TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

パビットラさんの「フラワーエッセンス」


SB篇第89回:第7身体 その21

【日常とセッションに役立つチャクラ・サトルボディ・エネルギー解剖学】

こんにちは、パビットラです。
マウントフジフラワーエッセンスからみたサトルボディ、エネルギーワークを
テーマに、今回も、第7身体とその周辺の探求を続けていきたいと思います。

前回は、「第3の眼」の「観る事」が、世界や自分を変える努力なく、人生の
体験(者)を変容するといったお話をしました。

「観る事」は、時には「気づき」とも表現され、セラピーや癒しの領域で、多
様な意味合いで使われています。
この連載で伝えている「観る事」とは、知的活動、積極的活動、また、受容的
活動でもなく、“個人”の行為や状態とも言えないものです。

「観る事」であれ「気づき」であれ、高位身体の次元を “意味付け”して言
語化するなら、その作業故に、象徴や比喩の元にある水源からの振動が、変形
されたり、カットされて伝わってしまうものです。

鎮まったマインドはそこにありながらも、意味付けの敷居に入るか入らないか
のところの、個に属さない狭間を通して受け取られるもの。
個が様々な体験に同時にいながらも、それらに属さない空っぽさ、沈黙を、そ
れ自体として体験している時。
振動は、そんなノーマインドの「ほころび」から入ってくる事もあります。

「第3の眼」の在り方ともつながるこの状態を、「マウントフジフラワーエッ
センス基礎講座」では、回を追って、サトルボディの段階を上昇しながら探求
していきます。
それは、「観る事」を、出来る限り正確に言語化しようとするマインドの場で
はなく、「ほころび」からの振動に微妙にでも共振する事からスタートする、
感得の場なのですね。

それは、活動や時間軸の変化の中で捉える、習う事の出来る態度や技法とも
違ったものです。習うという表層の変遷や道のりの背後で、瞑想を通して、ト
ランスミッションを通して反響している体験のようなものです。

興味深いのは、第3の眼の「観る事」による何も変える事のない変質が、地上
でパーソナルに生きる次元で、結果的に役立つものになってしまうという事。
生きる事の彼方の次元が、生きるドラマのチャンネルをシフトするのですね。

通常、私達は、感情を乗り越えていく為に、第3身体を活性化させます。正し
い―間違っているというところから、コントロールします。その分別を、人間
的成長と呼んだりもします。
高位身体へと上昇していくと、正しい―間違っているというところとは別の、
新しい在り方が生まれます。

このシフトへの安全で簡単な最初のドアが、多くの人の場合、天と地が出会う
座であるハートなのですね。

ハートは、第3身体が行うネガティブからポジティブへの動きのようなもので
はなく、ネガティブもポジティブも、メタポジティブな在り方で包み込みま
す。全面的な承認で、ただ、ありのままを受け入れます。

だから、ハートは、そこと本当につながったなら、誰にとっても、無条件に居
心地のよい状態を与えてくれる座です。
ハートのスペースに酔っぱらっている時、私達は、何の問題もないと感じ、喜
びを持って、何であれ全てを受け入れられます。

世界全体にYESを言いたくなる至福感や、全ての人が愛おしく抱きしめたく
なる母性的愛の感覚。
おそらく誰もが、人生の中で、これと似た体験を、何度となくしているかと思
います。例えば、何かが上手くいった時や、愛する人が出来た時に。
第2チャクラのエネルギーがハートへと上昇する時、私達は、こういった状態
を体験します。

また、第2チャクラとハートがつながると、インナーチャイルドは、大きく癒
されます。
心理次元に作用にするバッチフラワーエッセンスを扱う「バッチ博士のフラ
ワーエッセンス基礎講座」の後半では、「バッチ博士のフラワーエッセンスプ
ロ養成講座」に進級する人への準備としても、この部分を癒しておくワークを
行います。

―下位身体から、ハートへの上昇。
下位身体に近いところで起こる、これらのハートの無条件の承認や赦しの状態
は、ある種の内的活動だと言えるでしょうか。
それは、現実を生きていく上での支えともなってくれるのです。

下位身体では、意識を向けたところ、願うゴールへと私達は進もうとし、その
次元が力付けられます。安定した家庭でも、美しい容姿でも、ビジネスの成功
でも、特殊な能力の開発でも、大いなる覚醒でも。

前回“安心な幸せ”と表現したものを求める思いは、私達を地に留め、生きる
為の原動力となってくれます。
ポジティブであれネガティブであれ、何らかの思いを持つ事で、私達の活動は
生じるのですね。肉体的にも精神的にも。
そんな思いは、集合的にみても、この世界を動かす巨大な発電装置のようで
す。(今の時期、これを電力として使えればいいのですが。もしかしたら、こ
の世界以外のエネルギーに、既に活用されているかもしれません。)

また、大震災後等、不安定になった時期には、下位身体とハートとの間で起こ
るエネルギーの交感で、ある種の楽観性が動きやすくもなります。それは、下
位身体の引力の影響下で、永遠の幸せを夢見るような感じでしょうか。
これもまた、一時的であれ、生きていく私達を護ってくれるものです。

今の時代、集合的にみて、第3身体からハートへと上昇しようとしています。
だから、愛、幸せといったところから上位身体へと更に上昇するのは、もう少
し先かもしれません。今はまだ、一部の瞑想者、探求者が探っている領域だと
言えるでしょう。

―ハートから、上位身体への上昇。
ハートの自由で自在な活動を包み込むようにしながら、活動は、止んでいきま
す。
だから、ハートには、希薄で軽い、制限のなさというか、違った感じがやって
来ます。
承認や赦しを留めようとする引力も、なくなっていきます。

ハートから上位身体へと上昇する時、ハートは、肉体を超えた次元への最初の
架け橋となります。
それは、肉体を持って生きながら、そこから「降りる事」です。

私達の誰もが、肉体を持った個として地に生きながら、「肉体なく」天に在る
事が、同時に起こる潜在性を秘めています。
これこそが、肉体を持つ誰もに、既に在る大いなる可能性です。
でも、それを下位身体が見上げるなら、生き生きとしていない、あたかも死ん
だかの状態だと想像するかもしれません。
実際、それは、生死を超える事、再誕生が関係しています。

ありのままを受け止め、天への憧れを開く事。
それさえ超えて行く時には、天はどこか遠くにあるものではなく、私達は、天
と地の両方に住むのでしょうか。
どんな風にして?

天と地の融合がその人の存在の内で起こり、より大きなものが開かれても、な
おもハートは大切な鍵であり続けるのです。
(つづく)

        …………○…………○…………○…………

次回は、8月22日にお会いしましょう。

メルマガの読者様で、ハートサポートシステム(有)主催の各種「フラワー
エッセンス基礎講座」、「フラワーエッセンスプロ養成講座」について、名
称、あるいはプログラム内容、システム、文章表現等が類似したものと間違わ
れたり、編入出来ると誤認されるケースが起こっているようです。
ハートサポートシステム(有)の修了証は、主催のオリジナル講座でのみ発行
され、全「フラワーエッセンスプロ養成講座」の修了生は、「日本フラワー
エッセンス協会」の認定資格を取得する権利を持つ事が出来ます。
それ以外のところで、修了証、認定証を発行している事実はなく、他団体の類
似講座に編入する事で、ハートサポートシステム(有)の各種講座で学んだ理
論と技法を使ったセッションを行う資格を得る事は出来ません。
また、他団体の講座を受ける事で、ハートサポートシステム(有)との卸取引
の権利が得られるといった事実はありません。
もし、これらの件に関してお困りの事、分からない事がございましたら、ご遠
慮なく弊社にご相談下さい。

この連載に関連した内容を、「リヴィングエナジー」最新号にも執筆していま
すので、よろしければ、そちらも併せてお読み下さい。

「サトルボディ」については、「サトルボディヒーリング」をご参照くださ
い。
http://oshoartunity.com/mail/orderform.cgi

また、「マウントフジフラワーエッセンス」については、「マウントフジフラ
ワーエッセンスとエネルギーの世界―花の“Being”―」をご参照下さい。
http://www.floweressence.co.jp/Essence/MFbook.html

       …………○…………○…………○…………

*最新ワーク情報・個人セッション・無料小冊子のご請求*
「マウントフジフラワーエッセンス基礎講座」は8月18日から開催。「バッ
チ博士のフラワーエッセンス基礎講座」は8月23日から開催し、うち単発参
加可の入門レベルは8月23日、体験レベルは8月30日にオープン。「レイ
キ」?&?は9月24日&25日、?は10月22日、ティーチャーは11月
19日に開催。被災者支援無料イベントは7月30日に開催。これらの最新
ワーク情報と各種個人セッション、無料小冊子のご請求は下記より。
http://www.floweressence.co.jp/

        …………○…………○…………○…………

*筆者パビットラのプロフィール*
フラワーエッセンス(以下FE)開発者、指導家。富士山周辺に咲く花から日
本で最初にマウントフジFEを開発。日本で初めてFEをワークに導入し、日
本人初の関連書籍「バッチ博士のフラワーエッセンスガイドブック」を執筆
し、その後、「マウントフジフラワーエッセンスとエネルギーの世界―花
の“Being”―」を執筆。日本におけるFEの先駆的役割を果たし、ハートサ
ポートシステム(有)、日本フラワーエッセンス協会にて、フラワーエッセンス
を用いた各種セラピー、セラピストの育成、執筆、開発等に努める。心理療法
家、カウンセラー、エネルギーワーカー、ボディワーカーでもある。「セラ
ピー現場ですぐ機能する」をモットーにした講座の参加者は、セッションが
きっかけとなった方から、セラピストや医療関係者迄幅広い。卒業生はプロと
して活躍中。

トップへ

  • パビットラさんの「フラワーエッセンス」 INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024