TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第385号 マリアさん(25)「リヴィンゴエナジー7号に寄」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:
       マリアさんの「リヴィングエナジー7号に寄せて」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の巻頭エッセイはマリアさんの「リヴィングエナジー7号に寄
せて」ということですので、リヴィングエナジー7号」について、
その紹介を少しします。

この7号ではいくつかのインタビュー記事が掲載されており、それ
ぞれの専門分野で活躍している人たちから普段聞けないような興味
深い話が掲載されています。
http://aura-soma.jp/news/dtl_13.html
http://artbeing.com/cd_book/aurasoma1/LE07.html

そのなかにオーラソーマ社会長兼ASIACT会長のマイク・ブース氏の
インタビュー記事が二つあり、ひとつはオーラソーマのオーガニッ
ク化粧品AEOSについてであり、もうひとつはマリアさんが紹介され
ているクリスタルとオーラソーマについてのインタビューです。

クリスタルについては,オーラソーマの創始者ヴィッキーさんの自
伝にも、人類にとってクリスタルは重要になってくるだろうという
ことが語られています。

オーラソーマのボトル、イクイリブリアムには「ハーブとエッセン
シャルオイル、クリスタルと色の波動のパワーが含まれています」
と書かれていますが、クリスタルのエネルギーはどのように含まれ
ているんだろう、という疑問が生じます。

ときどき、クリスタルのエネルギーというのはクリスタルを粉末に
して入れているんですか、という質問を受けることがありますが、
そうではありません。

今回のリヴィングエナジー7号で、その疑問についてかなり突っ込
んでマイク氏にインタビューしたところ、普段オーラソーマのコー
スでも教えられていない話、私も知らなかったような、企業秘密じ
ゃないのと思われるような話も飛び出し、非常に興味深い話になっ
ています。

クリスタルのエネルギーを入れるにあたっても、ヴィッキーさんの
ころに施されていたカバラ的な秘技による方法だけにとどまらず、
マイク氏のさまざまなリサーチや研究成果によって、現在にいたる
までにさらにさまざまな工夫と変遷があることがわかります。

その中で特筆すべきは、マリアさんが着目されているように、オー
ラソーマシステムに2002年から取り入れられ、AEOSにも導入されて
いる、スパゲリックティンクチャーです。

そこには錬金術のマスターであるルティ博士との出会いがあったの
です。

マイクは別の機会になされたインタビューで、オーラソーマシステ
ムにスパゲリックティンクチャーが使われることについて次のよう
に述べています。

「オーラソーマシステムにスパギリックエッセンスが使われる目的
 と理由は、錬金術との繋がりと言えます。クリスタルのエネルギ
 ーにかかわる機会が、非常に不思議な形でもたらされ、ルティ教
 授と私とのつながりから、スパギリックエッセンスを生産するス
 イスのオーロラファーマ社とオーラソーマ社の関係が成り立ちま
 した。
 ルティ教授は、私が選んだクリスタルとそれらの持つヒーリング
 の特質について、そしてそれらのクリスタルや鉱物をティンクチ
 ャーに変容することに、とても興味を持ちました。このプロセス
 は非常に複雑であり、それは通常の薬剤学と錬金術の間にある大
 きな違いと言えます。
 この手法で生産されたものは、真にクリスタルのエッセンスであ
 り、宝石やクリスタルの背後に横たわる錬金術の源とも呼べます」

そのルティ博士の写真と研究所についての記事がリヴィングエナジ
ー7号にも掲載されていて、マリアさんが「スイスの研究所でティン
クチャーが造られているというのは聞いていましたが、その研究所
内が撮影されており、何よりもスパギリック・ティンクチャーを造
った錬金術のマスターである博士のお写真を拝見できたのは凄い事
です!」と紹介されています。

オーラソーマはまさに現在にもたらされた錬金術ともいえるものに
なっているのですね。

では、マリアさんの「リヴィングエナジー7号に寄せて」をお楽し
みください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


「リヴィングエナジー7号に寄せて」

今月1日に発売されたオーラソーママガジン日本版の『リヴィング
エナジー7号』、皆さんは、もう読まれましたか?
「クリスタルとチャクラ」、「仕事とオーラソーマ」についての
2大特集号で、今の時流のオーラソーマを知ることができる読み応
えのある内容です。

とりわけオーラソーマクリスタルの神秘と科学に惹かれる私は、ス
パギリック・ティンクチャーの記事に驚かされました。

スイスの研究所でティンクチャーが造られているというのは聞いて
いましたが、その研究所内が撮影されており、何よりもスパギリッ
ク・ティンクチャーを造った錬金術のマスターである博士のお写真
を拝見できたのは凄い事です!

今や世界中に数名しかいないといわれる錬金術師。
最後の現役の錬金術師を師に持つというこの博士によって、オーラ
ソーマの製品にクリスタルのエネルギーが込められているというの
は感激です。

記事の内容も、研究所を訪れ博士にお会いした人でなければ書くこ
とのできない臨場感と説得力があります。
オーラソーマとカバラに通じる錬金術の深い繋がりが明かされ、改
めてオーラソーマが途方もなく壮大な宇宙の秩序に従ったシステム
であると再認識させられてしまうのです。

クリスタルのスパギリック・ティンクチャーは、その計り知ること
のできないオーラソーマ哲学の一辺にしか過ぎません。
しかし目に見えないエネルギーを意識化するという側面で、クリス
タルは完璧にオーラソーマ カラーケアシステムの一部を担ってい
ます。



☆ ☆

クリスタルはオーラソーマシステムを担う重要な要素です。
オーラソーマのクリスタルについて、トレーニングコースのレベル
2、インターミディエイトコースで易しく学ぶことができます。

クリスタルの役割がいかに壮大なテーマを担うものであっても、ア
プローチは至ってシンプルで美しいものです。そこがオーラソーマ
の魅力でしょう。

レベル2でクリスタルのエネルギーを紹介する時、私は和尚アート
ユニティさんのクリスタルコレクションを使っています。
カラーローズ15色の代表石を集めたコレクションは、まさに美し
い宝石箱!
しかもチャクラとサトルアナトミーの流れに対応しているので実用
的です。

これを見るだけでも、色=クリスタル=ティンクチャーの関係が解
ります。

例えばコレクションの中のファイアオパールは、白化が進み危機状
態にある珊瑚に代わり、コーラル色のエネルギーを持つ石としてセ
ットされています。
B105コーラル/コーラル 大天使アズラエルが、コーラルオレン
ジ色の虹色のイリデッセンスを持つファイアオパールのエネルギー
を持っていることは、見た目にも解ります。

実際に物質状態のクリスタルを見たり触ったりすることで、ティン
クチュアとして液状化されたオーラソーマ製品の中のクリスタルの
エネルギーが意識されやすく、色のエネルギーの理解がぐっと深ま
ります。

マイクのインタビューの中でも、クリスタルの波動の違いを理解す
る適切なツールとして、このクリスタルコレクションが推奨されて
いました。



☆ ☆

ヴィッキーによってオーラソーマがもたらされた1983年、水や
オイルにクリスタルのエネルギーを込める秘法は、カバラの祈りと
してヴィッキーに与えられ、その秘法は錬金術のマスターによって、
スパギリック・ティンクチャーとして現在まで絶えず進化を続けて
きました。

『リヴィングエナジー7号』では、クリスタルによるオーラソーマ
の発展の経緯がマイクによって詳細に語られています。
さらにこれからの時代、ますますクリスタルテクノロジーの歴史的、
意識的な側面が多くの人々に身近に感じられるだろとマイクは話し
ています。

オーラソーマファミリー、クリスタルファンは必読です!
ぜひお読みくださいね!

青山 マリア いく子
オーラソーマ カラーケア コンサルタント&ティーチャー
クリスタルヒーリング ファシリテーター
http://resonance-light.co.jp
http://keitai.resonance-light.co.jp


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024