TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第449号 鮎沢玲子さん(15)「日本の色-7」:白色

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:鮎沢玲子さんの
       日本の色で学ぶオーラソーマ Vol.7
                  ≪クリアー(ホワイト)≫ (2012,2/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

面白いもので、白をイメージすると言葉が出てきません。

目の前が真っ白になる、ないし頭のなかが真っ白になる感じです。

なにか白い雪が降る光景が目に浮かび、ただしんしんと降るその白
い雪のなかでは、ただ黙って静かにしていることがふさわしい気が
してきます。

ふとみると、何気なく最初に書いた「面白い」という言葉に「白」
という文字が含まれていたので、どういう語源だろうとネットで調
べてみると、面白いは「面白し」という原義で、語源は未詳だそう
です。

ひとつの有力説としては、「面」は目の前を意味し、「白い」は明
るくてはっきりしていることを意味しているそうで、そこから、目
の前が明るくなった状態を指すようになり、目の前にある景色の美
しさを表すようになった、とのことです。

さらに転じて、「楽しい」や「心地よい」などの意味を持つように
なり、明るい感情を表す言葉として講義に使われるようになったそ
うです。(「語源由来辞典」より)

日本は万世一系の単一民族として、2千年以上の歴史を持っている
国としては世界でも唯一、最古の国であるし、現在でもそれだけの
文化と文明を持って栄えている国はほかにはないという意味で、非
常に特殊な国です。

それだけに言葉に対する含蓄や歴史、文化にも深みがあります。

日本人がオーラソーマを日本語で、日本文化のなかで、その理解を
深めることは、オーラソーマにさらなる深みと広がりをもたらすこ
とができるものと思います。

それでは、鮎沢玲子さんの日本の色で学ぶオーラソーマ Vol.7
≪クリアー(ホワイト)≫、お楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


オーラソーマの授業では、まず「色の言語」を学びます。

オーラソーマのシステムはイギリスで生まれたものですが、日本人
ならではの感性で「色の言語」をもっと深く探求できると思います。

そのことから連載中のこのコーナーでは、毎回「カラーローズ」の
なかの1色を取り上げ、日本の色名や文化、歴史、季節感などと関
連づけてご紹介しています。

今回取り上げるのは、カラーローズの中心に位置する「光」である
「クリアー」または「ホワイト」です。

日本の色名で「白」がつく名前には、さまざまなバリエーションが
あります。
「純白」「真白」「鉛白」「月白」「乳白」「灰白」「銀白」など。

ほかに日本画に使われる顔料からついた色名「胡粉」(ごふん)も
白い色です。「胡粉」とは、胡の国(中国の北方や西方を指す)か
ら来た粉という意味で、はじめは鉛から作っていましたが、後に貝
殻を焼いて作るようになりました。

胡粉は日本画を描く際にベースに使われることが多く、いわばファ
ンデーションの役割です。絵を描きはじめる前の素地として白い胡
粉を塗る作業は、まさに新しいスタートを象徴しているかのようで
す。


また日本語の表現には、たくさんの「白」を使った言葉があります。

たとえば「清廉潔白」「明白」「白紙の状態」「白黒はっきりさせ
る」「白星」などです。

これらの言葉からもわかるように、日本語での「白」は、明晰性や
善なるもの、リセットなどを意味するときに使われます。

リセットで代表的なのは、花嫁衣装の白と、死装束の白でしょう。
どちらも過去の自分に別れを告げて、新しい世界へ旅立つときに着
る衣装です。


ところで日本の神道では、神の使いである眷属神(けんぞくしん)
とされる動物(鹿、鳩、龍、蛇、狐など)があります。

神社によって決まっていて、たとえば鎌倉の鶴ヶ丘八幡宮なら「鳩」
ですね。これらの動物はみな白い色をしています。
これは神とのつながりを意味する「神聖さ」の表現です。


ほかに神道の神官が身につける装束もまた、神聖さを表す白です。
幣束(へいそく)といってお祓いをするときの祭具(木に折りたた
んだ紙をはさんだもの)にも、白い紙が使われます。
白い色のものを振って、邪気を払い清めます。


最近は一般的によく知られていますが、場所のエネルギーを浄化す
るのに「盛り塩」という方法があります。
実践しているかたも多いかもしれませんね。

これは塩=白色による浄化、リセットです。


このように数えあげればきりがないほど、日本における「白」はオ
ーラソーマの色の言語とぴったり一致しています。

オーラソーマの授業のなかでも、生徒さんたちに「白」「クリアー」
の色の言語を上げてもらうと、ほかの色に比べていつもスラスラと
出てきます。

日本語表現をはじめ、日本の文化や宗教、日本人の死生観などと
「白」は密接に関係していて、多くの人にとって身近な色であると
言えます。

あなたのまわりにある「白いもの」が持つ意味・・・あらためて見
直してみませんか。

きっと新鮮な発見があると思います。


(※こちらで画像付きで掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-11464779699.html


       ………○…………○…………○………


鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール

有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネータとして14年間
住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナーとして独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。
http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024