TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第306号 【パリさん】:番外編―ホ・オポノポノって(1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.【ぱりさんのオーラソーマ】:番外編──ホ・オポノポノって(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ぱりさんのオーラソーマ、「番外編」とありますが、ここでオーラソーマのも
っとも本質的なことを語ってくれています。

ぱりさんは、これまでカラーローズについていろいろと語ってくれていました
が、カラーローズがオーラソーマで大切なのは、カラーローズを理解すること
が、107本のオーラソーマのすべてのボトルの意味を読み解いていく鍵にな
っているからです。

カラーローズというのは、この13色の色のマンダラ図です。
http://aura-soma.co.jp/intro/color_language/

このカラーローズが色の言語の元になっています。

オーラソーマのイクイリブリアムボトルには「意識の鍵」と書かれてあります
が、これがオーラソーマのすべてを読み解く鍵になっています。

「意識の鍵」というのはなんでしょうか?

どうしてオーラソーマのイクイリブリアムがその鍵になるのでしょうか?

オーラソーマでは、イクイリブリアムはその人の内面を映し出す鏡であり、そ
の人の選ぶ色が、その人を表していると考えます。

その基礎となるのがカラーローズに表されている色の言語です。

ではそもそも「意識」とはなんでしょうか?

ぱりさんの解説している「ホ・オポノポノ」には、その大切な鍵が書かれてい
ます。

> > ホ・オポノポノでは世の中に起こる問題は、「潜在意識のなかの情報(過去
> > の記憶)の再生」と考えます。

> > ホ・オポノポノでいう潜在意識とは、「宇宙の誕生から今日まですべての生
> > 命体が経験した記憶を持っている意識そのもの」のことを指します。

つまり、すべてこの世で起こることは意識の問題だということを言っています。

そしてホ・オポノポノの良いところは、

> > ホ・オポノポノは、「誰もが」「自分だけで」「簡単に」実践することがで
> > きる問題解決法です。

それは実に簡単で、四つの言葉を唱えるだけで良いというのです。

どういう言葉を唱えれば良いのかは、ぱりさんのお話を読んでいただくとして、
私の周りにもこれを実践して、実際に効果があったという人たちが多くいます。

それはともかく、このホ・オポノポノの考え方がオーラソーマにとっても本質
的なことを述べていくれているというのは、そのひとつは、この「意識」に対
する考え方です。

世の中で起こることのすべては「意識」の問題だということなのです。

どうしてオーラソーマがその意識の「鍵」になるのでしょうか?

この「ホ・オポノポノ」については次回も続くようなので、そのときにこの問
題を考えてみましょう。

では、ぱりさんの「ホ・オポノポノ」を楽しんでください。

                                尚 記


        …………○…………○…………○…………


ときどき、幕あいに顔を出す、「オーラソーマ」をちょっと部外者的な立場か
ら眺めてみる【ぱりさん】シリーズです。^^;

ちょっと理屈っぽいですが、常識だけでお付き合いいただければ、案外、面白
がっていただけるかもしれません。

オーラソーマのカラーローズを“全人間心理のカラーインデックス”に見立て
て、その内部的なダイナミクスを連想して楽しんでいます。

素人の恐いもの知らずで、ずいぶん勝手な連想を書かせていただいています。

いつもながら少し理屈だけが続きましたので、この辺でちょっと休憩して、別
の話題で気分を変えましょうか。

久しぶりに本をご紹介しようかと思いました。

このごろ「ホ・オポノポノ」ってよく耳にしますよね。

このところとても有名になっているようですから、少なくともこの変わった音
を耳にされている方は多いだろうと思います。

「オーラソーマ」とか「ホ・オポノポノ」とか、いろんなカタカナ語を知らな
いと時代遅れになってしまうので、ほんとにもう大変です。(*^_^*)

ところで、このハワイの秘法といわれる「ホ・オポノポノ」ですが、ちょっと
囓ってみると、これがじつに実質的な内容のある世界のようなのです。

その意味では「オーラソーマ」と同じです。(^_-)

それで、ここでちょっとご紹介しますので、とりあえずの入り口としてご利用
ください。

これを読んでおけば、お友達との会話に「ホ・オポノポノ」が出てきても、も
う話の接ぎ穂に困りません。

今は本もたくさん出ているようですが、わたしが入手して読んだのは……。

『豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転
換』(イハレアカラ・ヒューレン/河合 政実 (著):SoftbankCreative 刊)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4797352809/oshoartunity-22/ref=nosim
という本です。

タイトルからして、いかにも最近のメインカレントですよね。

読んでみると、その世界観というのがとてもシンプルで……そして深いです。

で、「ホ・オポノポノ」というのは、もともとネイティブ・ハワイアンに伝わ
る伝統的な問題解決技法のことなんだそうです。

伝統的な「ホ・オポノポノ」は、集団で行うものだったらしいです。

あるいは沖縄の巫女ユタの人たちが行う一種の降霊術に似た社会的位置づけだ
ったのかもしれませんね。

その「ホ・オポノポノ」を“ハワイの伝統医療の専門家で「ハワイの人間州宝」
でもある故モナ・ナラマク・シメオナ女史(1913〜1992年)が独自のインスピ
レーションに基づいて、現代社会で活用できるよう新しく発展させたものが
「セルフ・アイデンティティ・ホ・オポノポノ(Self Identity Through
Ho'oponopono:SITH)」”ということだそうです。

この「ホ・オポノポノ」では、“個人一人ひとりが神聖なる存在(Divinity)」
といつでも直接つながって、「神聖なる存在(Divinity)」からインスピレーシ
ョンがやってくるとする点が最大の違い”ということだとか。

この「ホ・オポノポノ」は、いまや国際的にも非常に高い評価を受けているら
しいですね。

南北アメリカやヨーロッパで実践され、国連、ユネスコ、WHO(世界保健機
構)、ハワイ大学などで実践・紹介されているそうです。

いまでは、精神世界だけでなく、ビジネスの世界にも大きな影響を与えるよう
になってきているとか。

“「引き寄せの法則」を広く世に知らせることとなったDVD『ザ・シークレ
ット』のメイン出演者であるジョー・ヴィターリ氏が、ホ・オポノポノを「今
や引き寄せの法則をはるかに超えるもの」と絶賛”され、“日本では船井幸雄
氏が「究極の人間正常化ノウハウ」と絶賛”……ということですから、社会的
認知度はもう“折り紙つき”というところでしょうか。

ちなみに「ホ・オポノポノ(Ho'oponopono)」の「ホ・オ(Ho'o)」は「目標」、
「ポノポノ(ponopono)」は「完璧」ということで、「ホ・オポノポノ」には、
「目標を完璧にする」という意味があるそうです。

さて、やっと内容をご紹介できるところまできました。^^;

で、ホ・オポノポノの考え方は非常にシンプルです。

----------------------------------------------------------------------
 ホ・オポノポノでは世の中に起こる問題は、「潜在意識のなかの情報(過去
 の記憶)の再生」と考えます。
                 『豊かに成功するホ・オポノポノ』(p15)
----------------------------------------------------------------------

(@_@)

あっと、驚くようなお話ですよね。

しかし……なぜか直感的に信じられるというか……。

“世の中に起こる問題”というのは“過去の記憶の再生”なのだそうです。

ところが「ホ・オポノポノ」がすごいのは、その先です。

その“潜在意識のなかの情報(過去の記憶)”を、直接消去する方法があると
いうのです。(@_@)

その過去の記憶の消去方法というのに言及する前に、まず「ホ・オポノポノ」
が言うところの“潜在意識”の意味を確認しておきましょう。

----------------------------------------------------------------------
 ホ・オポノポノでいう潜在意識とは、「宇宙の誕生から今日まですべての生
 命体が経験した記憶を持っている意識そのもの」のことを指します。
 単に自分が生まれてから今日までの過去の自分の記憶のことだけをいってい
 るのではありません。
                 『豊かに成功するホ・オポノポノ』(p24)
----------------------------------------------------------------------

この意味はわかりますよね。

「ホ・オポノポノ」で言う潜在意識とは、精神世界用語でいうところの「アカ
シックレコード(アーカーシャの記憶)」みたいなものだというのです。

全宇宙の過去の記憶のことでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
 ですから、その問題の原因となっている情報を消去してしまえば、「誰もが」
 すべての問題を解決することができるのです。
 ホ・オポノポノの最もユニークな点の一つは、他人に起きている問題につい
 てもそれを消去することが可能であるということです。
 これは、おそらくほかの問題解決法にはない、大きな特徴だと思います。
 
                 『豊かに成功するホ・オポノポノ』(p24)
----------------------------------------------------------------------

これ、その意味するところがおわかりになります? (@_@)

ちょっと復習します。

「ホ・オポノポノ」の見解では“世の中に起こる問題”はすべて“過去の記憶
の再生”によって起きているというわけでした。

だとするなら、その再生される元の記憶を消去できれば、問題を解決できてし
まう理屈です。

> > ですから、その問題の原因となっている情報を消去してしまえば、「誰もが」
> > すべての問題を解決することができるのです。

なるほど。

話のつじつまは合っています。

すると、「誰もが」「すべての問題を」「解決できる」ことになる……。

うーん。(-_-;)

信じられんというか……何というか……。

急にこんなことを聞いても、ピントはきません

でも、「ホ・オポノポノ」では“個人一人ひとりが神聖なる存在(Divinity)」
といつでも直接つながって”いると考えるらしいのです。

なので、【誰かが自分の“潜在意識のなかの情報(過去の記憶)”を消去すれ
ば、それは万人の潜在意識の中から消えてしまう】ということになるらしい。

うーん。

話の筋道は理解できないことはないですが、ただ……これまでの常識からすれ
ばとうてい信じがたいような話です。

しかし、この本ではあくまでも、

----------------------------------------------------------------------
 ホ・オポノポノは、「誰もが」「自分だけで」「簡単に」実践することがで
 きる問題解決法です。
                 『豊かに成功するホ・オポノポノ』(p23)
----------------------------------------------------------------------

と表明しています。

信じる信じないはとりあえず措いておいて、ひとまず、その問題解決方法、つ
まり、過去の記憶の消去方法というのを聞いてみましょうか。

----------------------------------------------------------------------
 問題を解決するための方法も非常にシンプルです。
 「ごめんなさい(I'm sorry.)」「許してください(Please forgive me.)」
 「ありがとう(Thank you.)」「愛しています(I love you.)」の四つの言葉
 をただ繰り返して言うだけで、すべての問題を解決することができます。
 
                 『豊かに成功するホ・オポノポノ』(p15)
----------------------------------------------------------------------

なんと……。(-_-;)

ちょっと、絶句……するしかないです……。

ただ……、とりあえず(少なくとも“物理的”に)これができないという人は
いないわけです……。

それにしても、どうしてこんな簡単なことで……と理屈マインドは立ち上がっ
てきます。

その理由は、「この言葉によって、私たちの潜在意識の中にある情報は清めら
れ、「ゼロ(空)」の状態に限りなく近づいていく」からだというのです。

なるほど。

----------------------------------------------------------------------
 ここでいう「ゼロ」の状態とは、「ビッグバン以前の宇宙の始まりの状態」
 のことを指しています。
 まだ何もない状態ですから、不完全なことは何ひとつありません。
 つまり、すべてが完璧な状態にあるのが「ゼロ」の状態なのです。
 
                 『豊かに成功するホ・オポノポノ』(p15)
----------------------------------------------------------------------

お……。

“ビッグバン以前”、顕現宇宙が始まる以前の状態こそが完璧なのだと。

「ホ・オポノポノ」ではその状態のことを“「ゼロ」の状態”といい、その
“完璧な状態”に戻すことを“問題解決”と位置づけているようです。

だから問題を起こすのは、あくまでも“潜在意識のなかの過去の記憶の再生”
だというわけです。

なるほどねぇ。(-_-)

とても興味深い情報なのですが、あまり長くなりそうなので、次回と2回にわ
けてご紹介させてください。

                               pari 記


        …………○…………○…………○…………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024