TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第552f号 上野香緒里さん「エメラルドハートと手放し」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:上野香緒里さんの
             ≪エメラルドハートと手放しの物語≫ (2015,1/30)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。

新しい年がはじまったと思ったら、もう明後日から2月なんですね。

時の流れが早くて、驚いてしまいます。

今年のオーラソーマ通信では、年始に伊藤アジータさんの数秘、先
週は藤沢紀子さんのローフードと、フレッシュな顔ぶれでしたが、
お楽しみいただけましたでしょうか。

そして、今週は上野香緒里さんにご登場いただきました。

東京の神楽坂でスクールをされていて、キャリアも長いオーラソー
マのティーチャーさんなので、読者の方もすでにご存じな方が多い
のではないかと思います。

ですので、初登場ということが意外なような気すらしますね。

今回は、ようやくタイミングがあって、エッセイをいただきました。

「ハートのエメラルド」と「手放しの7つのレベル」という、どち
らも最新のコースの内容をお伝えしていただいています。

最新のコースというのは、なにかその時代に必要なコースなので、
訪れてきたといえるのではないかと思います。

そのお話を、みなさんとわかちあっていただけることを、とても嬉
しく思っています。

どのようなお話なのか、楽しみですね。

それでは、上野香緒里さんの≪エメラルドハートと手放しの物語≫
をお楽しみください。

                         えつこ 記


       ………○…………○…………○………


こんにちは。

東京・アマーリエのティーチャー、上野香緒里と申します。

オーラソーマを学んでいくプロセスには、レベル1、レベル2、レ
ベル3、レベル4という根幹となるコース以外にも、自由に参加で
きる興味深いコースがたくさん用意されています。

最新の情報では、そのなかでも「ハートのエメラルド」と「手放し
の7つのレベル」というふたつのコースは、オーラソーマシステム
の基礎をなす哲学の中核にあるそうです。

私は2013年に「ハートのエメラルド」を、2014年に「手放
しの7つのレベル」を受講し、このふたつのコースは、今地球に存
在する私たちみんなにとって、非常に大切なテーマを扱っていると
感じました。

個人的にもシンパシィを感じる、大好きなコースです。

そこで今回は、このふたつのコースから、私なりに感じたことをシ
ェアさせていただこうと思います。



ハートのエメラルドは、愛と受容の場である第4チャクラ(ハート
チャクラ)の、そのまた第4レベルにあるといわれ、そこには堕天
使ルシファーの物語が関連します。

神に与えられた人間への奉仕という役割を拒み、罰として、天から
落とされたルシファー。

それまで純粋な神の使いだったルシファーのなかに、いつしかエゴ
の傲慢さが芽生え、それゆえに、神によって天から落とされました。

以来、ルシファーはエゴの象徴的存在として知られています。

またこの物語は、エゴは罪深いもので、そこには必ず罰が与えられ
るという、私たち人類のなかに深く根づく罪悪感や、恐れの条件づ
けの象徴でもあります。

ルシファーが天から落とされたとき、彼の偉大さを現していた、彼
のエメラルドの冠から13個のエメラルドがはずれて、人類の始祖
である地球上の13の部族の族長のハートに、ひとつずつ入り込ん
だのだそうです。

族長のハートに入り込んだエメラルドは、子孫である私たちすべて
の人間のハートに受け継がれています。

つまり、私たちのハートのなかには、ルシファーのエゴの罪悪感や
恐れが今もあるのです。

私たちは、自分のなかのルシファーをどうすればいいのでしょうか?



手放しの7つのレベル。

手放しとは、自分の内側にある(本来の自分ではない)条件づけら
れたパターンを解放し、ありのままの自分に戻っていくプロセスの
こと。

そこには、B13からはじまる13の倍数の、7本のボトルの順列
が、大きな助けになるといいます。
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B013.html

手放しは、なにかを取り除いたり、押しやることではありません。

押しやれば押しやるほど、それは戻ってきます。

大切なのは、むしろそこに受容や慈悲をもたらすことです。

7つのレベルの最初のボトル・B13(クリア/グリーン)が表す
ように、その鍵はハートにあります。

ルシファーのエメラルドと同じ場所です。

ハートチャクラの色はグリーン、エメラルドもグリーン。

B13もグリーンに光が当たり、強烈さを増したボトルです。

グリーンはスペースを与え、パノラマ的な視点からの理解、そして
愛と受容を促す色です。

私たちは、つい自分のエゴを、否定する(押しやる)ことで、手放
そうとします。

しかし、そうではないやり方があるかもしれない。

そして、そこにこそ真の手放しの機会があるかもしれないのです。



私は、このふたつのコースを受けて、今、こう感じます。

「ルシファーは人間への奉仕という、神に与えられた自分の役割を
拒んで、天から落とされたのではなく、天から落とされること自体
が神から与えられた役割で、ルシファーはその役割を演じただけだ
ったのではないか?

私たちが愛の真実を学び経験するためには、対極のものとして、愛
ではない(ように見える)存在が必要。

ルシファーは、その重要な役割を与えられるくらい、神の信頼が厚
かったのだろうし、だとすれば私たち人間のために悪役(?)を喜
んで引き受けてくれたルシファーに、人間に対する深く強い愛を感
じる」

ルシファーは、実は罪を犯していなかった、彼もまた愛の存在だっ
たという理解は、私たちのなかにある罪悪感や恐れという条件づけ
を押しやることをやめ、そこに受容と慈悲をもたらすことの助けに
なるのではないでしょうか。

手放しとは、自分のハートのなかのルシファーを押しやるのではな
く、彼に受容と慈悲を与えること。

そして、手放されたときに現れる姿(偉大なる天使・ルシファー)
が本来の自分であり、ハートのエメラルドの真実だと思うのです。



「HAERT」は文字を組み替えると「EARTH」

ハートと地球もまた深いつながりがあります。

3月には、オーラソーマの世界規模のイベント「ワールドコングレ
ス」が東京で開催されますが、そのなかのマイク・ブースのコース
タイトルも「内なるハートと地球、水と意識」です。

エメラルドハートや手放しが、ここでもなにか関連していて、さら
なる真実がわかちあわれるのではないかと、今からとても楽しみで
す。

(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-11983409745.html


       ………○…………○…………○………


上野香緒里 プロフィール
オーラソーマスクール&サロン「アマーリエ」代表
英国公認オーラソーマティーチャー/レベル3(上級)
リコネクションプラクティショナ−/レベル1・2・3
奇跡のコーススタディティーチャー
コズミックダイアリー(13の月の暦)講師
ユニオミスティオイルセラピスト、レイキヒーラー
HP:http://www.amarlie.com
FaceBook:https://www.facebook.com/amarlie.co.jp
メルマガ登録はこちら:http://www.mag2.com/m/0001540353.html
Staff Blog:http://ameblo.jp/amarlie/
Owner Blog:http://ameblo.jp/amarlie-kaori/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024