TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第719号 江尻さん(38)「愛と巡る占星術:魚座」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.江尻貴美子さんの               (2017,2/17 金)
    「愛とともに巡るオーラソーマアストロロジー」〜魚座編 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

満開の白梅にメジロが夢中になって蜜を吸う姿を見るにつけ

「もうすぐ春。もうすぐ星のひと巡りもゴールを迎えるのね」

・・・と思う今日このごろ。

太陽は明日から12星座のファイナル、魚座に入ります。

水の星座は、蟹座・蠍座・魚座と3つあります。

ハートからはじまり、スピリットまでをテーマとする水の星座ですが、

蟹座は、寄せては返す「感情」という波間をサワサワ〜っと動めく
サワガニやヤドカリをイメージするとわかりやすいかもしれません。

一瞬たりとも同じ状態で止まっちゃいない波、「感情」

それも地表のごくごく表面を動くカニたる「フィーリング」

次の段階は、その表面で起こったフィーリングの「背後」を見つめる
べく、ぐーーーーっとシャープに垂直方向、真っ暗〜な海の底まで
碇を下し、ふだんは見えないその深みにこびりついているものを
見極め、剥がしちゃう蠍座。

その感情を引き起こす素そのものをも暴く見極め、
かつ、そこからはじまる変容の力です。

「絶対落とせない」と思う垢や錆まで削ぎ落とすそのアプローチ
たるや、大きな変容の元となる手放しには欠かせない要素なのですね。

そして、「個」としてくっつけてきた意識、価値観、すべてのもの
を手放し、大きな源、ワンネスに戻っていく・・・というより、

「そういえば、もともとただここにいたんだよね」を思いだす
ステージが魚座となります。

「個」として見てきたフィルター、「個」としてこだわってきた
すべてを手放し、源との距離感をゼロにもどしていくような・・・
それでいて広がりきるだけ広がるような・・・

そんなステージが魚座です。

無限の「小(点)」も、無限の「大(天/源)」も、
同時に「今ここ」に、すべてあると感じるステージ。
経験するステージ。

それは具体的に目の前にあり、
それは具体的には何も見えていない。

どっちなんだ!? ・・・と言われそうですが、

実はそのどちらもあるのが この魚座です。

そしてその揺らぎのなかで、
次のステージの芽吹きを育んでいくのも魚座。

魚座に対応するフルスペクトルのマジェンタを、
ゲーテは「色彩論」のなかで「見えざる色」と表現しました。

一直線モード、白黒をつけるのが大好きな人にとっては、
その揺らぎはなんとも不安定に「感じる」のです。

ゆらゆら〜
ゆらゆら〜

着地点なく、ゆ〜らゆら。

その「終わり」から「はじまり」のはざまをしっかり生きること
マインドが「終わり」と定義していること、

「はじまり」と定義していることを超えて
「全」のすべてを生きること

そこには、なんのジャッジもなく
ただただ存在しているだけで
すでにすべてが満たされているのです。

「こうあるべし」もなにもない。
「枠」だって、なにもない。
「垣根」だって、なにもない。

それは海。大きな海そのものなのです。

私たちの小さな「個」には手の届かない、わからない、
壮大な壮大な恩寵にただ包まれて、ただただ存在するありようは、

揺らぎ

そのものだったりするのですね。

海の1滴1滴に「どこどこの川から流れてきました〜」と、名札が
ついていないので、どこの川出身かわからないように、そして、
海流として、どこへ行っちゃうかだってわからないまま、
永遠に流れていく。

もっというと、温められれば、水蒸気で海でもなくなって、
いつの間にか雲にもなっている。

そして、集まって重くなったら雨になって再び地上に落ちてくる・・・。

ぐるぐる・・・ぐるぐる・・・。

その揺らぎを存分に味わうことにより、表面的な愛を超えて、
もっともっと壮大な次元にハートもアンテナも開いていくのです。

ヴィッキー女史が魚座に対応させたのは、B3 ハートボトル
(ブルー/グリーン)
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B003.html

個のすべてを手放し(グリーン)、天(全)に向かって、
ハートをフルオープンにしているようなイメージを魚座と
B3 ハートボトルとの関連を想うとき、私はいつも思い浮かべます。

ニューイーオンタロットに対応するのは
B18 エジプシャンボトル1/ターニングタイド
(イエロー/ヴァイオレット)
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B018.html

「ターニングタイド」とは「潮の変わり目」

今までのステージから次のステージに入っていく際の「過渡期」です。

人生のなかで大きな過渡期を迎えているときほど、終わりを迎え、
はじまりを模索するなかで不安になったり、混乱することだって
多くなりがちです。

が、そんなときこそ・・・

ただ、存在Beingとして、すでに天から存分に受け取っている私

・・・を意識してみることができると、
すべてのマインドを超え、大きな大きな存在となにかをわかちあい

自我が解け、自然に身体が反応として「次の動き」を
準備しはじめるのかもしれませんね。

マゼンタ。

本能=レッドをたくさん含んだ色。

もっと単純でいい。
ただただ「ある」でいい。

いるだけで愛おしい、存在そのものなのだから。

もっとも純粋なBeing を思いだし、
こうして私たちは、本能豊かな動物「ヒト」として
ふたたび次なるひと巡りをはじめていくのです☆



星とともに巡るココロの旅路も、3巡目のゴールを迎えました。

40本を超える寄稿は、私にとっても宝の時間となりました。

また、この1年は「愛とともに巡る」がテーマでしたので、
「自分にとっての愛」にも、あらためて向きあう大切な1年と
なりました。

マゼンタ。小さきものへの愛。

恩寵に包まれ、満たされ、自らを通して、天から受け取ったその愛を
目の前のささやかなるもの隅々へと存分に流していく。

その一つひとつの行為は、決して目立たず、埋もれるように
溶けるように、深く 深く 全体の一部となり、

やがて、ほかのBeing とともに、大きな「満たし」となっていく。

2017年は、オーラソーマと一緒に、そんな愛を生きたいな。

そんなふうに生きたいな・・・と思う、今日このごろです。

現場は心療内科クリニックのデイケア。

「自分自身を思いだす」

その大切さを、利用者の方々が今、あらためて私に教えてくれています。

この1年、毎月の連載はお休みさせて戴き、現場に集中しようと
思います。

落ち着きましたら、みなさんと一緒にふたたび星を巡れますことを
ココロから楽しみにしております☆彡

3年間、毎月お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

みなさまが 星の恵みに いつも満たされますように・・・☆

Love & Light.


(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12248572003.html


       ………○…………○…………○………


† Psyche †(プシュケ)
江尻貴美子(えじりきみこ) プロフィール
http://psyche-as.com/profile.htm

英国オーラソーマ社公認ティーチャー(レベル2)
日本心理学会 認定心理士
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
タロット歴25年以上、占星術歴10年以上
HP http://psyche-as.com/as_s8.htm
Blog http://ameblo.jp/ayura-psyche/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024