TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

今週のボトル


B092 GretelとB093 Hansel―ドミニク先生解説(1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.今週のボトル:
     B92 Gretel(グレーテル)とB93 Hansel(ヘンゼル)
                     ――ドミニク先生のボトル解説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、毎回オーラソーマで「カラー・メッセンジャー」と呼ばれ
る「イクイリブリアム・ボトル」の中から1本を取り上げ、そのボトルについ
て考えてみたいと思います。

知識として憶えていただく必要はありません。

ボトルの基本的なメッセージと、それを読み解くヒントとして、
ボトルにまつわるコメントを参考にしていただければ幸いです。

それぞれのボトルがあたかもひとりの人を表しているかのように、
何となくそのボトルを雰囲気として感じ取っていただければと思います。

一番いいのは、実際にそのボトルを手にとって、それを見て、そして身体で
感じていただくことです。

「あなたの前にある宝石たちの内側をさすらってください
 ボトルたちには独自の言葉があります。それを学んでください。
 ボトルたちは内に書物を秘めています。それを読んでください。
 そして、それがついにはあなたの前に掲げられた鏡となることを
 知ってください。そして、奇跡を起こすのはあなたなのです」

 「オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング」ヴィッキー・ウォール  より

----------------------------------------------------------------------
B92 Gretel(グレーテル)ペールコーラル/オリーブグリーン
ボトルの詳細情報については↓をご覧ください。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B092.html
----------------------------------------------------------------------
ボトルのメッセージ:女性の自立、競争ではなく協力

メインテーマ:自分の直感を信頼する。競争ではなく協力

アファメーション:覚醒する前には、私は木を切り、水を運びます。
               覚醒した後も、私は木を切り、水を運びます
.......................................................................

そして・・・

----------------------------------------------------------------------
B93 Hansel(ヘンゼル)ペールコーラル/ターコイズ
ボトルの詳細情報については↓をご覧ください。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B093.html
----------------------------------------------------------------------
ボトルのメッセージ:愛・知恵の集合的コミュニケーション

メインテーマ:愛の知恵、深い歓びの集団的コミュニケーション

アファメーション:私は、自分を宇宙の真理に向かって開きます
.......................................................................

今回はヘンゼルとグレーテル。

グリム童話の物語にちなんだ名前が付いています。

これも、ドミニクに解説をお願いしたら、なんと自分で創作した物語を書いて
くれました。

そのこころは?

この物語の解説は来週です。

今回は、グリム童話ではなく、ドミニク童話をお楽しみください。

                                尚 記


        …………○…………○…………○…………


おとぎ話

昔々、さほど遠くないある島にひとりの男の子とひとりの女の子がおりました。
二人はいつもいっしょに遊び、走ったり、探検したり、キャンプしたりしてい
ました。二人は友だちでした。

成長して身体が変化しはじめると、二人は別々に行動するようになりました。
彼女は家の近くにいることを喜び、畑を手伝い、料理の手伝いや小さい子たち
の世話をしました。彼女は毎日の暮らしに溶け込み、若者が自分を手伝ってく
れ、自分も彼を支えたいと期待しました。けれども若者は遠くのほう、風に波
だつ海や、空を駆ける雲、彼方の山々にはしる稲妻を見ておりました。

自分のなかに旅立ちたい、冒険に出たい、自分を試してみたい、何者かになり
たいという強い衝動を感じていました。彼のなかには自分でも理解できないあ
る憧れがありました。

とうとうある日、彼はもうそれ以上とどまっていることができず、彼女が離れ
ようとしないため、二人は別れました。それから続く日々は、彼女の胸は張り
裂けそうでした。どうしてここにとどまれないの、どうして自分の申し出を踏
みにじるの? 彼女は海辺に座り込み、寄せては返す海を眺めて悲嘆にくれま
した。ゆっくりと何日かが過ぎ、何週間かが過ぎ、何ヶ月かが過ぎました。

彼女のなかの混乱はじょじょに静まり、彼女はまた自分のまわりの暮らしを意
識しはじめました。遊び回る子どもたちの声、種蒔きにそなえて耕した土の軟
らかさ、日の光のぬくもり、足もとに蒔かれている新しい命の芽吹きと生長の
匂い。少しずつ彼女は若者のことを考えることが少なくなり、大地の生命とひ
とつであることを感じるとき、彼女の中には充実感が育っていきました。

出発の日、若者は海辺の先端で左に折れ、その端にある岩からそっと水のうね
りに乗りだしました。心は混乱していましたが、内には激しい火が燃え上がっ
ていました。星と雲のもとで海は彼を岩の岸辺へと運んでいきました。彼は岩
をよじ登り、よじ登って、ついに自分が見知らぬ土地にきたことを知りました。

危険とチャンスに満ちた国、蒸気と火を吐く龍の国、兵士と戦争と狩りの国で
した。彼はすばやく成長し、すばやく考え、心の内では弱さを感じるときにも、
強く見せかけなければなりませんでした。ときには後にした故郷の方を振り返
ることもありましたが、現在の必要で手いっぱいで、興奮もしていました。彼
は男の世界の中で自分の道を探し求めている若者でした。

何週間かが過ぎ、何ヶ月かが過ぎ、やがて何年も過ぎていきました。彼は、あ
る集団また別の集団と渡り歩いて冒険を続けながら、いろいろな活動に加わり
また離れました。彼はますます自分の道を進むようになり、その思いは何年も
前に自分が後にしてきた世界へと戻りました。何が自分をこれほど駆りたてた
のか……?

とうとうある朝、東の空が明け染める前の寒さのなかで、彼は自分がある山の
湖に見入っているのに気がつきました。空っぽの心の中に、大きな青空の全体
が入ってきました――すべてを映し出し、うす青く、静かで、透明な空が。彼
のなかで何かが静まり、彼は自分の答えを見つけました。このすべてが証して
いるのは、男性の誕生であり、彼の魂の開示、彼の火の研磨、彼の性格の調律
でした。

太陽が空高く昇るまで彼は平安の内にとどまり、彼が立ち上がったとき、それ
は山を下りて、彼がはじめて海から登ってきたほうへと戻る道でした。ゆっく
りと、しかし確かな目的をもって彼はその土地を後にし、故郷の方へと向かい
ました。

ついにある日、静かな海の優しい流れに乗って、彼はもと来た湾の少年時代に
見たあの岸辺にたどり着きました。彼の旅が最後に近づくと、彼の中には期待
と興奮が高まっていきました。

村では多くの季節が過ぎ去り、少女はひとりの女性になっていました。彼女の
両足はしっかりと強く大地を踏みしめていました。彼女は季節の巡りと、自分
のなかの生命のリズムを感じていました。日々新しいことに出会うたびに、彼
女の顔には自然な微笑みが浮かびました。青春の別れの痛みは、今や遠い記憶
でした。歳月は彼女に人生のさまざまな側面を経験させていました。喜びも悲
しみも、得たものも失ったものも、人生の浮沈を経験していました。

彼女はそれらすべてを人生の一部として受け容れることを学びました。それら
の体験が彼女を磨き上げて、今や彼女は豊かなひとりの女性になっていました。
彼女は自分の脚で立ちながら、村の暮らしのなかで価値ある役割を果たしてい
ました。彼女は与えることにも受け取ることにも自由でした。

ある穏やかな春の朝、彼女はそよ風の清々しさを感じました。彼女は海辺近く
の岩のところまで下りていき、静かな海を見晴らしました。朝靄の中で彼女は
遠くに一艘のボートを認めました。船首に白い波しぶきを立てながら風がその
船を岸辺に向けて運んでいました。じょじょに彼女には、その船首に直立し、
力強く前方、彼女の方を見ている一人の男性の姿が見えてきました。彼女のハ
ートの中で何かが動き、愛する人との出会いが近づいていることを感じました。

二人の目は出会い、何年もの歳月を越えて二人は完全に相手を認めました。二
人は腕を広げて近づき、二人のハートにはどちらもこれまで独りでは感じたこ
とがなかった愛が溢れました。二人は深くハートに入り、ひとつになりました。

それからの日々、何日も何週間も二人はともに成長しました。彼女の大地との
つながりによって、彼はそれまでになかった落ち着きを取り戻すことができま
した。

彼は地上に自分の場所を発見したのです。彼の霊へのつながり、彼の物語と啓
示によって、彼女は村という境を超えて広がり、世界を旅し、想像の世界に飛
び立つことができました。
今や二人の人生がひとつになったのは、彼らが互いに相手を豊かにし、いっし
ょなら二人は個人の合計以上のものだったからです。

つづく(次回に解説となります)

                        ドミニク・ヨーマン 記


トップへ

  • 今週のボトル INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024