TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第442号 マリアさん(29)「タイムシフトとクリスタル意識」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:
       マリアさんの「タイムシフトとクリスタルの意識」 (2012,12/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさんにとって「意識」とは何でしょうか?

今回の巻頭エッセイ、マリアさんの「タイムシフトとクリスタルの
意識」を読みながら、そういう問いが浮かんできました。

意識ってなんだろう? 宇宙意識ってなんだろう?

オーラソーマのボトルには、次のように書かれてあります。

「イクイリブリアムは意識の鍵です」

オーラソーマを理解するには、この言葉が鍵になります。

マイク・ブース学長がメキシコで開催されるスピリチュアル・プラ
ネタリィサミットで行うプレゼンテーションが「色を通しての新し
い意識へのアクセス、目覚めの旅におけるオーラソーマシステムの
サポート」というテーマであることからも、それはうかがえます。

でもこのテーマは、オーラソーマに関わる人たちが、それぞれが自
分に問いかけるテーマでもあると思います。

意識とは何か?

フロイトは人間の意識に「無意識」という領域を発見しました。

そしてユングは、さらに深めて「集合的無意識」という領域を発見
しました。

仏教の教えのなかでは、唯識論では意識には前5識(五感)と意識、
いわゆる無意識のなかに末那識(マナシキ)と阿頼耶識(アラヤシ
キ)があるとしています。フロイトやユング以前に、すでに知って
いたのですね。

そしてインドの神秘家OSHOは、意識のなかには、意識の下に無意識、
集合的無意識、宇宙的無意識があり、意識の上には超意識、超集合
的意識、超宇宙的意識があるとしています。

心理学の本によると、一般的には、私たちの行動は9割は無意識に
支配されていて、1割の意識で行動しているにすぎないといわれて
います。

そうなると、怒りが無意識にある限りは、突然わきあがってきた怒
りに乗っ取られてしまったり、さまざまな感情に振り回されたり、
ある考えにとりつかれてしまったり、ということが起こります。

自分ではどうにもならないと思われる感情や思考に振り回され、そ
れらの感情や思考が自分だと思い込んでしまいます。

しかし、意識的になればなるほど、それらの無意識に乗っ取られる
ことはなくなり、気づきが広がっていきます。

それが超意識ということです。

そしてすべてのものごとに気づきが広がり、意識的になっていくと、
感情や思考に振り回されることが少なくなっていきます。

それは、今まで自分のなかにありながら気づかなかった別の意識に
目覚めていくといえるかもしれません。

気づきが広がれば、あるいは気づきが深まっていけば、より大きな
視野が広がります。より多くのことに気づいていくことができます。

宇宙的意識とはいっても、それは大それた宇宙の出来事ではなく、
日常生活の小さなものごとのなかにある。

それがオーラソーマのマゼンタのメッセージです。

宇宙の愛によって私たちは生かされ、その愛は私たちの日常生活の
なかに、私たちの出会う人たちのなかに、そしてなによりも私たち
自身のなかにあるのだから、その愛に気づいていきましょう、とい
うのがマゼンタの愛です。

いかに私たちが日常生活のなかに気づきをもたらし、愛していくこ
とができるのか。

意識ということを考えたときに、結局はそういうあたりまえのこと
になってしまいますが、意識の広大さを知ることは、いかに私たち
が日常的に限られた小さな意識のなかで過ごしているのかというこ
とに気づき、自分の意識の小ささにも気づき、でも本来の意識はと
ても広大であり、すべてを含んでいる宇宙的なものでもある、とい
う気づきにはなってくれそうですね。

私たちは内側に小宇宙をたずさえているという考えがありますが、
私たちのなかに宇宙はあるのです。

そういった、大きな意識を持ちながら、日々の日常生活を大切にし
ていきたいものです。

それではマリアさんの「タイムシフトとクリスタルの意識」、お楽
しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


もうすぐ冬至。

2012年12月21日の冬至の日は、マヤの暦が終わる日。

長期周期と呼ばれる13バクトゥン(5125年)の周期が終わり
ます。

そして、新しいサイクルが始まる、とても重要な日です。

この日を皆さんはどう過ごされますか?

☆ ☆ ☆

新しいサイクルが始まるとは、どんなものなのでしょう?

マヤ暦の世界の第一人者、ホゼ・アグエイアス博士の言葉をお借り
しますと・・・

2012年を終えると、私たちは意識の大転換期を迎える。
地球を含むすべての存在は、宇宙と同調する“宇宙意識の時代”に
向かう。

・・・とあります。

2008年に来日したホゼ・アグエイアス博士の特別講演会に参加
をさせていただいたのですが、その時は正直、難しくて解りません
でした。

ただ印象に残ったのは、“意識の進化“がすべての鍵だ、というワ
ードでした。

☆ ☆ ☆

オーラソーマのボトルには、色、植物、鉱物のエネルギーが含まれ
ています。

そのうち植物は感情に、そしてクリスタルは“意識”に働きかけま
す。

「オーラソーマのクリスタルは、私たちの“意識”を新しい時代に
同調し、そして調和するようにサポートしてくれる友として、互い
に尊重しあう関係にある」

これは、クリスタルについてマイク・ブース学長が話した通りの言
葉です。

クリスタルは、新しいサイクル、宇宙意識の時代に入るときに一緒
に居てくれる友だちなのですね。

☆ ☆ ☆

宇宙意識とは何でしょう?

それは、多次元に存在する自己が統合された“意識”だそうです。

う〜ん、難しいですね。

でもクリスタルの友だちは、いとも簡単に秘密の問題を解いてしま
います。

オーラソーマの新しいリニューアルコースであるクリスタルマスタ
ーコースが、なぜ2012年からスタートしたのか?

大きな時代のサイクルの終焉と、新しいサイクルを迎える今このと
きに、その意義が、私自身本当にわかってきました。

わかるという言葉はおこがましいですが、クリスタルコースを通し
て体験された皆さんのシェアリングをもとに、明かされてきたとい
う感じでしょうか?

クリスタルワークを体験すると、確かに時間と空間の観念が変わり
ます。

時間は宇宙のサイクル、自然のサイクルですから、自然な自分を取
り戻し、調和と不調和に対して敏感になります。

みごとなシンクロニシティのなかに存在していると感じ、喜びが溢
れだします。

そのとき、時を駆けるペガサスのように、存在の軽やかさを感じま
す。

そこに、いつもクリスタルの友だちがいるのです。

☆ ☆ ☆

冬至をはさんだ12月18日から23日の間、マイク・ブース学長
は、メキシコのユカタン地方で開催されるスピリチュアル・プラネ
タリィサミットに参加されるそうです。

20日はサミットにて、「色を通しての新しい意識へのアクセス、
目覚めの旅におけるオーラソーマシステムのサポート」と題したプ
レゼンテーションを行ない、ウシュマルでのセレモニーや、瞑想の
なかで過ごすそうです。

2012年12月21日。日本時間で20時11分37秒。

マヤ暦の終焉と新しいサイクルの幕開け。

マイク・ブース学長は、この日になにを意図するかが大切だと語っ
ています。

それが、新しいサイクルにどのようにもたらされていくのか?

ひとりでも多くの人が、そのことに意識的であって欲しいと願って
います。

私たちの集約された意識が、新しいサイクルにもたらされていきま
す。

私たちも新しいサイクルの創造に参加しているのです。

本当に大切な日です。

この日、皆さんは何を意図しますか?

私もクリスタルと共に、意識的にいようと思います。

(※こちらで画像付きで掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-11430298462.html


       ………○…………○…………○………


青山マリアいく子 プロフィール
オーラソーマ カラーケアコンサルタント・ティーチャー
リニューアル認定 クリスタルマスターコース ティーチャー
クリスタルヒーリング ファシリテーター

オーラソーマとクリスタルのサロン&スクール レゾナンス
http://resonance-light.co.jp
愛と美と祈り−マリアのブログ
http://ameblo.jp/mariaikuko
Earth*Star 巡礼─祈りとアートの巡礼記
http://maria11pilgrim.blog.fc2.com

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024