TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第632号 植野さん「緊急時セルフケア向けAS製品」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.植野めぐみさんの
   「緊急時のセルフケアに役立つオーラソーマのプロダクツ」 (2016,4/20 水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

熊本の地震がおさまりません。

この度の地震で大きな被害に遭われたみなさま、避難生活を強いら
れているみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

大きな地震がひきつづき起こり、熊本や大分の人たちをはじめ、日
本中の人たちが心を痛め、不安な毎日を過ごしていることと思いま
す。

そんなとき、自分になにができるだろうかと考え、小さなことでも
自分にできることをしていくことが大切です。

オーラソーマを学び、使っている人は、オーラソーマを役立たせて
いくこともできますし、オーラソーマで学んでいる瞑想を役立たせ
ることもできます。

今回は、そんなヒントをお届けします。

ひとつは、仙台市在住のプラクティショナー、植野めぐみさんから。

311の東日本大震災の際に、オーラソーマを活用された貴重な体
験談です。

もうひとつは、4月26日火曜日、夜8時から、<オーラソーマを
使って、今できること> (仮題)というテーマで、無料のインター
ネットクラスを、黒田コマラさんを迎えて開催します。

ご興味のある方は、以下よりお申し込みください。
http://tinyurl.com/zatmulr


ちょうどこの日は、鎌倉で黒田コマラさんのオーラソーマレベル3
のコースが開催されますので、そのコースの後、無料インターネッ
トクラスにてお話いただき、一緒に瞑想などもできればと考えてい
ます。

最後にもうひとつ。

こちらも黒田コマラさんにハート瞑想のガイドをお願いしています
が、4月21日夜8時から<危機に直面した時のハート瞑想>とい
うテーマで、ユニティインスティチュート主催の無料インターネッ
トクラスを開催します。

すでに80名ほどの方に申し込んでいただいていますが、まだ受け
付けていますので、こちらもご興味のある方はご参加ください。
http://tinyurl.com/gwbybac

それでは、植野めぐみさんの「緊急時のセルフケアに役立つオーラ
ソーマのプロダクツ」を、どうぞお読みください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


仙台市在住のプラクティショナー、植野めぐみです。

この度の熊本地震で大きな被害に遭われているみなさまに、心より
お見舞いを申し上げます。

5年前の、東日本大震災のときは、全国のオーラソーマファミリー
のみなさんから、ボトルやポマンダーなど、さまざまなプロダクツ
の提供や、温かいアドバイスなどの物的&人的支援の「動の祈り」、
心ひとつに想いを寄せていただく「静の祈り」をともにいただき、
ほんとうにありがとうございました。

きっと、みなさまも日々感じていらっしゃる通り、今回の熊本地震
でも、さまざまな情報があふれており、混乱が生じた当時の経験を
思い返すと、自らなにかしらの情報発信をすることは極力控えたい
と思いつつ、オーラソーマのプロダクツを使用して実践できるセル
フケアの観点から、当時、個人的に役に立ったことをいくつか紹介
させていただきたいと思いました。

九州のみなさんに届き、少しでも実践的なお役に立てれば、なによ
りです。

また、これまで起こった、各地の災害での辛い経験をフラッシュバ
ックされている全国各地のみなさんのお役にも立てれば幸いです。

具体的にご紹介する前に3つのポイントがあります。

ひとつは、当時、マイク・ブース学長からインフォメーションがあ
った、緊急時に役立つプロダクツは、どれもすばらしいサポートが
ありました。

今回も、まずはなにがいいか迷ったら、シンプルにご活用いただく
ことをおすすめ致します。

次に、「こういうときには、これがいい」という情報も頼りになり
ますが、ふだん通り直感で選ぶと、必要な人に必要なサポートがあ
るんだなあ、見えていなかったけど、ほんとうに必要な深いケアが
できるんだと実感することが、多くあったこともあわせてご報告し
ます。※これはまた、いつかの機会に・・・。

そして、今からご紹介するのは、オーラソーマのプロダクツのユー
ザーの方向けのセルフケアの実例ですが、一般の方にシェアすると
きは「いい香りのアロマなんですよ〜」と、わかりやすくポマンダ
ーを紹介すると、先入観なしで使用いただいたことで、プロダクツ
のすばらしい恩恵が届いたのではと思います。

さて、いろいろありますが、まずは実践しやすいプロダクツ、「ポ
マンダー」篇です。


☆オレンジ
http://aura-soma.co.jp/products/pom/P06.html

特に初期のころ、ショック状態が冷めやらぬころのケアに役立ちま
した。

オーラソーマをあまり知らない方で「私は大丈夫。落ち着いていま
す」と緊張した表情の方に「これ、フルーツみたいな美味しい香り
のアロマなんですよー」と、つけてさしあげたら「なんで涙が出る
のかわからない・・・」と涙を流されていました。

そのとき、やっと呼吸をしているように見えました。


☆グリーン
http://aura-soma.co.jp/products/pom/P10.html

避難所や仮設住宅に伺ったときに、役に立ったことが多かったです。

報道で見るより想像を超えて、せまいところが多く、それこそプラ
イバシーもなにもありません。

リアルなスペースも、心のスペースもなくなります。

今回は家屋の倒壊等、圧迫される被害が多いので、グリーンは助け
になるかと思います。

また、パニック症候群や過呼吸を持ち、不安を抱えている方にもよ
ろこばれました。

●被災して避難している方へ使うとき

・タイム&スペースの確保として(自分のホームにいられないとき)

・誰かや、なにかと比較してしまい、落ち込んだ感情が湧くとき
※避難が長期になると顕著になります。あっちの避難所は、物資が
充実しているのに・・・など、したくなくても誰かを羨んでしまっ
たり、比較しては落ち込む方が増えます。

●ボランティア、お仕事などで被災した方と関わる方へ

お話しを聞いたり、サポートしているうちに、共感や同情を超えて、
いわゆる「震災ウツ」になったジャーナリストもいたくらいですし、
傾聴しているうちに心を痛めたり、心を病んでしまう「ボランティ
ア病」にかかった方も少なくありません。いえ、多かったです。

いい意味で距離感を保った方が、適切なサポートができる場合も多
くありました。

私はセルフケアにグリーンをけっこう消費しました。

・共感や同情を超えて、感情に巻き込まれないように

・とにかく胸がつまるときに

・呼吸をするときの補助に(ストレスで口呼吸の人も多い)

・自分がしたいこと、できることのギャップに心苦しいときに


☆オリジナルホワイト
http://aura-soma.co.jp/products/pom/P01.html

・初夏に向かうこの季節、感染症の心配が出てきます。

多くの方がいる避難所など、今後、衛生面や臭いが心配なところ、
浄化したいと感じる場所には、ポタポタと落としてきました。

香りもすっとするので、「スッキリするアロマです〜。身体のまわ
りにバリアがはれるイメージをしてくださいね」というと、一般の
方にも、いちばんすんなり受け入れられたのはオリジナルホワイト
でした。


☆ディープレッド、オリジナルホワイト
http://aura-soma.co.jp/products/pom/P03.html

遺体安置所や、お亡くなりになった方が多い深刻な現場に行ったと
き、ほんとうにサポートされました。

セラピスベイも同時に使用しました。

私は目に見えない存在に鈍感な方ですが、それでもあまりにも・・・
のようなときは、ディープレッドとオリジナルホワイトを、同時使
いしてしまいました。
(本来ポマンダーは、一度に複数使用しないものですが)


最後に・・・

時間の経過とともに、その都度、最適なプロダクツにも変化が出て
きました。

ピンクやコーラル、ディープマゼンタが、とても活躍した時期もあ
りました。
http://aura-soma.co.jp/products/pom/

地域性や被害状況によっても、欲するもの・・・拒絶するもの・・・
拒絶していたけど、ほんとうはそれで癒されたかったもの、さまざ
まです。

オーラソーマで教え伝わる通り、内側の声に耳を傾け、自分の直感
と、大切な誰かを想って、愛だけ抱えて行ったことに間違いないと
いうことを信じていられれば、かならず希望がやってくると思いま
す。

リ・メンバー


       ………○…………○…………○………


うえのめぐみ プロフィール

オーラソーマプラクティショナー (レベル3・ブリッジ修了)
ブログ「あたくしとオーラソーマ、日々是好日」
http://ameblo.jp/caramelribbon56/


       ………○…………○…………○………


トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024