TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第426f号 ふたくちけいこさん「72天使のコンサル」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:ふたくちけいこさんの
            「72天使のコンサルとチャンティング」 (2012,08/31)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

金曜日のメルマガは7月8日、9日の二日にわたって仙台のロイヤ
ルパークホテルで開催されたオーラソーマのイベント、IZUMI
プロジェクトを主催された10人のオーラソーマティーチャーの方
々のエッセイを掲載しています。

今回は、ふたくちけいこさんです。

金沢在住のオーラソーマティーチャーで、スフェールクレールとい
うオーラソーマのスクールを開催されています。

「オーラソーマに出遭ったことで、辛くて難しかった人生や生活が、
少しずつだけど、楽しく幸せに感じられるようになりました。

今、ここを訪れてくださった貴方にも、同じように、安らかで平和
な心が訪れますように・・・」という願いでオーラソーマの活動を
されています。

IZUMIプロジェクトでは「72天使のコンサルとチャンティン
グ」を担当されていました。

いつも妖精のようないでたちで、天使とふたくちさん、というのは
そのまま納得してしまいます。

夜のお楽しみ会での72天使のチャンティングでも「72天使全員
の名前をチャンティングをみんなで一緒に唱えましょう」と言われ
たときにも「え、72の天使、全員?!」と内心思ってしまいまし
たが、ふたくちさんがやるなら、それも納得してしまえる流れでし
た。。。

そして、最後にはチャンティングとともに、みんなの気持ちもひと
つになり、祈りの会のようになりました。

個人的な体験として、プロジェクトの後、被災地の港を訪れたとき
のことを書いておられます。

私も車で連れて行ってもらったのですが、津波のあった現場では、
当時は住宅地であったであろう場所が平原となり「取り壊し禁止」
と壁に書かれた家が当時の姿のままに残されていました。

多くのトラックが行き来し、今では廃品となってしまった鉄くずな
どが選り分けられ、黙々と山のように積み上げられていく姿を思い
だすと、今も身体全体が痛くなるような、言葉にならない思いでい
っぱいとなります。

そしてまた、車道の青い道路標識の下半分が折れ曲がったりしてい
るのを見ると、当時は波があんなに高くまで押し寄せていたのかと
いう驚きとともに、自然のもたらす脅威に圧倒されました。

港に降り立ち、その場の空気を肌で感じると、当時の様子や雰囲気、
人々の恐怖や思いがそのままに感じられる思いがして、強烈なエネ
ルギーに打ちのめされるような感覚がありました。

一体、このような圧倒的な現実に対して、何ができるのでしょうか。

ふたくちさんが書かれているように、祈りというのはひとつのこと
で、そこに居合わせた人たちは、それぞれに深く感じるものがあり、
祈りを捧げることになったのでしょう。

世界がもっと愛と光で満たされることを祈らないではいられません。

それでは、ふたくちけいこさんの「72天使のコンサルとチャンテ
ィング」、お楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


B3とB17・・・。

ボトルの梱包を解くと、無残に砕けたボトルの名残と緑色に染まっ
た梱包用キルティングが目に飛び込んできました。

「あっ・・・割れてる・・・」

IZUMIプロジェクトの私のコンサルテーションの準備は、割れ
たボトルの片付けから始まりました。

ショックからほんの一瞬で立ち直り──なにしろ時間がタイトでし
たので──準備を進めつつも、割れたボトルのメッセージに思いを
めぐらしていました。

B3はブルー/グリーン、ハートボトル。
B17はグリーン/バイオレット、トルバドール1・希望。

ブルー/グリーンは地球の色。
二本に共通しているグリーンは、杜の都・仙台とのつながりを連想。

さらに、両方に隠れているのは、ブルー/ブルー・B2ピースボト
ル。

B17からB2を引くと残るのは、B5イエロー/レッド、ヴィッ
キーボトル。

タロットでは、女帝が豊穣・母なる大地・滋養。
スターは希望のメッセージ。

名前だと、ハートと希望。
トルバドールが旅をしながら伝えたのは、ハートの真実。

プロジェクトとの深いつながり、そのエネルギーの解放と、その必
要性を感じずにはいられませんでした。


今回、私が担当した72天使のコンサルテーションは、カバラの
72天使の概念とオーラソーマの深いつながりをベースにしていま
す。

お誕生日から割りだした天使のボトル3本と、通常のコンサルテー
ションと同じようにセレクトした4本のボトルの関係を見ることで、
自分の持っている質により深くつながり、気づいていきます。

お話のあとには、天使のボトルを持っていただいて、私がその天使
の名前をチャンティングすることで、自分の持つ天使の質を、ボト
ル=色と、天使の名前=音の両面から感じて受け取っていただきま
した。

この日もコンサルテーションを受けてくださったお二人の天使ボト
ルから、それぞれの美しさが溢れて輝いていました。

おふたりとの出逢いに深く感謝いたします。


さらに、夜のお楽しみ会では、72天使のチャンティングをみなさ
んとご一緒しました。

その日の天使の名前と72天使全員の名前をチャンティング。
少し長いかな〜と思いつつ・・・ご参加くださった全員が深いとこ
ろで、ご自分の天使の質に触れて輝かせるサポートになればと。

みなさんには、私が一人ひとりの天使の名前を呼んだ後に、名前を
活性化するマントラ「Ain Soph」を唱和していただきました。

チャンティングをしたことがない方もいらっしゃったでしょうし、
初めは遠慮と戸惑いで、少しばらついていたマントラが、だんだん
まとまって、きれいなハーモニーになり、天使の名前にパワーを与
え、明るく優しいエネルギーが部屋いっぱいに満ちていきました。

確かに、私たちはあの場所で、あの時間、光の柱を立て、その光が、
仙台に東北に、さらに日本に地球に広がって包んでいっている・・
そんな感覚になりました。

72天使コースで、みんなでチャンティングしているときに感じる、
今ここにくつろいでいること、すべてが最善であること、この世界
は愛に満ちていること、ただあることで幸せなこと、そんな感覚を、
あの夜も感じることができました。

本当にありがとうございました。


そして、これは個人的な経験ですが、せっかくなのでこの場を借り
てシェアさせていただきたいことがあります。

プロジェクトが終了した午後、帰宅まで時間のあるメンバーと石巻
に行ってきました。

まだまだ津波の爪あとの残る街を目の前にして言葉はありませんで
した。

港で、車を降りたとき、黙祷の思いで目を閉じると、閉じた目の前
で真っ赤なエネルギーが渦を巻いていました。

あまりにも強烈なエネルギーでした。
何度、目を開いて閉じても同じ真っ赤なエネルギー。

目を閉じて、無意識に私は、そのエネルギーを感じながら、マント
ラを心の中でチャンティングし続けました。

しばらくすると、その真っ赤なエネルギーが徐々に薄まっていき白
く、やがて透明な光に変わっていきました。

繰り返しますが、これはあくまで個人的な経験です。
決して何かの理解や見解をお伝えしたいのではありません。
ただ、この経験で私はマントラの力をさらに強く感じ、私たちが前
日共にしたチャンティングは、きっととても深いところで必要とさ
れていたのかもしれないと思えたのです。


さまざまな古代の叡智と結びついている、色と植物と鉱物のトリニ
ティのアート オーラソーマが、今、私たちにどんなに必要で大切
なシステムかということを、日本のオーラソーマファミリーが少人
数ではありましたが、仙台・泉の地で集い時間と空間を共にし、愛
と光に満ちた豊かな感覚を得られたことによって、いまさらながら
に実感し、体感できたことを本当に幸せに感じています。

末筆になりましたが、今回のプロジェクトにお越しくださったみな
さま、サポートしてくださった和尚アートユニティさん、心から感
謝を申し上げて、私のシェアを終わらせていただきます。

そして、これを読んでくださったみなさまにも、どうもありがとう
ございました。

世界がもっともっと愛と光で溢れますように・・・。


       ………○…………○…………○………


ふたくちけいこ プロフィール

オーラソーマスクール&コンサルテーション
スフェールクレール 代表
ASIACT認定オーラソーマティーチャー&
              カラーケアコンサルタント
HP:http://www.sphere-claire.com
Blog:http://ameblo.jp/sphere-claire/

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024