TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第579f号 しまいさん(1)水瓶座時代のメッセージ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:しまいゆみこさんの
            「水瓶座時代からの新しいメッセージ」 (2015,8/7)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のオーラソーマ通信は、初めての方にご登場いただきました。

それも海外からです!

ご存知の方はたくさんいらっしゃると思いますが、マウイに在住、
横浜で「ナディア」というショップをされている、しまいゆみこさ
んです。

ゆみこさんは、5月に行われたオーラソーマ(R)エッセンシャルズ
コース(旧シンプリファイドコース)に参加していただきました。

そのときのコースの様子を、ご自身のブログで書いていただいたこ
とがきっかけで、今日のエッセイをお願いした次第です。

ナディアさんのHPは、虹のようにカラフルな色使いと、あたたか
みのある手描きのイラストがたくさん使われていて、こんなにすて
きなショップのオーナーさんって、どのような方なのかしら?・・
・と、お目にかかる前から楽しみにしていました。

コースの開催は5月でしたが、リゾート地を思わせるようなお洋服
や、自然で軽やかなゆみこさんの存在に、コースのムードもマウイ
のさわやかな風が吹いていました。

今回、ターコイズのクリエイティビティについて執筆していただき
ましたが、この『オーラソーマ通信』が、そのような表現の場であ
ればいいなと思います。

また、読者の方々もご感想を投稿できますので、みなさんでターコ
イズの創造の場を広げていけたらとも思っています。

そして今回、ゆみこさんのマウイでの様子は、オーラソーマ総合情
報サイトのブログで見ることができますので、どうぞご覧ください
ね。

見ているだけで、マウイにいるような気分になりますよ。

ちなみにオーラソーマ(R)エッセンシャルズコース、次回の開催は
9月になります。
https://aura-soma.jp/schedule/booking.cgi?code=150904-06KK_Syn

それでは、しまいゆみこさんの「水瓶座時代からの新しいメッセー
ジ」を、どうぞお楽しみください。

                         えつこ 記


       ………○…………○…………○………


みなさま、はじめまして。

マウイ島より、しまいゆみこです。

本日は、すてきなご招待をいただきまして、こちらのメールマガジ
ンに初寄稿させていただきます。

ふだんフェイスブックや自分のブログでは、かなりマメに発信して
いるのですが、その他の場所で発信させていただく機会はあまり無
いので、ドキドキしております。

そう、そうなんです。

「自己表現」って、ときに、緊張しますよね?
・・・(しませんか?)

台本があったり、マニュアルがあれば、まだ簡単かもしれない。

でも、「自由に自分を表現してください、あなたらしく」と、そん
な場があるとしたら・・・

自分は、なにを伝えたいのだろう。

自分らしく創造的に表現していいと言われたら、
自分は、どんなふうにそれを表現するだろう。


そう・・・

オーラソーマの色でいえば、それは「ターコイズ」と関連していま
す。

ターコイズの色が語っているテーマに、「ハートからの創造的なコ
ミュニケーション」があります。

「なにを言うべきか」
「相手は、なにを期待しているのか」

それを中心にとらえてコミュニケーションするのではなく、
ハートから自然に湧きあがるものをベースに、
自分らしくそれを表現し、
ハートから相手と、世界と、つながっていくことができたら・・・

きっと、人生はもっともっと楽しくなるでしょう。


そして同じ、このターコイズには「自分は誰なのか」というテーマ
があります。

もちろん、私たちは、自分の名前も住所も、役割(◯◯ちゃんのお
母さんとか、◯◯家の長男とか、◯◯会社の◯◯部の◯◯とか・・・)
そういうことなら、一応ちゃんとわかっています。

でも、ここで言う「WHO AM I」は、そういうことではない
のです。

いわば魂の役割、使命、本質のようなもの・・・。

私は、なにをしに、ここにいるのだろう。

私は、どういった質を持った存在であり、それをどのように、この
世界で表現して生きていくのだろう。

そんな疑問に近いでしょうか・・・。

私もオーラソーマのコンサルテーションや、コースをさせていただ
いて17年・・・。

本当にたくさんの方が、この疑問を持って、セッションやコースに
いらっしゃいます。

私らしく生きていきたい。

自分が心から幸せと感じる生き方、自分の個性や才能を活かして見
つける自分の居場所・・・。

それを知りたい。
それを創造して、生きていきたい・・・。

そんなとき、自分自身との本当の対話が、はじまるのかもしれませ
ん。

水瓶座時代の黎明期である今、水瓶座のカラーでもある、この「タ
ーコイズの問い」は、いまや一部の人だけのものではなく、とても
多くの方が抱く、内なる問いなのではないでしょうか。

ターコイズという色は、第4チャクラのハート(感じるスペース)
のグリーンと、第5チャクラの喉(表現のスペース)のブルーを、
半々で溶け合わせた色で成り立っています。

感じることと。
表現すること。

それが溶け合っている・・・その姿を表しているのです

私もとても大好きな色です。
なんといっても、マウイ島の美しい海の色です。

イルカや鯨たち、珊瑚たちと、そこに集う小さな海の生物たちの環
境でもある美しい海。

「私たちのなかにある、ターコイズ(共存と調和の世界)を見つけ
る・・・」

それが、これからのパラダイムにおける、地球人たちのメインテー
マになるのかもしれません。

「ハートからのコミュニケーション」

それを可能にする第一歩は「自分自身のハートとのコミュニケーシ
ョン」

自分自身の正直さと、つながること。

オーラソーマは、鏡のように私たちを映します。

そして、私たちは、自分のなかにある色を発見していきます。

自分の色を見つける旅、それはまるで冒険です。

知っている自分と出会うかもしれない。
知らなかった自分が見つかるかもしれない。

ときには、目を背けたくなるような弱い自分や、ずるい自分を見つ
けてしまうかもしれない・・・。

気づかなかった自分のなかの情熱を、知ることになるかもしれない。

そして、そのプロセスのすべてを通して、私たちは自分自身の理解
者になっていきます。

とてもデリケートでありながら、冒険的な、内なるジャーニーです。


でも、同時に、このプロセスだけをしていても、真のターコイズに
は到達しない・・・ともいわれています。

パズルのピースにたとえて考えると、わかりやすいかもしれません。

ジグソーパズルを想像してみてください。

「自分」という小さなピースを、私たちはひとつずつ握りしめてい
ます。

個性的でユニークな世界で、ひとつだけの「自分」というピースで
す。

それを、じっと見つめて対話することも、ときには大事だと思いま
す。

自分はどんな形なのか、どんな色なのか・・・
それを知ることは自己との対話です。

でも、同時に、それをずっと握りしめているだけでは、まわりのピ
ースとつながることができません。

私たちがついやってしまうのは、まわりの人たちのピースと、自分
のピースを比較して、これじゃ大きすぎるかしら?

小さすぎるかしら?
色が派手すぎる?
色が暗すぎる?

などと コンプレックスを抱いてしまいます。

そうなると、そのまま自分のピースを差しだすのが、怖くなってし
まうのです。

まわりのピースがピンク色だったら、ピンク色に塗ってしまったり、
まわりのピースが自分より小さかったら、
まわりにあわせて 自分を小さく見せてしまったり・・・。

そんな、ややこしいことまで(笑)はじめてしまうのです。

でも 考えてみましょう。

パズルのピースは、そのまんま差しだすしか無いのです。

その場に、シェアする。
わかちあうのです。

だってそれが「自分」なのだから・・・。

ターコイズの「ハートからのコミュニケーション」は、そのことを
言っているのかもしれません。

自分の正直さとつながって、それを分かちあっていくことを通して
つながっていくコミュニケーション・・・・。

そのままの自分を、そっと、その場に差しだしたら・・・

「あれ? それ、私のピースのお隣かもしれない・・・」

と言って、まわりのピースたちが集まってくる。
そして、パチリパチリとつながりはじめるんです。

ずっと「こんな私なんて」と握りしめていたら・・・
自分の色を隠していたら・・・

それは、永遠に起こらないのです。

そして、ピースとピースが互いにつながりあったとき、大きな絵が
できあがっているでしょう。

それが、私たちが生きている集合的無意識と呼ばれる、ワンネスの
世界・・・すべてがつながりあった世界なのかもしれません。

そのなかで、ひとつ、あなたのピースがあなたらしく、自分の場で、
自分らしく、そのまんまでしっかりと、そこに参加して輝いている
ことでしょう。

私たちは、ハートからつながることによって、世界とつながること
によって「自分」が誰なのかを知るのかもしれません。

広大な意識の海のなかの一滴のしずくとして、世界とひとつになっ
た自分自身を、見つけるのかもしれません。

それもまた、自分は誰なのか・・・というプロセスの一部なのだと
思います。


自分を知ることは、世界とつながることの一部である・・・。

私は、ターコイズ色の波と遊び戯れる、野生のイルカたちと一緒に
泳ぐのが大好きです。

彼らは本当に遊び好きで、波乗りも葉っぱでキャッチボールも大好
きです。

そして思い思いに彼らがジャンプするとき、スピンしながら跳ねる
とき、それはなぜか、群れ全体のタイミングと調和するのです。

私たちは「自分を正直に表現したら、世界とは調和しない」と、信
じてきました。

でも、時代は新しくなっているのです。

「自分を正直に表現すればするほど、世界は調和する」!☆

そんな素敵な新しいメッセージを、ターコイズという色は、私たち
に届けてくれているのかもしれません。

ハートで受け取って、野生のイルカたちのように、遊びながら、こ
の新しい時代の海を、一緒に泳いでいきたいですね!


Peace is Possible!
あなたはもうひとりのわたしです♪


(※こちらで美しい画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12059102100.html


       ………○…………○…………○………


しまいゆみこ プロフィール

地球雑貨と癒しの空間ナディアオーナー
オーラソーマカラーケアコンサルタント
オーラソーマアドバンスティーチャー
クリスタルマスターコーストレーナー
クリスタルアカデミーオブヒーリングアーツ認定ファシリテーター

1994年横浜に「地球雑貨と癒やしの空間ナディア」をオープン。
以降、21年間に渡り、オーラソーマのプラクティショナー、講師
活動と並行して、天然石の海外買いつけ、クリスタルショップのプ
ロデュースや、日本初の日本人向け認定コースの開催など、日本に
おけるクリスタルヒーリングの分野の発展に貢献する。
商品企画、クリスタルヒーリング、各種ヒーリングセッション、イ
ベントのオーガナイズ、書籍の監修、海外ツアーの企画など多数。
2005年より家族とともにマウイ島に移住し、マウイ島ではバケ
ーションレンタル、ヒーリングツアー、オーラソーマ滞在型コース
などを開催している。2児の母。

地球雑貨と癒しの空間ナディア:http://www.e-nadia.com/
しまいゆみこブログ:http://ameblo.jp/nadiayumiko/
しまいゆみこfacebook:https://www.facebook.com/nadia.yumiko
マウイ島ナディア村:https://www.facebook.com/MauiNadia

       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024