エネルギーを上から下へとおろしていくような役割があります。

と同時に、このボトルは、タントラのボトルとも言われてい
て、自分の中の男性性と女性性が深くひとつになることを表
しているのだそうです。

女性が両手を上げて左右の柱の球に触れているのは、そのバ
ランスを表しているようにも見えます。


「女教皇」はエジプトの直感の女神であるイシス、ギリシャで
は同義のアルテミスとして描かれることが多いようです。

また、カードでは「魔術師」が男性的なエネルギーとの間の
バランスをとる女性原理を表しています。

「女教皇」は潜在意識の守り手でもあり、目に見える表面的な
世界を超え、その背後にある隠された領域にあるものがなんで
あるかを探求することを表しています。

それが第一レベルの女教皇はブルー/ブルーのボトルでした。
http://artbeing.com/aura-soma/birthday/tarot-02.html

リターンジャーニーの第二レベルの女教皇では、それを世界に
開示して、分かち合っていきます。

アウトワードジャーニーではブルーの衣を着ていたのに、突如
として裸になってしまっているのは、あるがままの自分に統合
して行っている姿なのかもしれません。

彼女の体の、喉にはダート、太陽神経叢の位置には太陽、生殖
器の位置には月が描かれ、足元は木の根と繋がって大地に根ざ
しています。

大地の上にかかる虹は、無限からの目に見えない光が大地に届
き、虹色の世界光となって神の愛が地表に実現していることを
祝福しているのでしょう。


このボトルについては、以前メルマガでも紹介しています。
http://aura-soma.co.jp/newsletter/backnumber/dtl_247.html
http://aura-soma.co.jp/newsletter/backnumber/dtl_722.html



それでは、今日もすてきな一日を!
Have a nice day.

                           尚 記


このボトルについてのキーワードは
「オーラソーマ辞書」をご覧ください。
http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-11988008857.html


       ………○…………○…………○………


M さん
------------------------------------
 私は自身の健康問題からオーラソーマの講座を受けた者ですが、
 その後、地元の勉強会に参加させてもらうことができて、3回
 ほど勉強会に出席しています。
 その3回目のときに、4本リーディングの1本目を選んだのが
 このボトルでした。

 当時は健康問題と自分の生活の問題で頭を悩ませていて、生計を
 立てられないまでも、どうにか社会に関わっていける方法はない
 かな、という状況でのボトル選びで、同席の方々からはボトルの
 状況から「働くことにあまりこだわらないほうがいいのでは」と
 いうコメントをいただきました。

 私自身としては、1本目にアルテミスを選んだことが自分でも
 よくわからず、ただ、2本目が、前にも気になっていたボトル
 だったので、そちらを意識して、この2本目を使おうと考えて
 いました。

 ところが「80番使ってみた方がいいよ」というコメントを何人
 からもいただいたものですから、ものは試しと、それほど深く
 考えずに2本購入して、家に持ち帰ってきた次第です。

 家に帰ってから、ボトルを置いてみると、不思議なことに80番
 の方が使いたくなったので、それを使うことにしました。
 9月に使いはじめ、2週間で使い終わりましたが、その間にレッド
 に関する小さな気づきがたくさんありました。

 ひとつは、使いはじめて次の日でしたが「みんな仲良くしたい
 のに」という思いがふっと湧いてきて、でも、なんか仲良くでき
 ないことがある。
 そして、自分は相手が私を嫌がっていると感じてしまうことが
 多いのだけど、どうしてそんなことを思うのだろうと思いました。

 その後、家族が、私がたまたま読んでいた新聞をちょっと置いて
 用事をしにいったとき、その新聞を読みはじめる、ということが
 ありました。
 私は戻ってきてから「まだ読み終わってないから続きを見せて」
 と頼んだところ、通常ならすぐ返してくれるのに、そのときは
 どういうわけか、こちらの言うことを聞いてくれず、なんだか
 踏みにじられた気分になったので、私は思わず怒りだした、と
 いうことがありました。

 また、私が少し調子の悪いときに、食事作りができなくて、同居
 の母に頼んで作ってもらったときのことです。
 母が機嫌悪いのではないかと気になりだして、落ち込むことが
 あり、弁解したこともありました。

 これらの出来事から、私は自分の存在を主張することを、良いこと
 だとは思えないと感じているのではないかと、気がつきはじめ
 ました。
 そして、そのことに対し、不満とかストレスがあっても、自分は
 それを押さえつけてきたようにも思えます。
 アルテミスを使うことで、そのような感覚のまま人と接していたら
 どんなことが起こっているのか、特に怒りや不満に対して光を
 当てることができたようです。

 小さなことでも、慣れないとやはり疲れるらしく、アルテミスとの
 2週間が終わり、なんだかへとへとになりましたが、存在を主張
 しないけど、意地を張っている自分にも気がつき、もう少しリラ
 ックスしてもいいなあと感じました。
------------------------------------

M さん

ボトルを使った感想と、様々な気づきをありがとうございます。

ボトルを使うことが、どのように気づきをもたらすのかということ
がよくわかりますね。


先ほど、ボトルの解説のところで「11月のオーラソーマのアップ
デートでは、このような難しい勉強はやめにして、より本質的なこ
とにフォーカスすることになりました。」と書きましたが、

「より本質的なこと」というのは、ボトルを使うことにより、気づ
きを得ることを大切にする、ということです。

M さんが今回アルテミスを使われて、様々な気づきを得たことに
は、ボトルと関連した理由があります。

それをちょっと解説してみましょう。


「家に帰ってから、ボトルを置いてみると、不思議なことに80番
 の方が使いたくなったので、それを使うことにしました。」

というのはいいですね。

いろんな人がいろんなことを言うでしょうが、最終的には自分の感
覚を信頼して、その感覚に従ってボトルを使うということがボトル
を使う第一歩です。

オーラソーマにはいろんな情報がありますが、それはあくまで参考
資料です。

オーラソーマでは「内なるガイド」に従うことが第一原理です。


「ひとつは、使いはじめて次の日でしたが『みんな仲良くしたい
 のに』という思いがふっと湧いてきて、でも、なんか仲良くでき
 ないことがある。
 そして、自分は相手が私を嫌がっていると感じてしまうことが
 多いのだけど、どうしてそんなことを思うのだろうと思いました」


「思いがふっと湧いてきて」ということに気づいたのは素晴らしい
ですね。

内なるガイドの声を聞くことができたのですね。

オーラソーマを使っていると、そのような内なる声が聞こえやすくなります。

とはいえ、人それぞれいろんなタイプがあるので、大きく分けて、
それを「聞く」タイプの人と、「感じる」タイプの人と、イメージ
や色として「見る」タイプの人がいます。

単に「わかる」という感覚として受け取る人もいます。


でも、そのように内なる声に気づくようになるというのが、オーラ
ソーマの第一歩で、すべてです。

「すべて」というのは、内なる旅はどこまでも続くものでもあるの
で、それが「すべて」とは行っても奥が深いです。

そのすべてを手にすることもできないので、どこまでも続く内なる
旅なんですけどね。


「私は戻ってきてから『まだ読み終わってないから続きを見せて』
 と頼んだところ、通常ならすぐ返してくれるのに、そのときは
 どういうわけか、こちらの言うことを聞いてくれず、なんだか
 踏みにじられた気分になったので、私は思わず怒りだした、と
 いうことがありました。」


「嫌がっていると感じてしまう」とか、「思わず怒りだした」
というのは、「レッド」のテーマなんです。

アルテミスのボトルは上がレッドで下がピンクですね。

レッドのエネルギーには様々な側面がありますが、それはコースな
どで学ぶことですが、「排斥するエネルギー」(嫌だというエネル
ギー)とか情熱とか怒りのエネルギーでもあります。


ピンクは無条件の愛とか受容性のエネルギーです。

なので、このボトルはレッドのテーマに対して無条件の愛をもたら
す、無条件に受容することで癒していくというボトルでもあります。


ここでM さんがとても素晴らしいのは、このボトルのもたらすテ
ーマと気づきに対して、自分自身で気づきを得られているというこ
とです。

「これらの出来事から、私は自分の存在を主張することを、良いこと
 だとは思えないと感じているのではないかと、気がつきはじめ
 ました。
 そして、そのことに対し、不満とかストレスがあっても、自分は
 それを押さえつけてきたようにも思えます。」

まさにそのプロセスをされていたようですね。

アルテミスのボトルをつけることで、自分の内側にあったレッドの
テーマに光が当たったのですね。

そして、それをピンクのエネルギーがそれをサポートしていました。

その内なるレッドのネガティブな側面に気づかないままだと、無意識
の中でそのエネルギーに支配されてしまいます。

しかし、そのエネルギーが表面に出てきて、そのエネルギーに気づき
をもたらすことができるようになると、それは消えていきます。


 「アルテミスを使うことで、そのような感覚のまま人と接していたら
 どんなことが起こっているのか、特に怒りや不満に対して光を
 当てることができたようです。」

まさに、その通りで、オーラソーマを使っていくことで、誰に習うでも
なく、Mさんの内なる智慧と気づきがそのことを教えてくれたのですね。

それが本当のオーラソーマの学びです。

素晴らしい気づきのシェアをありがとうございました。


                           尚 記


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 今週のボトル INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024