TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第152号 タロットとオーラソーマ その2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:タロットとオーラソーマ その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タロットは、オーラソーマではレベル3のコースで、生命の木とともに学びま
す。

オーラソーマでは、数秘学や占星術、ホメオパシーなどもレベル2で学びます。

そしてレベル1では、色の言語とチャクラやオーラなどのエネルギーのシステ
ムについて学びます。

それらの一つひとつのテーマは、それだけを学ぶだけでも一生かかるような領
域ないし学問でもあります。

なぜ、それらのことをオーラソーマで学ぶのでしょう?

また、それらがオーラソーマとどのように関係するのでしょう?

今回は、タロットをテーマとしながら、それらのことについて考えてみましょ
う。

まず、どうしてオーラソーマでは、これらのテーマについて学ぶのでしょうか?

ヴィッキーさんは、オーラソーマのコースで、最初からこのようなことについ
て教えていたのではありません。

現在のオーラソーマは、ヴィッキーさんやマイク氏やその他、オーラソーマに
かかわってきた人々のシェアリングが集積され、だんだん体系化されてきて、
現在のオーラソーマの体系になってきているのです。

そもそも、このオーラソーマが彼女の瞑想の中でガイドされ、誕生したときに
は、どういうものかさえわからず、クレオパトラが使っていたような化粧品か
しら、と思ったぐらいですから。

ヴィッキーさんの自伝「オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング」にもあるよ
うに、オーラソーマとチャクラやオーラとの関連や色の言語との関連は、彼女
自身の体験と洞察などから得られています。

生命の木との関連は、ヴィッキーさんのお父さんがユダヤ教の神秘主義である
ハシディズムのマスターでもあり、カバラの生命の木はそのエッセンスとなる
教えであったこと。

そしてオーラソーマの誕生にも、お父さんの影響があったということが、ヴィ
ッキーさんが感じていたことなどからも説明がつきます。(とはいっても、オ
ーラソーマはこれらの宗教とは関係ありません)

タロットは、この生命の木とも深くかかわるものとして、オーラソーマではこ
の生命の木とともに学んでいくわけなのですが、ここではその専門領域にはあ
まり立ち入らずに、一般的なタロットとの関係を見ていきましょう。

オーラソーマでは、より一般になじみやすく、またボトルに沿ったタロットが
出版されていますので、ボトルを見ていく上での参考にもなります。

そもそもタロットとはどういうもので、それがどうオーラソーマとかかわって
いるのかを考えておくことが役に立ちます。

オーラソーマの新しいタロット
http://artbeing.com/aura-soma/reading/tarot-86.html

ヴィッキーさんはオーラソーマというのは新しい皮袋に古いワインを入れるよ
うなものだ、というふうに言っていました。

つまり、古代の叡智がこのオーラソーマのボトルに詰められているんだよ、と
いう意味なのでしょう。

そういう意味で、生命の木やタロットというのは、そういう古代の叡智の代表
的な意味合いもあるのだと思います。

タロットは、その歴史を見ていくと、その時代の変遷とともに、さまざまなこ
とがわかってきます。

そして、それは現在のオーラソーマのありかたや、オーラソーマのなかでのタ
ロットの位置づけとも関係していきます。

そういうことは次回に考察することとして、今回はオーラソーマの教育的な側
面との関係を指摘しておきたいと思います。

というのは、オーラソーマは左脳と右脳を統合していく教育システムとしても
すぐれていると思うからです。

それは左脳の知識の体系だけではなく、右脳の直感とも深くつながっていて、
それらが統合されたところにオーラソーマのリーディングがあるからです。

前回、私がマンガラからタロットを学んだことを紹介しましたが、彼女のタロ
ットリーディングというのは、クローリーのタロットだけではなく、他の絵の
カードも併用しながら、かつ数秘術も使っていきます。

彼女によると、私の理解したところでは、数秘術でその人の大枠を見て、タロ
ットでその詳細を見ていくのだというようなことでしたが、タロットは一枚一
枚をじっくりと見るというよりも、すばやくどんどんめくっていきながら、口
からは矢のようにとめどもなく、洞察にあふれた言葉が出てくるので驚きです。
まさに、それは直感とつながっていくための道具としてタロットを使っている
ような印象です。

タロットは、象徴の体系を図柄にしたようなものでもあります。

オーラソーマは色のなかに色の言語、象徴を見ていきます。

タロットの図柄の象徴体系のひとつに、色の象徴体系も含まれています。

オーラソーマはその色が基本であり、その色の象徴体系とタロットの色の象徴
体系との関連というのがオーラソーマの中でタロットを見ていくときにひとつ
の手がかりにもなります。

それはともかく、タロットもオーラソーマも、そのような象徴から直感とつな
がっていく、というところに共通した要素があります。

オーラソーマは、色とつながることによって自分自身の内面、自己探求や自己
発見をしていくわけなのですが、タロットはその絵の図柄を通して自己探求や
自己発見をしていくことができます。

オーラソーマは、ヴィッキーさんの「大いなるガイドは内側にあります」とい
う大原則がありますが、オーラソーマもタロットも、そのツールは違っても、
内なるガイドにつながるための直感とアクセスするという面において共通して
いるといえそうです。

                                尚 記

もう少しオーラソーマについて知りたい方は、
次にお進みください。




トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024