TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第166号 クイントエッセンスのエッセンス(3)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.クイントエッセンスのエッセンス その3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ピンクのエッセンスは何か、ということを考えてみたいと思います。

ピンクはオーラソーマでは無条件の愛を表しますので、無条件の愛とはなにか、
ということでもあります。

クイントエッセンスにピンクの色は3つあります。

レディナダはペールピンク。

http://aura-soma.co.jp/products/quint/Q03.html

オリオン&アンジェリカはピンク。

http://aura-soma.co.jp/products/quint/Q09.html

パラスアテナ&アイオロスはローズピンク。

http://aura-soma.co.jp/products/quint/Q08.html

すべてにローズクオーツのピンクのエネルギーが含まれているので、すべての
クイントエッセンスにはピンクのエネルギーが含まれているともいえるでしょ
う。

ですから、クイントエッセンスのエッセンス(精髄)を知るには、このピンク
のエッセンスについて理解しておくことが不可欠になります。

ピンクの中でも、ペールピンクのレディナダが、最もそのピンクのエッセンス
を代表しているともいえるので、まずはレディナダについて見てみましょう。

ナーダというのはサンスクリットで音、という意味があります。

ナーダブラーマというのは別名ハミング瞑想、というふうにも言っていますが、
ハミングしながらその聖なる音に同調していく瞑想です。

ハミングの瞑想はトーニングによって、その音のバイブレーションに波長を合
わせていきます。

興味のある方は、サウンドレゾナンスでも音の瞑想のCDを提供しています。

http://soundresonance.jp/products/cd.html

とりわけ、レゾナンスチャクラ瞑想は、オーラソーマで言えばチャクラセット
のようなものです。
それぞれのチャクラにあわせてハミングしていくことで、チャクラのバランス
をとってくれるので、後には身も心もすっきりとします。

それはともかく・・・

色というのは、目を開けて見なければならないので、能動的ですね。

目から80%のエネルギーが出ていると言われているように、色を見るには能
動的なエネルギーが必要です。

でも、音というのはとても受容的なんですね。音に耳を済ませて聞くときには
目を閉じて聞くことが多いですね。

また、このレディナダのピンクは第三の目とも関連していると言われています。

第三の目はロイヤルブルーですので、そこにピンクも含んでいます。

第三の目は、ちょうど額の眉間のあたりにあって、ちょうどお釈迦さまの額の
ほくろのようなものの辺りなのですが、内面を見る目、とも言われています。

ですから、レディナダのペールピンクは、この内面の聖なる音に耳を済ませて
聞いていく、ということでもあるのでしょう。

その内面の聖なる音に耳を済ませて聞いたときに、なにが聞こえてくるのでし
ょう?

レディナダは、B52のマスターボトルに対応していますね。

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B052.html

メイン テーマ: 無条件に愛する能力を通しての霊的な成長

アファメーション: 私はありのままの私を愛します。


確かに言葉で言えばそうなのですが、でも、それはどうすればいいのでしょう?

無条件に愛するなんて、私にはできません。

愛する能力って、私にあるのかしら?

霊的な成長? それってなんですか?

ありのままを愛するなんて・・・こんなありのままの私なんて・・・
愛せません・・・

そもそも、愛ってなんですか?

というような声が聞こえてきそうです。

愛とは、もっとも本質なもので、最もみんなが必要としているもので、でもみ
んながそれを求めて、苦しみ、傷つき、大変な思いをしたりしています。

でも、その愛を感じているときにはとても幸せに、至福を感じたりもします。

その愛は、どうすれば見つかるのでしょう?

実は、その愛が見つからないのは、愛を求め、探しているからなのですね。

探すのやめたとき、愛は見つかるのです。

なぜでしょう?

それはすでに、あなたは愛だからです。

あなたは、すでに愛の中に生まれていて、宇宙の愛で作られているからなので
す。

その愛がなければ、今のあなたは一瞬たりとも存在できません。

今あなたが呼吸をし、呼吸をする空気がここにあり、目があり、このメルマガ
を読んでいる。

その事実そのものが、すでにあなたはこの宇宙の愛に生かされていることの証
拠なのですから。

「探すのをやめたとき 愛は見つかる」
 − 人生を美しく変える四つの質問   
       バイロン・ケイティ   創元社
       
という本が出版されました。

以前にも、このオーラソーマ通信でも、バイロン・ケイティの「人生を変える
四つの質問」という本を紹介しましたが、すでに絶版で、何万円もの値段がつ
いているという話も聞きました。
 
この本は、さらに具体的に、人間関係、関係性についてのワークが書かれてい
ます。

このワークをすることで、あなたを愛から遠ざけているものは、あなたのマイ
ンド、「考え」「思い込み」だったのだということに気づきます。

この現実、このリアリティに直面すれば、今ここにあることができれば、あな
たは愛そのもので、その愛の中に生かされているということに気づくでしょう。

「人が、あるがまま以外のものであると考えるのは、あそこの木が空であるべ
きだと言っているのに似ている。私はそれを研究し、自由を見つけた」

「自分を天国から追い出すことができるのは自分だけだ」

「許しというのは、起こったと思ったことは起こらなかった、つまり、許すべ
きものなど何もなかったのだということを発見することだ」

「傷ついた気持ちや不快感は、どんなものであれ、他人によって引き起こされ
るのではない。私以外の誰も私を傷つけられないし、そんなことは不可能だ」

「パートナーがしたことに自分の責任を認めるのは、この世で最も気持ちのよ
いことだ」

「人に愛されることが必要だと考えると、私たちはどうするだろうか。人に認
めてもらうために奴隷になるのだろうか。認められなかったらどうしようとい
う考えに耐えられないため、正直でない人生を送るだろうか。人があなたにど
ういう人になって欲しいと思っているのかを探り当てようとするだろうか。そ
してそうなろうとするだろうか。

実は、このようなやり方では、決して人に本当に愛されることはない。

あなたは自分と違う人間になろうとし、そして人が「愛している」というと、
それを信じることができない。なぜなら、相手は見せかけの自分を愛している
から。存在すらしていない人を愛しているのだ。あなたが「ふり」をしている
人を。

他人の愛を求めるのは難しい。命取りになる。愛を求める中で、あなたはなに
が本物かを見失ってしまう。

これは私たちが、すでにもっている愛を得ようとして、自分のために作り出し
た牢獄なのだ」

あなたは、自分の考えで作り出している牢獄から出るだけでよいのです。

そうすると、あなたはそこに、あなたのエッセンスを、愛を見出すことでしょ
う。

シンプルな4つの質問をしてみることだけで、今まで探しても見つけることが
できなかったものが見つかるなんて、すばらしいですよね。

それを自分に問うことで、あなたはこのピンクのエッセンスを見出すことがで
きるのです。

みなさんもぜひ、この4つの質問を自分に問うてみてくださいね。

その答えはあなた自身が見つけるのです。

あなた以外にそれを見つけることはできないものでもあります。

他の人があなたに代わって見つけることはできません。

ちなみに、4つの質問とは・・・

それはその本を見てくださいね。


 尚 記

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024