TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第672号 鮎沢さん(56)「季節の色33」:承和色

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:
     鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.33 (2016,9/7 水)
                   ≪【承和色】そがいろ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鎌倉はまだ蝉の声も聞こえ、夏の暑さが残っています。

でも旧暦では、もう菊の季節。

そんな菊の色にちなんだ日本の色が ≪【承和色】そがいろ≫

どんな色なのか、名前からは想像もつかないですよね?

それでは、鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.33
≪【承和色】そがいろ≫を、どうぞお楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


承和色は黄色い菊の花からついた色名です。

とは言え、名前からこの色は想像できませんね。

日本の色の名前は、はっきりしているだけでも1000色は存在する
そうです。

しかしこのように、名前を聞いても色が思い浮かばないものもあります。

どんな由来でこの名前がついたのか、今回は菊の季節にちなんで
ちょっと探ってみましょう。


9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」と言って、5つある節句
のひとつです。

5つ、それぞれには植物が割り当てられています。

1月7日は「七草」、3月3日はひな祭りで「桃」の節句、5月5日
が「菖蒲」、7月7日は七夕で「笹」、そして9月9日の重陽が
「菊」の節句です。

この9月9日とは旧暦のものなので、今の暦(新暦)では10月中旬
ごろに相当し、ちょうど菊の花が見ごろとなります。


重陽とは「陽」が重なる、そして最も重い(大きい)「陽」の意味です。

中国から伝わった陰陽の考え方では、奇数を陽、偶数を陰として
いました。

9は最も大きい陽の数となり、それが重なるので、この名がつきました。


第54代天皇「仁明(にんみょう)天皇」は、都を平安京に移した
桓武天皇の孫に当たります。

漢学や文学、書を愛した聡明な天皇であったとのこと。

そして、ことのほか黄色の菊を愛したそうです。

宮中に黄色の菊をたくさん植えるように命じたり、衣装をこの色で
染めたりして、在位中には巷でも黄色が大流行したほどでした。

在位中の年号が「承和」(しょうわ)だったため、菊のような黄色
を「承和色」と呼ぶようになりました。

黄色の菊を「承和菊」と呼んだりもしたそうです。

そして、「しょうわ」の読み方がだんだん変化して「そが」と
なったそうです。


年号で承和の期間とは、平安京遷都からしばらく後の834年〜
848年までです。

幼いころから病弱だった仁明天皇は、わずか40歳で崩御しますが、
色の名前として、その行いが現在にも残っているなんて、歴史の
ロマンを感じます。


まもなくやってくる菊の季節。

黄色の菊を見かけたら、1200年前の平安京の庭が、黄色で
埋めつくされている秋の様子を、ちょっと思い浮かべてしまうかも
しれません。

(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12197584795.html


       ………○…………○…………○………


鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール

有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネータとして14年間
住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナーとして独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。
http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024