TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第19号 デヴ・オーラ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.デヴ・オーラ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デヴ・オーラというのはイギリスのテットフォードという小さな村にあるオー
ラソーマの根拠地、とでもいいましょうか。

今日はそこのお話しをします。
なんか、あまりお勉強、という気分でもないので。

高校のときの英語の文法の教師で、雑談ばかりしていた教師がいましたが、彼
もこういう気分だったのでしょうかね。

でも教科書的な話しより雑談のようなことを聞きたいいうかたもおられるでし
ょうから、まぁ、よしとしましょう。

さて、デヴ・オーラなんですが、オーラソーマアカデミーがあるところで、そ
こでイギリスのオーラソーマアカデミーのコースなどが 開催されています。
言ってみれば、イギリスのオーラソーマ本校ってところですかね?
主にマイクのコースとか、オーラソーマスタッフによるコースなどが開催され
ています。

私はそこで、インターミディエイトをマイクから、アドバンスコースをドミニ
クから、そしてティーチャーコースのいくつかをマイクから受けています。

そのころは(今もですが)ティーチャーコースは世界中で開催されていて、
ヌラとかコマラ・ローデなど一番初期のころのティーチャー4はエジプトの
ナイルで川下りをしながら行われたということです。炎天下をピラミッドとか
遺跡を回ったそうです。そして講義は船の上。そこでのエピソードなんかもな
かなかのものです。

私の頃も、黒田コマラさんという通訳もいなかったので、クローディアのブリ
ッジコース(旧ティーチャーコース1)、マイクがティーチャーコースをする
ところ、追っかけのように世界中をまわったわけですね。オーストラリア、
オーストリア、ギリシャのクレタ島、そしてイギリスのデヴ・オーラ。全部の
コースを終えるのに全7回の海外遠征ってわけです。

そういうわけで、いろんな国々のオーラソーマの人たちとの交流もあって、
面白かったですけどね。

それはともかく、デヴ・オーラのあるテッドフォードはオーラソーマプロダク
トの本社もそこにあって、ボトルなどはそこで製造され ています。

初めて訪れた頃は、ほんとに小さなスペースで、マイク邸の一部がその製造所
で、昼前ぐらいに近くのおばさんたち、おねえさんたちが三々五々やってきて、
おはようーとか声をかけあって、雑談したりしながら、ほんとに、全くの手作
り、目分量で、一つ一つのボトルに、大きなビーカーのようなものから手写し
でボトルに液体をいれていたんですね。

原液のおっきなびんなどもそこに貯蔵してあって、ほんとにアトホームに、
和気あいあいとした雰囲気で、いかにもヴィッキーさんのオーラソーマをその
まま伝えているなーて感じでした。

今ではもう世界中に広まってしまって、製造所ももっとずっと大きなスペース
で、白衣を着た人たちが一部機械も使いながら手作業でボトルにつめています
が、それは時代の流れですからしかたがないですね。ヴィッキーさんの基本は
守りながらも、新しいいろんな手法も取り入れられて、日々変化し、進化して
います。オーラソーマは生きているエネルギーですから、何事も変化しないと
死んでしまいますものね。生きているっていうことは変化するってことでもあ
りますね。

デヴ・オーラは煉瓦づくりの二階の家で、オーラソーマのコースが行われると
ともに、キッチンやダイニング、受講生のための宿泊施設などもあります。

ヴィッキーさんが住む予定の家もその隣にあって、 彼女が亡くなる直前に完
成して、少しは滞在されたと聞いています。私が訪れていたころはマーガレット
さんがお住まいになっていました。

すぐとなりには牧場があって、牛が数頭のんびり寝そべっているか、草を食べ
ています。
その牛たちはデヴ・オーラの庭と接した柵のすぐ近くまで寄ってきたりするの
で、講義の合間 などは、よくぼんやりと牛を見ていたものです。
牛には英語を話さなくていいし、英語を聞く必要もなく、講義のことも忘れて、
なーんにもかも忘れるには牛を見ているのが一番でした。

テットフォードはほんとに小さな田舎町で、外食と言えば、ホワイトイン
(だったという名前だったと思いますが)といういかにもイギリスの田舎の
パブのようなところがあって、講義の後は、セミナーの気のあった人たちとそこ
にちょと飲みにいったり、食事したりするわけなんです。

そこにはセブンイレブンもサークルKもampm
もなく、古くて小さな雑貨屋さん兼駄菓子屋さんがあるんですが、驚いたのは、
朝のんびり散歩していると、いきなり乗馬の二人連れが馬に乗ってやってき
て、馬の上からその雑貨屋さんで買い物していたんです。

一瞬、映画のセットの中に入り込んだのかと思いました。

機会があれば、一度訪れてみるといいでしょう。

今回はとりとめのない話しになりましたね。

もう少しオーラソーマについて知りたい方は、
次にお進みください。



トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024