TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第200号 ヴィッキーさんの天命とオーラソーマ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.ヴィッキーさんの天命 と オーラソーマ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はこの「オーラソーマ通信」も200号となりました。

みなさんのサポートのお陰でここまで続けてくることができました。

ほんとうにありがとうございます。

ぱりさんがお膳立てをしてくれてた企画に、ほいほいと気軽に応じて始まった
メルマガですが、気がついてみると200号。

ずぼらな私にとっては画期的な記録です。

そこで、その記念となるべき巻頭エッセイに何を書くべきか。

ハムレットのように悩んだ挙句、思いついたのが、前回のマイクの「マスター
と大天使」のセミナーで話された、ヴィッキーさんの天命の話しです。

とても感動的で印象に残ったので、そのお話しを書いてみたいと思います。

マイクが語る、ヴィッキーさんの天命のお話し。

まさにこれぞ、オーラソーマの原点となるべきお話しです。

また、前回、オーラソーマと天命についても書いたりもしていましたので、そ
ういう意味でも、流れとしてもいいかな、と思ったしだいです。

以下は、そのマイクの、ヴィッキーさんの天命についてのお話の一部を、私の
解釈を交えながらまとめたものです。

オーラソーマとしてみた場合に、天命というのは何色なんでしょう?

それはペールブルー、エルモリアの色の言語と関連します。

「汝の意思であって、私の意思ではない」

つまり、天から、自分に求められていることをする、ということであり、それ
を魂の観点から見た場合には、この世に生まれてくるときに、自分の内側で合
意してきたことを果たす必要がある、ということになります。

それが第一番目の下の色で語られること、この世に生まれるにあたっての、天
との約束事なんですね。

もしこの人生が終わるときに、生まれるときに合意してきたことをまだやって
いなければ、合意を果たすためにもう一度生まれ変わって戻ってこなければな
らないんですね。

では、ヴィッキーさんはどのような合意をして生まれてきたんでしょう?

マイクは語ります。

ヴィッキーが三度目の心臓発作で酸素テントに入っているときに、突然光りに
呼ばれたのです。

その時に彼女は賛美歌の23番の音が聞こえ、それが光への出口、肉体を出る
出口だと思って、その光に向かっていったのです。

彼女はそのとき、心臓病を患い、糖尿病を患い、盲目であるという体の状況を
手放して、今こそ光の向かって旅を始めるときだと思ったのです。

賛美歌の23番の歌声が聞こえ、それを聞いていると、自分はファーザー(神、
父親)に向かっているんだと思ったのです。

すると遠くから光の天使が自分に向かってくるのが見えたかと思うと、その天
使は優しい声で「どこへ行くんですか?」とヴィッキーに聞いたのです。

ヴィッキーは無邪気に「私は死んだ父に会うために、家に帰るのよ」と答えま
した。

すると天使は言ったのです「それはできませんよ」。

ヴィッキーはその言葉を聞いて、ショックを受けて聞き返しました。

「どうしてできないんですか? もう私の肉体は終わってしまって、もうおし
まいなんですよ!」

天使は言いました。
「あなたは肉体に入るときに、合意してきたことをまだやっていないでしょ」

ヴィッキーは驚いて言いました。
「じゃー、いったいあなたは私に何を求めているんですか? 私がこの体に入
るときに合意してきたことって何なんでしょう? 私は自分の人生で、ずっと
人に奉仕をしてきました。ケアーして、思いやりを持って接してきたのですよ。
それ以上私になにをしろというんですか?」

天使は言いました。
「戻りなさい。戻って祈りを捧げ、瞑想をすれば、自分が何を合意してきたの
か。合意したことが何だったのかということをもう一度見いだすでしょう。そ
うすれば自分の天命、自分が合意してきた使命と目的を果たすために、今一度
余生を与えられたのだ、ということを理解することができるでしょう。」

その言葉が終わると、ヴィッキーは突然再び酸素テントに引き戻され、いろん
な医療器械に囲まれ、彼女が亡くなったという非常事態のベルが鳴ったりして
いる状況の中にいることに気づいたので。

彼女はそのときいったい自分に何が起こったのか、ほとんど覚えていませんで
した。

後になってから、天使との出会いや、そこで天使に言われたことなどを思い出
したのです。

ヴィッキーは、「そのとき、汝の意思が、私を通してなされたのです」と語っ
ています。

そしてその心臓発作の状態から回復したあと、瞑想し、祈りを捧げ、ラティハ
ンの瞑想などをしているうちに、そのときに経験したことがはっきりとよみが
えってきたのです。

そしてその過程のなかでオーラソーマが生まれたのです。

その瞑想の中で色が彼女に訪れ始めたのです。

彼女はその色に向かって手を伸ばしますが、それをつかむことができませんで
した。

そんな晩が二晩続き、三日目の晩には、色が彼女のもとにやってきたけれども、
もはや彼女はそれに向かって手を伸ばすことも、それをつかもうともしません
でした。

ヴィッキーが言うには、「そのとき何者かが彼女を動かし、高次の意思が作用
して、物事が準備され、最初のイクイリブリアムが誕生した」のです。

ヴィッキーさんの天との約束は果たされ、そうして今、私たちはこのオーラソ
ーマを手にしているのです。

あなたが生まれるときに天としてきた約束は何でしょう?

あなたはどのような天命を生きているのでしょうか?

と書きつつ自分の人生を考えてみるに、こんな人生のはずではなかったのにな
ー、って思います。誰もこんな人生は予定していなかったのに、どういうこと?
って思います。

でも自分で予定してこういう人生を生きようと思ったって、生きられないだろ
うなとも思います。

やはり、そこには天の意思も作用しているのかもしれません。

そもそもこのメルマガだって、自分で予定したことでもないんですから。。。

いったい自分は生まれるときに、どんな約束をしてきたんだろう? 

そういう自分の天命を知りたい人のために、ユニティインスティチュートでは、
「天命を生きる」というワークショップを提供しています。

http://www.unityinstitute.jp/livingyoudestiny/
https://oshoartunity.com/cgi-bin/booking.cgi?code=080809-11Le_LD1_f

ところで、ユニティインスティチュートではこのたび、新しく、オーラソーマ
のためのコースができました。

カウンセリングスキルとは別に、オーラソーマのコンサルテーションのレベル
をアップすることにとても有益なコースです。

オーラソーマのレベル4に認定されることになりました。

「マスターと大天使」のコースに参加された方は、マイクがこのコースがプラ
クティショナーの人たちにとても有益であることを勧めてくれていました。

最近はオーラソーマでは「リーディング」という言葉を使わないようになって
いますが、クライアントが選んだボトルのメッセージをどのように把握、理解
し、どのようにわかりやすく伝えていくかということの重要性は変わりません。

このコースでは、直感の能力を高めることで、ボトルのメッセージを把握し、
クライアントにあった形で、わかりやすく伝えていけるようにするものであり、
コンサルテーションを行っている人や、これからコンサルテーションをやって
いこうとする方にとってとてもとても役に立つものです。すでにカウンセリン
グスキルを学んだ人にとっても、またカウンセリングとは別の技術として必要
なものでもあります。

https://oshoartunity.com/cgi-bin/booking.cgi?code=080815-17Le_IIA_f

プラクティショナーとしての天命、使命を全うするためには必要な技術でもあ
ります。

                                尚 記


        …………○…………○…………○…………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024