TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第427f号 シュリーラさんの「ビーマーライトペン瞑想」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:シュリーラ(鈴木恵弓)さんの
    「ビーマーライトペンと
          パーミストリー・ハンドメディテーション」  (2012,09/07)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

金曜日のメルマガは7月8日、9日の二日にわたって仙台のロイヤ
ルパークホテルで開催されたオーラソーマのイベント、IZUMI
プロジェクトを主催された10人のオーラソーマティーチャーの方
々のエッセイを掲載しています。

今回は、シュリーラ(鈴木恵弓)さんです。

東京在住のオーラソーマティーチャーで、オーラソーマ・東洋医学
スクール&サロン、エッセンシアを持たれています。

エッセンシアとはポルトガルで「本質」、シュリーラとは、サンス
クリット語で「幸運」という意味を持ち、按摩マッサージ指圧師・
オーラソーマティーチャーによる世田谷・芦花公園にあるオーラソ
ーマスクールと東洋医学医療気功治療室です。

「自分を本当の意味で癒せるのは自分自身だけです。
あなたの内側にいる、素晴らしい存在に気づきましょう。
そして、その存在を愛と叡智で育てていきましょう。
自分の中の、道しるべである光を大きくしていきましょう。
オーラソーマは、そのために存在しています」・・・という願いで
オーラソーマの活動をされていらっしゃいます。

IZUMIプロジェクトでは「ビーマーライトペンとパーミストリ
ー・ハンドメディテーション」を担当されていました。

シュリーラさんは、按摩マッサージ指圧師の資格を持ち、東洋医学
スクールを開催されていますので、そのようなバックグラウンドを
持ちながらオーラソーマビーマーライトペンをされているのは、ま
さにぴったり。

ご自分の特技と才能を生かされている方だと思われます。

カラーパンクチャーという、同じくさまざまな色の光を経絡などに
施していく、ピーター・マンデルというドイツ人の方が開発してい
る施術がありますが、これもまた精神的、肉体的に働きかけるさま
ざまな効果が観察されており、かなり複雑で膨大な知識が必要とさ
れています。

オーラソーマのカラービーマーライトペンは、私が習ったときには、
やはり経絡などの知識も含みながらも、オーラソーマの特性を生か
し、直観なども使いながらのワークでした。

オーラソーマビーマーライトペンを教えているシャントも、最初の
ころは針灸師と組み、ワークを共同開発しながら教えていました。

そういう意味でも、同じ東洋医学のバックグラウンドを持ちながら、
オーラソーマを習得して、ビーマーライトペンをされているのは、
自分の従来の仕事を生かしながら、かつオーラソーマを生かしてい
く方法としても優れたやり方のように思われます。

また、オーラソーマアカデミーの叡智 ジョン・ディロンガイ氏に
よって書かれたパーミストリーの著書を、シュリーラさんがご自分
で日本語に訳されて、研究されている資料を見せていただいたこと
がありますが、非常に研究熱心な努力家で、かつ実践力をお持ちで
あるようにお見受けしました。

IZUMIプロジェクトで活動されていたオーラソーマティチャー
の方々は、それぞれの特性と才能をシェアしあって、このようにコ
ラボレートして活動されているのは素晴らしいと思います。

ここに、オーラソーマの未来の方向性のひとつの原型があるのでは
ないかと思われます。

また、オーラソーマがこのように、人それぞれの才能を引きだし、
ギフトを開花させていくツールとなって生かされていくのは、今後
の可能性の楽しみのひとつです。

それでは、シュリーラ(鈴木恵弓)さんの「ビーマーライトペンと
パーミストリー・ハンドメディテーション」、お楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


この7月、杜の都・仙台で行われたIZUMIプロジェクト。

私たち本来の人生の豊かさと美と受け取っていくことをサポートす
るオーラソーマ。

そんなオーラソーマを愛する皆様に向けて、志を同じくするティー
チャー達が協力して、美しく豊かな環境とオーラソーマにゆったり
と満たされる時間を提供させていただくという、夢のようなイベン
ト。

それを開催することができ、またそれに携わることができたことに、
心からの感謝と愛を感じています。

私が担当させていただいたのは、色と光のアキュパンクチャー・ビ
ーマーライトペンセッションと最終日の朝の瞑想会でした。

ビーマーライトペンは、オーラソーマの新しい可能性のひとつ。

LEDライトに差し込まれたイクイリブリアムオイルが入ったバイ
アルを、サトルボディと肉体に照射することによって、オーラとチ
ャクラ、そして細胞レベルに浄化と変容、解放を働きかけるセッシ
ョンです。

ロイヤルスイートルームのキングサイズのベッドで、お隣の浜野珠
恵ティーチャーが提供するAEOSトリートメントとのレゾナンス
を感じながら、まさにオーラソーマの提供している美と豊かさにふ
さわしい環境でセッションは行われました。


ビーマーライトペンのセッションは20種類以上あります。

今回は、選ばれた4本のボトルのコンサルテーションで、今、その
方に必要なボトルとカラーを決め、そしてそのボトルの位置によっ
て照射する必要な経穴(ツボ)とチャクラが選ばれるという、セレ
クトボトルセッションを行いました。

個人により、また選ばれたボトルにより効果はさまざまなのですが、
全般に言えることとして、1本目のボトルセッションは、自分の本
質を繋がり、恐れを乗り越えるサポート。

2本目のボトルセッションは、今克服しようとしているレッスンを
乗り越えやすくし、イライラを和らげ、喜びの記憶を呼び起こす。

3本目のボトルセッションは、今ここに生きることを助け、過去か
ら自由になる。

4本目のボトルセッションは、新しい未来に開き、どこに向かって
いるかをはっきりと見る助けとなるなどの効果があると言われてい
ます。


ビーマーライトペンのセッションは、イクイリブリアムボトルの効
果を強め、その方本来の光を妨げている不調和に、バランスをもた
らし、その人本来の光を取り戻す大きな助けとなるものです。

私は、ビーマライトペンセッションを5年程行っておりますが、こ
のセッションでいちばん好きな瞬間は、いつもずっと同じ。

セッションが終わって、受けられた方のお顔を拝見するときなので
す。

本当に何とも美しいのです。

神のような、女神のような、天使のような、賢者のような・・・そ
んな表情をセッションを終えられた全員に見ることができます。

その方本来の美しい光を感じることのできる喜び。

それはオーラソーマに携わっている私たちすべてが持つことのでき
る至福感なのではないでしょうか。

セッションを受けられたお二人の方も、ご自分のなかで選んだボト
ルとの強い共鳴を感じ、大きな浄化と統合の感覚を感じていただけ
たようでした。

そして同じ場所で、愛するオーラソーマファミリーの方々とともに
癒しのときを共有していることで、それはより増幅されて、さらに
喜びのエネルギーに包まれていたように私は感じました。


そして最終日の朝、仙台ロイヤルパークホテルの美しい庭園にある
泉の側で、ホワイトポマンダーを使った「ファウンテン・ハンドメ
ディテーション」をリードさせていただく幸運に恵まれました。

オーラソーマアカデミーの叡智 ジョン・ディロンガイ氏によって
書かれた著書を参考に、現在、私が提供させていただいているシェ
アリングデイ、パーミストリー(手相)ケア with オーラソーマか
らのご紹介です。

パーミストリーケアとは、北ヨーロッパとジプシーの伝統による手
相術で、手の形や手相をリーディングし、オーラソーマプロダクツ、
特にクイントエッセンスを直接手に施してバランスを取り戻すケア
をするものです。

手のなかに私たちの小宇宙があり、また手と脳は連動していると言
われています。

身近にありすぎて、普段は気にも留めないこの両手に、タイムライ
ンの癒しと、これからの可能性が、まさに握られているのです。

今回のハンドメディテーションは、そのなかのセルフケアとして紹
介されているもので、ホワイトポマンダーを両手に施し、宇宙の星
々、惑星が支配する指からの光をヴィジュアライズし、そしてその
両手の泉からあふれだす美しいホワイトの浄化の光を頭頂から全身
に浴びていく瞑想です。

朝の爽やかな光と、実際の泉が奏でる水の音とともに行ったメディ
テーション。

そのプロセスは清らかで聖なるエネルギーに満ちあふれ、オーラソ
ーマのプラクティショナーコースで学ぶ3つのファウンテンの感覚
をも呼び覚ますものであったのではないかと私は感じています。

そして、この時間を愛するオーラソーマで結ばれている人々と共有
することは、私たちの存在の内側に存在する、お互いにつながりあ
っている感覚と永遠の魂の平和をより一層確かなものに感じさせて
くれました。


準備の段階から、数々のミラクルとシンクロニシティに彩られた、
このIZUMIプロジェクト。

この奇跡のようなイベントを通して、「地上に天国をもたらす」と
はこういうことなのだと、今、実感しています。

このイベントに集い、また見守って下さったすべての存在に、そし
てこのイベントをサポートし、またメルマガで多くの方にシェアす
る機会を与えて下さった和尚アートユニティ様に、感謝と愛を捧げ
たいと思います。

そして、私も今回の経験を生かし、オーラソーマとともに地上に天
国を少しでも多くもたらすことができるよう、これからも活動して
参りたいと思っております。


       ………○…………○…………○………


シュリーラ(鈴木恵弓) プロフィール

オーラソーマ・東洋医学スクール&サロン
エッセンシア 代表
ASIACT認定オーラソーマティーチャー&
              カラーケアコンサルタント
按摩マッサージ指圧師
HP:http://www.geocities.jp/hc_essencia/
Blog:http://ameblo.jp/wisdom-of-love/

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024