TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第591f号 藤沢紀子さんASローフード(2)「秋はビーツ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:藤沢紀子さんのオーラソーマローフード
         ≪秋にはビーツでレッドのパワーチャージを≫ (2015,10/30)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山々の紅葉が美しくなりはじめる季節ですね。

自然も常に変化しつづけ、木々のグリーンがイエローを帯び、レッ
ドに変化する美しい神秘を、毎年楽しむことのできる季節です。

自然の営みも目に鮮やかに深まる秋を伝えて、空気も少し冷えてき
て、肌寒いなと感じる日が増えてくるこのごろ。

ちょっと元気が欲しいなと思う時期かもしれませんね。

そんなときに食べたくなるのが、真っ赤なビーツを使ったスープの
ボルシチです。

ロシア料理で有名なので、召し上がったことのある方も多いかもし
れませんね。

今回は、そのボルシチのローフードレシピをご紹介します。

ボルシチに必ず入る野菜は、ビーツです。

ビーツは、日本語ではカエンサイ、英語ではテービルビート、また
はビーツと呼ばれており、生のものは、まだお店であまり見かけな
いかもしれませんが、デパ地下などでは、ときどき置いてあるお店
もあるようです。

見た目は赤カブのようですが、切ると、なかまで真っ赤、レッドの
パワーがいっぱいの根菜なのです。

レッドは、私たちの第1チャクラ、肉体とつながる大切なカラーで
す。

生きるためのサバイバルのエネルギー、力強く、どっしりした波動
で、しっかりとひとりで立って生きていくための力も与えてくれま
す。

また、愛することや怒ること、拒絶などとも関連があります。

自分にとって嫌なこと、必要のないことに「NO」という力も与え
てくれたり、また、なににでも「NO」を言いたくなる質があった
り、ジェラシーを感じたり、どうしようもなく人を好きになったり
と、レッドのエネルギーは豊かで激しい感じがします。

私たちが生きるうえで、欠くことのできない大切な大地のカラーが
レッドです。

レッドが足りなくなると、無気力になったり、やる気が出せなくな
ったり、仕事もしたくなくなったり、人を好きになるのも面倒くさ
くなったりするかもしれませんね。

レッドは、大地にも関連して、土とのつながりも感じます。

私たちに命を分け与えてくれる植物も、大地から生まれます。

大地、水、光が植物にとっては、欠かすことができない命の源です。

レッドの大地から、植物のグリーンが生まれて、すべての命に栄養
をわかちあっています。

地球上の、ほぼすべての生き物は、酸素がないと生きていけません。

私たちは、意識するしないにかかわらず、植物たちから、日々大き
な恩恵を受けながらレッドの大地に生きている命です。

今回、新しく誕生した大天使カシエルのボトルに、農業との関わり
も記されていて嬉しくなりました。

正しいあり方の農業、地球にも負担をかけず、循環型で、私たちの
身体にもやさしい野菜たちを、もっと生みだしていける世の中へ、
導くサポートにもなってくれるのかなと期待しながら、自分でも、
もっと植物と触れあい、土とも仲よくしたいなと感じます。

オーラソーマのボトルには、イギリスのシャイアーファームで育て
られた貴重な植物たちのエッセンスが入っています。

とても平和的で、のどかな農場をゆっくり歩くと、植物や野ウサギ
や鳥たちとも、ハートで対話できるような瞑想的になれる場所です。

でも、イギリスまで行かずとも、近くの畑や公園、また自分のおう
ちのベランダや鉢植えの植物たちに、感謝の気持ちを伝えることで
も、じゅうぶん瞑想的に植物たちとつながることができそうですね。

私は、ベランダでたくさんの植物を育てているのですが、今年はビ
ーツにもチャレンジしてみました。

レッドとグリーンの混じった美しい葉っぱが育ってきています。

プランターでは、ビーツの収穫までは難しいかもしれませんが、大
好きな根菜のひとつです。

根が大きく、真っ赤なカブのようで、ビーツを切ると手が鮮やかな
レッドに染まります。

私たちの根っこも深く大地に伸ばし、地球とも仲よく、そして光の
身体も樹の葉が茂るように、大きく健やかに育てていけたら、とて
も嬉しいですね。

ビーツは切ると、まるで血液のようにも見える鮮やかなレッドの汁
がでますが、赤色色素のベタシアニンには、強い抗酸化力があり、
ガン予防に効果があるといわれています。

食べると血液の流れをよくするのみでなく、血管自体をしなやかに
保ち、脳卒中や心臓病の原因となる血栓も予防します。

また、天然のオリゴ糖も含まれるので、腸内環境を整える効果も期
待できます。

冷えやすくなる、これからの時期にピッタリの野菜ですね。

ローフードは加熱しないので、身体が冷えるのでは? と、誤解さ
れる方もいらっしゃいますが、食物酵素をふんだんに摂っている方
は、手もポカポカで免疫力も高く、風邪をひきにくい人が多いので
す。

カラフルな生きたレッドパワーを、ぜひ食卓からも取り入れてみて
くださいね。

材料さえ手に入れば、作り方はとても簡単ですよ。

☆Rawボルシチ☆

≪材料(1人〜2人分)≫

ビーツ、ニンジン、セロリ、赤パプリカのざく切り 合計2カップ
練り白ごま 大さじ1〜2
レモン汁  大さじ1/2
しょうゆ  大さじ1/2
塩、こしょう 少々
水     大さじ1〜2
浮き実、キャベツ、赤パプリカ

◎サワークリーム(作りやすい分量)
生カシューナッツ 1カップ(2時間浸水させる)
レモンの搾り汁  1/4カップ
水        大さじ1
セロリ荒みじん  1/2本
塩        ひとつまみ

≪作り方≫

1.ビーツは皮をむき、ざく切りに、赤パプリカは、種を取り、ざ
  く切りに、人参、セロリは皮ごとざく切りにし、材料をすべて
  ミキサーに入れてブレンドし、塩、こしょうで味を調える。
  (ミキサーが回りにくい場合は、少し水を足します)
2.サワークリーム材料のカシューナッツの水を切り、すべての材
  料をミキサーに入れて、なめらかにする。
3.器にボルシチを盛りつけ、小口に切った浮き実を乗せ、サワー
  クリームを乗せる。

☆ボルシチは、サワークリームなしでも美味しく食べられます。
☆カシューナッツは、ローストされたものでなく、生ナッツを使い
 ましょう。
☆残ったサワークリームはディップにして、野菜につけたりサラダ
 のドレッシングにどうぞ。


(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12089873167.html


       ………○…………○…………○………


藤沢紀子(Lalitya) プロフィール
プライベートローフードセラピーサロン DolphinBlueWater代表
日本リビングビューティー協会認定池袋校
AS I ACT認定オーラソーマプラクティショナー
サトルボディヒーリングプラクティショナー
エッセンシャルライフコンサルティングプラクティショナー
HP:http://www.dolphinbluewater.com/
ブログ:http://ameblo.jp/dolphinbluewater/


       ………○…………○…………○………
トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024