TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第829号 ラトナさん「ASとハート瞑想(4)新しい明日」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:ラトナさんの≪オーラソーマとハート瞑想≫
                      〜新しい明日へ〜 (2018,4/18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はラトナさんの最終回です。

とても、洞察と気づきに満ちた文章になっています。

自分の奥深くにある闇に、光をもたらすということ。

身体の声に耳を傾けるということ。

自分を赦し、愛するということ。

女性性を受け入れること。

男性性と女性性のバランス。

内側と外側のバランス。

そしてオーラソーマやハート瞑想が、どのように助けになるのか
ということについて。

ラトナさん、勇気あるシェアリングをありがとうございました。

ハート瞑想のなかでは、みんながつながり、それそれの人の経験が、
私たちに気づきと豊かさをもたらしてくれますね。

ラトナさんの新しい明日に乾杯!

これからもまた、新しい場でオーラソーマとハート瞑想をわかち
あっていかれるとのこと、楽しみです。

それでは、ラトナさんの≪オーラソーマとハート瞑想≫
〜新しい明日へ〜 を、どうぞお読みください。

それでは、今日もすてきな一日を!
Have a nice day.

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


みなさん、こんにちは。

愛知県のLily angels、樋口ラトナ(Prem Ratna)です。

実は大切なお知らせがあります。

2年前からはじまった「オーラソーマとハート瞑想」・・・

無事10回目となりましたが、この区切りとともに今回で最後となる
お知らせです。

このメルマガを通して、たくさんのことを経験し、学び、書くことは
基本的に大好きなのでほんとうに楽しみました(*?ω?)

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、大きく日常が変化した
こともあって卒業となります。

出会いと別れの季節でもあり、それぞれの卒業と、新たな旅立ちを
迎えられている方々も多いですよね。

わたしの娘も、この4月に小学校6年生となるタイミングで、公立
の小学校から私立の小学校への編入をしました。

その学校はとてもすばらしいところで、とにかく子どもたちの自立、
自律をサポートし、創造性を最大限に発揮できる環境があります。

成績表やテストがなく、他人と比べるということをしません。

少人数なので、みんなが家族のように過ごすのです。


わたしたちは、小さなころからあらゆる社会のなかで他人と比べられ、
競いあい、自分の可能性を閉じ込めてしまう世界に身を置き、その
体験をすることで、そうではない自由であることの大切さを学んで
いきます。

だから、今の世の中が悪いわけではないのです。

すべてが経験と体験をする貴重な命の時間・・・そんな想いで日々
を過ごすことができたなら、今この瞬間からすべてが美しく見えて
くるのだと思います。

そのサポートをやさしくしてくれるのがオーラソーマであり、ハート
瞑想であったりします。

でも、これらはあくまでもツールだということを忘れてはいけません。

頼るのではなく、自分の気づきを後押ししてくれる、主軸は自分自身
に置く。

わたしたちは一人ひとりが宇宙とつながっていて、自分のなかに神様
がいるのです。

前置きが長くなってしまいましたが(本題はこれから!)、最後も
やはり、わたし自身の体験をお伝えしたいと思います。

最後なので長編カミングアウトです!笑

人に言えないと思うこと、必ずそれぞれにありますよね。

わたしは比較的、自分をさらけだすことにはそれほど抵抗がなく
生きてきたので、意識できる部分では、なにかを閉じ込めることを
せずに過ごすことができていました。

でも、無意識の部分では違います。
気づかないのだから、出せるわけがありません。

そこに光をもたらすのがオーラソーマ。

わたしの奥深くにある闇に、いちばん最初に光をもたらしてくれた
のが87番ペールコーラルのボトル、愛の叡智でした。
http://artbeing.com/aura-soma/equi/B087.html

この数年は、また特にコーラルがスポットライトを浴びていますよね。

コーラルとその補色のターコイズは、この世界を生きるために、
目覚めるために、かなりキーポイントになると、わたし自身の体験
からも感じます。

何年も前に、マイクさんもこの組みあわせはとても重要だと伝えて
いました。

オーラソーマのボトルたちから、わたしの皮膚を通して、光の身体で
あることを少しずつ少しずつ思いだし、瞑想はその奥深くでずっと
傷ついてきたところを観る、その繰り返しの10年はあっという間
であり、今のわたしを作ってきました。

わたしには、小学校高学年? 中学生になるかならないかのタイミング
から、女性器に問題がありました。

女性器と言っても皮膚の部分なので、内臓の病気ではありませんで
したが、それはとてもひどく、かゆみ、ただれ、痛み、浸出液・・・
それとの闘いの日々だったのです。

病院へ何度も行きましたが、原因は無く、痒み止めの塗り薬を出される
だけ。

ひどいときは(自分で掻きむしってしまうため)下着を履くことも
辛かったし、少しおさまるときは、ほんとうにホッとしたものです。

もちろん男性との行為も消極的でした。
だって、自分は汚いと思っていましたから。

大人になり、メンタル的なことを学びだしたころから、その症状と
内側から向きあう覚悟をし、あらゆるヒーリングをしてきました。

オーラソーマ、ハート瞑想、タントラワーク、家族の座、身体の声を
聴く・・・インナーチャイルドを癒し、過去を癒し、他人を許し、
過去世も観て。

でも、自分なりに深く掘りさげたと思っても、その症状はずっと訴え
つづけたのです。30年間という長い永い時間をかけて。

そして、気づきました。

自分が女性であることを許していなかったことに・・・。

女性であることの象徴を傷つけることで、わたし自身を罰しつづけて
いたことに・・・。

汚らわしいと思いつづけることが、自分を許さないことが、償いだと
勘違いしていたことに・・・。

わたしのなかの女性性を否定しつづけていたことに・・・。

すべての根源が、そこにあるのだと・・・。

そう、わたしはわたしを赦すことができなかった。
わたしはわたしを愛してこなかった。

ただ、それだけのことだったのだと。

わたしは幸運にも、それを気づかせてくれた人がいます。

気づいたのは自分自身だけど、そのきっかけを与えてくれた人。

わたしのあらゆる執着や思い込みをぶち壊してくれた人。笑

人はひとりでは生きていけません。
それぞれに影響しあい、鏡として見せあって、気づきを広げていく
のだと思います。

だから、人は人と出会うのでしょうね。

このメルマガとの小さな出会いも、誰かの小さな気づきのカケラに
なったらいいなという想いで毎回書いてきました。

そう、人との出会いだけがすべてではなく、わたしたちがなにかに
気づきをもらう瞬間は、そこらじゅうに散りばめられていると思い
ます。

テレビや雑誌、隣で騒いでる学生たちからこぼれる会話。
突然飛び込んでくる文字や言葉のなかに、ちょっと意識を向けたとき、
ハッとすることがある。

そして最大のメッセンジャーは身体です。
身体の声に耳を傾けてみてください。

身体はわたしたちを愛しています。

病気や症状は、決して嫌がらせをしているわけじゃないんです。
身体と友達になってみてください。

やり方がわからない? ぜひ、ご連絡くださいね。

わたしは30年以上、悩みの種だと思い込んできた症状が、いつの
間にか消え去っていたことにハッとして、悩みの種ではなく、身体と
友達になって気づいたのだと知りました。

わたしはわたしを愛しています。

ハートのスペースのなかで、純粋にその想いが湧きでています。

それは自分を赦し、身体を元の状態へと戻す力のある、たったひとつ
の答えです。

思考の部分で自分はダメだと思うことは、日々の生活のなかでいくら
でもあります。

ここまで来るにはほんとうにたくさんのことを経て、行ったり来たり
の日々のなかで一つひとつ辿っていく道でした。

あるとき、症状は治って、とても驚きを隠せないほどキレイになった
女性器を、また掻こうとしているわたしを発見しました。

習慣って、記憶って、思考って、すごい!

治っているはずなのに、元の場所へと戻ろうとする自分を見つけた
とき、人は(思考は)ほんとうに痛みのなかにいつづけることを好む
のだなと感じたのです。

辛いはずなのに、慣れ親しんだ環境にいる自分。
変わらない自分でいることの方が楽だと知っているのです。

人は変われるのに、変わろうとするエネルギーが大変だと思い込んで
いるが故に。

すべてはほんとうにシンプルです。

複雑にしているのは誰か、複雑だと思い込むのはなぜか、ハートに
たずねてみてください。

以前、なにもする気が起きない時期があったことを書きましたが、
その後、わたしは冬の終りとともに、外資系企業へと就職し、これまで
未知の世界だったところへと踏みだす勇気を、その静かに過ごした
1年間に見つけました。

苦手だと思い込んできたこと、無理だと決めつけていたこと。
わたしのなかにある制限を外してみたくなったのです。

それがほんとうに、自分自身を丸ごと生きていくことになると感じた
から。

欠けてる部分を欠けたままにしているうちは、バランスよく生きる
ことにはならないと感じたから。

自分の内側の女性性を認めたら、今度は男性性と女性性のバランスを
取ろうと決めた。

恐いと感じることもたくさんあるけど、そのたびにハートで包み込み、
それをくり返す。

内側の探求をずっとしてきて、これからはそれだけじゃなく、内側
を大切にしながら外側を生きてみたらどうなるのかをチャレンジして
みたくなった。

内側と外側のバランス。

オーラソーマは人生そのもの。
イクイリブリアムは均衡、バランスです。

ハートはチャクラの中心・・・これもバランス。

二元性の世界に生きながら、わたしたちはあらゆることのバランスを
取っていくことを学んでいるのですね。

長々と綴ってきましたが、これに当てはめることなく、みなさんが
それぞれに感じることを大切にしてもらえればと思います。

なにが正しいとか、間違っているとかは無いと思っています。

どうぞ、ご自身やまわりを、出来事を、ジャッジのないハートから
見てみてください。

いつもじゃなくて大丈夫です。気づいたときに。

最後になりますが、今のわたしの野望をお伝えして終わりにしたい
と思います。笑

今の会社、男性ばかりのバリバリなビジネスマンだらけ「成功する
ぞ!」みたいな世界です。

まさか自分がそのような社会に飛び込むことなど、夢にも思って
いませんでした。

そこでいかに自分らしく生きて、まわりに流されず、同じ位置で観て
いるものの違いを感じながらも、ハート瞑想をしてひとつになること! 
です!

すでに一度、少人数で集まった朝礼で簡単なガイド瞑想をさせて
いただきました。

今も上司に掛け合って、ハート瞑想会の企画をゆっくりですが進めて
います。笑

多くの方が、自身のハートに触れる体験をしていくことができるのを
願って・・・。

これまでお読みくださって、ほんとうにほんとうにありがとうござい
ます!

さびしいけれど、その想いをハートで迎え入れ、抱きしめながら、
その執着さえも手放します。

わたしたちはそうやって一歩一歩、魂を成長させていくために今を
生きているから。

生まれてきたことを感謝して。

人は簡単に転げ落ちたりもするし、弱い部分もある。

でも、ほんとうはとってもたくましい魂の持ち主なの。

みんな覚悟を持って、この地球へと降り立ったのだから!

では! またいつかどこかで °?(*´ω`*)?°

Love Ratna

(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 https://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12368650386.html


       ………○…………○…………○………


樋口ラトナ プロフィール

ハート瞑想ティーチャー
OSHOアクティブ瞑想ファシリテーター
OSHOメディテーションセラピーインストラクター

Lily angels
HP:https://lily-angel.amebaownd.com/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024