TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

今週のボトル


B081 Unconditional Love(無条件の愛)その1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.今週のボトル:B81 アンコンディショナル・ラブ(無条件の愛)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、毎回オーラソーマで「カラー・メッセンジャー」と呼ばれ
る「イクイリブリアム・ボトル」の中から1本を取り上げ、そのボトルについ
て考えてみたいと思います。

知識として憶えていただく必要はありません。

ボトルの基本的なメッセージと、それを読み解くヒントとして、
ボトルにまつわるコメントを参考にしていただければ幸いです。

それぞれのボトルがあたかもひとりの人を表しているかのように、
何となくそのボトルを雰囲気として感じ取っていただければと思います。

一番いいのは、実際にそのボトルを手にとって、それを見て、そして身体で
感じていただくことです。

「あなたの前にある宝石たちの内側をさすらってください
 ボトルたちには独自の言葉があります。それを学んでください。
 ボトルたちは内に書物を秘めています。それを読んでください。
 そして、それがついにはあなたの前に掲げられた鏡となることを
 知ってください。そして、奇跡を起こすのはあなたなのです」

 「オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング」ヴィッキー・ウォール  より

----------------------------------------------------------------------
B81 アンコンディショナル・ラブ(無条件の愛) ピンク/ピンク
ボトルの詳細情報については↓をご覧ください。
http://aura-soma.co.jp/aura/b081.htm

----------------------------------------------------------------------

ボトルのメッセージ:無条件の愛、慈悲と理解、愛の必要性

メインテーマ:思いやりと理解。愛と自己受容の必要性。

アファメーション:私はありのままの私を愛する。
.....................................................................

今週のボトル、B81の名前は「アンコンディショナル・ラブ(無条件の愛)」

まさに、ピンクそのものですね。

オーラソーマには105本のボトルがありますが、そこでピンクの色が使われ
ているボトルは何本あると思いますか?

オーラソーマのボトルには、多くのピンクが使われています。

興味のある人は、数えてみてください。
http://artbeing.com/shop/_--equ-m2.RLIKE.as-equ-50.html

そして、マゼンタの色やコーラルにもピンクは含まれていますし、それぞれ愛
がテーマとなっています。

ピンクの色にも、ピンク、ペールピンク、ローズピンクと3種類があります。

そしてピンクは、レッドにクリヤーの光が入ったボトルですが、ペールレッド
とは言わずに、「ピンク」という名前になっています。

なぜでしょう?

それだけ、オーラソーマではピンクは特別な色なのです。

つまり、オーラソーマでは、ピンクの色の持つ、「無条件の愛」ということが、
とても大きな意味があるのです。

オーラソーマは、すべてがその愛のために捧げられているといっても過言では
ありません。

例えば、あなたがボトルを買って自分の身体につけるとします。

それは、何のためなのでしょう?

それは、自分自身に意識をもたらします、ということなのです。

自分の身体、感情、精神に意識をもたらし、そして自分の魂をケアーします、
ということなのです。

イクイリブリアムのボトルには、そのように書かれてあります。

「イクイリブリアムは意識の鍵です。オーラを活性化し、魂をケアーするよう
にデザインされています」と。

ですから、このイクイリブリアムを身体に塗るときには、そのように自分自身
をケアーするという行為、「私はありのままの私を愛します」ということなの
です。

もし、今の自分は嫌いなので、このボトルを使ってなんとかしなければ・・・
と思って使うとしたら、もうそのときには無条件の愛ではなくなっています。

そこには、条件が入ってしまっています。

無条件、というからには、ただあるがままをそのままに認め、受容するという
ことなのですね。

ですから、アファメーションは「私はありのままの私を愛する」ということな
のです。

メインテーマは「思いやりと理解。愛と自己受容の必要性」。

愛と言っても、愛にはさまざまな形があります。

私が、中学高校の頃の愛読書だったひとつに、「暮らしの手帖」という雑誌が
あります。

知らない人が多いかもしれませんが、母親が取っていた雑誌なのですが、花森
安治氏が編集していて、日常の暮らしに役立つような記事、例えば、どの掃除
機が一番ほこりを吸い取ったか、というようなことをテストした記事があった
りするような、主婦が読む雑誌です。

なぜ、それが愛読書だったかというと、そこに「愛のかたち」という連載があ
ったのです。

古今東西の恋愛小説などを題材に、いろいろな愛のかたちについて書かれてい
ました。私は思春期でしたので、その記事に興味があったわけです。

それはともかく、愛にはさまざまな愛のかたちがあるわけですが、今から思う
と、そこに書いてあった愛のかたちは、レッドの愛のかたちだったのです。

レッドの愛。セックスと情熱、ホルモンによる愛なわけです。

これがないと人類は生存しえないので、この本能的な愛は大切です。

私たちが愛と言っている90%以上はこのレッドの愛だと言ってもいいでしょ
う。

そしてピンクの愛。無条件の愛。

ピンクは、レッドにクリヤーの光が入った色ですね。

レッドは肉体を表します。第一チャクラ、セックスでもあるので、肉欲、情熱
の愛なのですが、ここにクリヤーの意識が加わるとどのようになるのでしょう?

肉体という条件を超えていく愛になっていきます。

肉体を否定するのではなく、超えていくのです。

情熱のエネルギーは気づきの光とともに、目覚めのエネルギーになっていきま
す。

普通、ある人を好きになると、恋に落ちる、と言いますね。

恋は盲目、とも言います。

それはなぜかというと、恋に落ちた瞬間、無意識的本能、ホルモン的な愛に支
配されてしまうからです。理性が無くなってしまいます。

そこにクリヤーの気づきの意識の光が加わることで、目覚めの愛になっていき
ます。

55番(クリヤー/レッド)のキリストの愛は、ひとつの象徴ですね。
http://aura-soma.co.jp/aura/b055.htm

55番のボトルは、レッドにクリヤーの意識があり、振って混ぜるとピンクに
なります。

キリストは自己犠牲の愛、というふうに象徴されますが、それは肉体を超えた
愛の象徴ということでもありますね。

しかし、これが肉体の「否定」というふうに誤解され、肉体を痛みつけ、セッ
クスを否定する、というようなことになているのは残念です。

その反動がフリーセックスですが、両方ともレッドの次元であることに変わり
はありません。

キリストの意識は、このレッドの愛を超えた愛としての無条件の愛を示したわ
けです。

「私」という意識、エゴというのは肉体に同一化している意識(この肉体が自
分だと思っている)でもあるので、肉体を超えるということは「私」という意
識、エゴを越えるということでもあります。

キリストは、十字架の磔のなかで神に祈りますね。

「彼らを許してあげてください、彼らは何をしているか知らないのです」と。

つまり、彼らは無意識なんだから、ということを言っているわけです。

つまり、私たちは肉体を超えた意識、エゴを超えた意識に対して無意識なわけ
です。

そこで、肉体や愛を超えた愛の中で大切になってくるのは「あなた」です。

「私」よりも「あなた」が大切になってくるのです。

それはあなたに対する「思いやり」と「理解」です。そしてあるがままに相手
を受け入れるということ。

ここでまた誤解されるのが、そうしたときに、自己を犠牲にして相手につくす、
というふうになりがちです。自分を犠牲に、つまり否定してしまうことが愛だ
と誤解してしまうのです。

しかし、ここでのあなた、というのは、自分や相手の区別がない、ということ
でもあります。相手は自分だ、ということなのです。

ですから、これは、相手も自分と同じように愛する、ということなんですね。

自分だとか相手だとかいう条件はないわけです。

そうしたときに、もし自分を愛することを知らなければ、相手を愛することが
できるでしょうか?

ですから、ピンクの愛では相手に対する「思いやりと理解」が必要です。

そして、自分自身に対しては「愛と自己受容の必要性」「私はありのま
まの私を愛する」とうことが、まずなければならないわけですね。

ここで、ピンクの愛を理解するときに、マゼンタの愛とコーラルの愛との比較
で考えてみると、とても面白いことがわかります。


長くなってしまったので、続きは次回に、ということにしましょう。

次回は、マゼンタの愛、コーラルの愛との比較で、ピンクの愛を考えて見まし
ょう。


タロットで見ると、「女帝」の第二レベルです。
http://artbeing.com/aura-soma/birthday/tarot-81.html


クリスタルは、それぞれの石の色によって若干エネルギーが異なってきます。
それらの石の中で、クリスタルはピンクとクリアーの色の石が対応します。

http://aora.jp/ に石のことが詳しく載っています

「AORA GEM」:「エオラカード」の創始者サハジのコレクション。
http://artbeing.com/mysticgem/

                                尚 記


もう少しオーラソーマについて知りたい方は、
次にお進みください。


トップへ

  • 今週のボトル INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024