TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第220号 ハートからのカウンセリングスキル(3)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭コラム:ハートからのカウンセリングスキル その3
 エデンの園からの追放
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週は、すべてがひとつであり、あるがままを無条件に受け容れていたところ
から、旧約聖書に書かれている「知識の木の果実を食べ」はじめ、「エデンの
園」を去り、世間の期待にそった自分をかたちづくろうと戦略と防衛のメカニ
ズムをつくりはじめる、というところまででした。

それはちょうど3歳のころ、言葉を話し始めるころにはじまります。

そこで副題は、「エデンの園からの追放」としてみました。

人はこの防衛のメカニズムをつくりはじめることにより、自分自身の自然なエ
ネルギーの流れ、感情の流れを妨げ、抑圧するようになります。

それがあなたの本来の自己、エデンの園からの追放を引き起こしてしまいます。

それは、どうしてオレンジのショックボトルが必要なのかということの説明に
もなっています。

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B026.html

ショックというのは、感情のエネルギーが流れなくなってしまって、無感覚に
なってしまった極端なケースですが、自分の感情のエネルギーを流れなくして
しまう背景には、ここで説明されているような防衛のメカニズムが働いていま
す。

そのような場合に、その感情の流れを再び取り戻すにはさまざまな方法があり
ます。

ひとつはこのハートからのカウンセリングのようなセッションで、その領域に
意識をもたらすこと。その領域に意識の光をもたらすことによって、そのよう
な感情のブロックも解消されていったりします。

あるいはまた、サトルボディヒーリングやチャクラバランシングなどでも、エ
ネルギー的に働きかけることで、そのような感情のエネルギー的なブロックを
解消していくことができます。

そしてオーラソーマでは、このオレンジのボトルが感情のブロックを解消し、
バラバラになってしまった感情を取り戻すサポートになります。

それはともかく、分離を作り出すことは痛みを作り出すことでもあるので、そ
の分離を正当化するものとして、理想と「べき」の層をつくります。

そうすることで、あるがままの自分からはかけ離れた自分自身を作り上げ、本
来の自分自身を見失ってしまいます。

それが、あるがままの自分自身を愛し受け入れることが難しくなってしまって
いる理由でもあるのです。

では、ラハシャ博士のお話をお楽しみください。

                         尚 記


        …………○…………○…………○…………


「防衛のメカニズムと戦略」

防衛メカニズムと戦略が発達しはじめるということは、あなたが称賛を集めよ
うとし、また孤独と拒絶を避けようとすることを意味します。

純粋な肉体のエネルギーや、自然なフィーリングや感情のまわりにシールド層
を張りめぐらせていきます。

それらは歪められます。あなたは抑圧したり、適応させたりしていきます。緊
張が、肉体や感情体の心理的な傷に立ち現れます。

身心(ボディ−マインド)に閉じ込められた、未解決のエネルギーパターンが集
積されます。痛みの身体(ペインボディ)が、かたちをなしはじめます。

ひとたび自分の要求やフィーリングをあるがままに受け容れなくなると、あな
たはそれらを何らかの方法で歪めざるをえなくなります。

まわりに受け容れてもらえない要求やフィーリングを、あなたは抑圧するかも
しれません。それらを表現すると罰を受けるという恐れから、あなたはその欲
望やフィーリングを否定するかもしれません。

いったんあなたの一部が隠されてしまうと、その欠点は他者の上に投影されま
す。あなたが否定していることを他人がしているのを見ると、こころが痛みま
す。あなたは悪いと決めつけ、責めはじめます。

その痛みを感じないように過去のことを書き換えたり、正当化したりします。

あなたの基本的な要求をもっと受け容れられやすいものに転化したりするかも
しれません。

戦略の例として、衝突を避けるために、いつもいい子でいる八方美人になろう
とするかもしれません。注目を集めるために戦う人になります。

痛みを避けるために仕事、テレビ、コンピュータゲーム、過食、アルコール、
ドラッグなどで気を紛らわせます。

自分の生活を調べ、痛みを避けるために何をしているかを見てみてください。

痛みを避けるためにしていることが何であれ、その戦略は上手くいっていない
ことがわかるでしょう。

それでもあなたはそれをつづけているのです。おかしいと思いませんか?

戦略通りに行動するには努力が伴います。そのためにあなたは分離した状態に
とどまり、“他者”はあなたの痛みを引き起こしかねない潜在的な脅威となる
のです。

そして、あなたは防御しはじめます。このことが分離感をいっそう強めていき
ます。エデンの園、本来の自己、一なる状態からの追放が起こります。


理想と「べき」

たいてい両親というのは、あなたが誰であるかというより、子供としてどうあ
る“べき”かに興味があります。

これはつらいことなので、あなたはこの痛みから分離する方法を学び、さらに
この分離を正当化するすべも身につけます。

あなたは戦略の上に理想と“べき”の層をつくりあげます。

「いい子でいなくっちゃ。怒っちゃいけない。隠しごとをしたり、うそをつい
たりしちゃダメ。賢くって、何でも知っていなきゃ。ちゃんとおとなしくして、
さわいじゃいけないんだ」

“受け入れられない”行動が起こるたびに、あなたは無意識のうちに“悪い”
ものとしてレッテルを貼って、抑圧します。

あなたは、あるがままの自分でいてはいけないと自分自身に言いきかせます。

そして、あなたがあるがままでいてはいけないのなら、他の人もまたあるがま
までいてはいけないのです!

あなたは、自分も他者も間違ったものに仕立てあげてしまうのです。

こうしてさらに大きな分離がつくりだされます。
これは、あなたの関係性がなぜ困難であるかの、あなたがなぜ自分のパートナ
ーと一体感をもてずに争い合うのかの理由の一つです。


     「ハートからのカウンセリングスキル」 ラハシャ博士 著 より


        …………○…………○…………○…………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024