TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第33号 生命の木 その3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1. 生命の木 その3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は生命の木についての予定だったのですが、それにも関連しますが、脱線
します。

というのは、最近、投稿、感想、ご意見がとても充実してきて、私も考えさせ
られたり、学ばせていただいてて、嬉しい限りなのですが、レイキについて書
いたところ、すでに研究されている、という方からの投稿もいただきました。

この投稿はレイキについて学ぶところも多く、次回の水曜日版に掲載予定です。

その投稿の中で、以下のようなコメントがあり、これは生命の木にも関連する
ので、ここで取り上げようと思います。

>>しかし今ではレイキの人たちはそのシンボルを秘伝として、秘密に
>> することが大切であると思っているようです。
>> これはかなり根深いものがあるようなので、門外漢の私がここでいろ
>> いろいうのは避けたいと思います。

>この点は少し異論があります。秘密にする事が大切という事ではなく
>その人のレベルに応じたものが授けられる、という東洋の宗教や武道
>などに一般的にある考え方ではないでしょうか?
>極端に言えば秘伝のようなものを初心者に教えても使いこなす事が出
>来ないので 深いレベルまで理解している上級者にしか教えない、と
>いう事だと思うのですが如何でしょう?

というご意見です。

秘伝ということに関しては生命の木も、ある意味でそうだったのですね。

ヴィッキーさんの時代には、ユダヤの伝統では女性がカバラや生命の木につい
ても学ぶことは出来なかったのですから。

しかし、今やオーラソーマでも生命の木についても学び、しかもそのほとんど
女性である、というのは、皮肉、というか、時代の変化でしょうね。

確かに、秘伝ということに関しては、この方が言われるように、
> 極端に言えば秘伝のようなものを初心者に教えても使いこなす事が出
> 来ないので 深いレベルまで理解している上級者にしか教えない、と
> いう事だと思うのですが如何でしょう?

おっしゃっていることはもっともで、一般的な考えでしょうね。
そういう側面があっただろうことを否定するつもりはありません。

しかし前回紹介した「フラワー・オブ・ライフ」に非常に興味深い記述があ
り、そのことがあったので、レイキのシンボルの秘伝についても少し言及した
のでした。

その記述というのは、この時代のスピードと「知識のなだれ」現象についてで
す。(フラワー・オブ・ライフ P89-90)

その記述によると、私たちが最古の人類として知っている古代のシュメール文
明(およそ紀元前3800年)から1900年頃までの約5800年かけて人
類が集積した一定の情報量は、1900年から1950年の50年間で2倍に
なり(つまり5800年かけて学んだ一定量の知識が50年で倍増した)、1
970年から1980年の10年でそのまた倍になり、その後は2−3年ごと
に倍増しているというのです。

実際、コンピューターが出現した初期にビル一個分のコンピューターの性能
が、今ではラップトップパソコンで、それ以上の性能が手に入りますし、現在
NASAやペンタゴンで使われている強力で早いコンピューターでも、近い将来家
庭用コンピューターが凌駕するだろうと言われています。

そこで何が起こっているかというと、何千年もの間、スピリチュアルな情報は
秘密裏に保たれ、僧や尼僧たちは、それらの情報が決して外部に漏れることが
ないよう、命がけで秘密を守ってきたのが、ある時を境に開示されはじめたの
です。

世界中のあらゆるスピリチュアルな集団や宗教は、みんな自分たちだけの秘密
の情報を持っていたのが、1960年代半ばになって、突然それらの秘密のベ
ールが剥ぎ取られ、ほとんど世界中のすべてのスピリチュアルな集団が、歴史
上の同じ瞬間にその古い記録をいっせいに開示したというのです。

そして今やそれらは近所の本屋さんの棚で、何千年も封印され、秘密裏に守ら
れてきた情報が、いとも簡単に手に入り、知ることができるのです。

今では本屋にさえ行く必要がなく、インターネットですべて手にはいると言っ
てもいいぐらいですね。

実際、アメリカの本屋ではいろんなレイキのシンボルが掲載されている本が出
版されているのを見たことがありますし、インターネットにも表示されてあり
ます。

このような時代においては、秘密や口伝といっても、それらはもうオープンシ
ークレットのようです。

でもそのように開示されても、実際にはそれだけのバックグラウンドがないと
理解できませんし、使いこなせないでしょうね。

しかし、そもそもレイキなどのヒーリング能力はもともと人間に備わっている
ものであり、お母さんが子どもが怪我したり、具合が悪いときに自然にやって
いることでもありますしね。

レイキのシンボルや儀式といっても、本来自分の中にあるものを自覚するため
のものでしょう。

それはちょうど、どうして卒業式があるのかというようなものではないでしょ
うか。
そういう儀式がなくてもすでに学校で習ったことを修得していることに変わり
がないのに、わざわざそういう儀式をするのは、その自覚を得るためでしょう
から。

それはオーラソーマの考え方にも関連があり、オーラソーマも同じことがいえ
るでしょう。

オーラソーマで学ぶことの内容は、本来各人が魂のレベルで理解していること
であり、ただそれを意識化していくプロセスですね。

レイキにしろ、オーラソーマにしろ、また生命の木にしろ、それらはすでに自
分の中にあるものを自覚していくもの、ないしその自覚のプロセスを促し、助
けるものなのだと思います。

生命の木は宇宙のなかで働いている原理を客観的に表した図であるとともに、
小宇宙の人間とその人生の見取り図のようなものであり、それを通して自分自
身の理解を深める道具といえるでしょう。


もう少しオーラソーマについて知りたい方は、
次にお進みください。




トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024