TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第527w号 鮎沢さん(32)「季節の色9」:朱鷺色

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:鮎沢玲子さんの
            季節で楽しむ日本の色 Vol.9
                  ≪【朱鷺色】ときいろ≫ (2014,8/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は広島の原爆記念日。

亡くなられたみなさまのご冥福をお祈りし、黙想を捧げます。

被災されたみなさまのことを思い、また原爆の被災国として、平和
への誓いを忘れないようにしたいものです。

世界を旅して思うのは、日本は本当に風土も、歴史も、国民性も世
界にないものを持っています。

その美しさやよさを自覚し、それを世界にも伝えていくことが、日
本が世界に貢献してしくことであるように思われます。

今回の鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色。

それは日本独自の色から、そこに表現される日本の伝統や感受性を
思いだす旅でもあります。

夏の色は【朱鷺色】

夏には朱鷺の白色と思いきや、朱鷺にはその秘めたる色があったの
ですね。

日本には、その秘めたる美を尊ぶ感受性がありました。

なのに、日本はその国鳥でもある朱鷺を、絶滅種にまで追いつめて
しまいました。

日本人としては、その朱鷺とともに、その感受性までも失わないよ
うにしたいものです。

数年前に、フランスの地中海沿岸を自転車で走っているときに、フ
ラミンゴとおぼしき鳥が沼地に群れとなっているのを見かけました。

自転車で走りながらの一瞬のできごとだったのですが・・・

「あ、フラミンゴだ! こんなところに放し飼いにされている!」

・・・と、動物園のようなところでしかフラミンゴを見たことがな
かった私は一瞬そのように思ったのですが、実は野生だったのです
ね。

日本も、野生の朱鷺が自由に日本の空を羽ばたく姿が見られるよう
になればと願います。

それでは、鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.9≪【朱鷺
色】ときいろ≫を、どうぞお楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


朱鷺色は、特別天然記念物で国際保護鳥にも指定されている「朱鷺」
の羽色に由来する色名で、鴇色とも書きます。

薄い紅色です。

朱鷺の写真を見たのですが、どこにもこの色は見当たりません。

身体は全身が白い羽根で覆われ、顔だけが朱色で、湾曲した長いく
ちばしは黒っぽい色をしています。

実は翼を広げたときだけ、この朱鷺色は姿を現すのです。

翼の下側の縁にある風切羽が、この色をしています。

まるで大切なものを、ふだんはしまっておくように・・・。


朱鷺は、古くから日本や中国に分布しており、江戸時代までは普通
に見られる鳥だったようです。

奈良・平安時代の文献には「ツキ」「ツク」などの名で登場し、桃
花鳥とも表記されています。

ツキとは「桃花」のことで、やはり内側にしまわれた美しい桃色の
羽の色からの連想だと思われます。

この羽は古くから珍重され、伊勢神宮の儀式に関係があります。

神宝「須賀利御太刀(すがりのおんたち)」の柄飾りとして、今も
神事に用いられているそうです。


朱鷺の学名は「ニッポニアニッポン」。

日本を代表する美しい鳥のひとつでしたが、明治以降、乱獲や環境
汚染の影響で急激に数が減り、日本の野生種は絶滅しています。

現在では、野生の朱鷺を復活させるべく、放鳥などの試みがなされ
ています。


同じ桃色の羽を持つ鳥といえば、フラミンゴを思いだします。

フラミンゴの語源は、ラテン語の「炎」からきているそうですが、
全身が桃色の羽に覆われていて、しかも大きな群れで行動する性質
があり、遠くから見たら、まるで炎のように見えたのではないでし
ょうか。

アフリカや南ヨーロッパ、南米などに分布している、まさにラテン
系の鳥です。

ラテンの国の人々が、パッションを隠さずに表現するのと、通じる
ものがあります。


一方、白い羽根の下に、薄紅色をそっと隠している朱鷺は、恥じら
いのある日本女性の象徴のようです。

それも今や朱鷺と同じように絶滅に瀕している・・・のかもしれま
せん。


意外でしたが、朱鷺は一年中白い羽ではないそうです。

春から夏の繁殖期には、首すじから黒い分泌物を出して、身体に擦
りつけるために、黒または灰色の身体をしているのだとか。

繁殖期が終わる、ちょうど今ごろから、徐々に白い羽の色に戻りま
す。

白い羽を広げ、風切り羽の薄紅色をのぞかせながら、大空を飛ぶ朱
鷺の姿を見ることは、もう叶わぬ夢なのでしょうか・・・。

(※こちらで画像付きで掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-11905630237.html


       ………○…………○…………○………


鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール

有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネータとして14年間
住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナーとして独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。
http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024