TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第651号 江尻さん(30)「愛と巡る占星術:蟹座」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:江尻貴美子さんの
   「愛とともに巡るオーラソーマアストロロジー」〜蟹座編 (2016,6/24 金)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一昨日(21日)太陽が、蟹座に入る=夏至を迎えました。

今年の夏至はスペシャルになりましたね!

≪マゼンタ≫のポマンダーが誕生しました!
http://www.asiact.org/downloads/Emails/MagentaPomander/japanese.html

1999年(コーラル)以来のポマンダーの誕生とのこと☆

私がオーラソーマと出会ったときには、すでに今のポマンダーが出
揃っていましたので、ポマンダー誕生の喜びを世界中の仲間とわか
ちあうのは、私も初体験。

イクイリブリアムボトルの誕生とは、また違った喜びで、もう、早
く、早く、日本に到着しないかな〜? と心が躍ります。



≪マゼンタ≫は「魚座」のフルスペクトルに対応しています。

私たち「個」は魚座的な「全─oneness─」の
大切な大切なワンピース(ひとかけら)であり、

私たちの小さな「個」は、ほんとうに取るに足らない存在かもしれ
ないけれど、そのどれひとつが欠けてしまっても

「全」は「全」でなくなってしまいます。

なので、
全を愛する・全(天)に向けて、愛を捧げる・・・ということは、
=小さな小さな自分自身のこれまた一つひとつを愛する・・・と同
じことになるのでしょうね。


マイクさんは、≪マゼンタ≫のポマンダーに関する最初の考察のな
かで、自分のフィールドに招き入れるとき、

「この神聖なるものを自分自身のために、

 自分自身に捧げながら、

 私は自分自身を愛し、天からの愛を感じます」

・・・と言ってみてはどうでしょう?・・・と提案されていました。


ときを超え、スペースを超えて存在するのが「全」であるならば、
その全を構成する小さな小さな点であり、
その全を旅する「個」の光、深いレベルで輝く光はゴールド。

愛とともに巡る12星座と色(光)の旅、今月は蟹座のお話であり、
蟹座に対応するフルスペクトルはゴールドです。


≪小さきことへの愛≫

取るに足らない小さき存在たる自分への愛・・・≪マゼンタ≫のテ
ーマにも

自己価値・・・ゴールドのテーマにも

どちらも共通して「自分を認める」という場面が、コンサルテーシ
ョンのハイライトによくなるなぁ、と

蟹座(ゴールド)入りとともに誕生した≪マゼンタ≫のポマンダー
の画像を見つつ、想いを馳せています。



蟹座は、スペースのテーマ・・・

自分の居場所/自分が文句なしに安らげるところ/
自分がどんな自分でもほっとできる/

そのままでOK・・・
いやいや、OKかどうかさえ頓着なく、本当にそのままでいられる
ところ/「私ってどうなの?」って思わなくてもいいところなんで
すね。

スペースって、そのまま「私」なんですよね。

「素の私」がいるところが、ほんとうの私なのです。


オーラソーマの創始者、ヴィッキー女史が、蟹座に対応させた
「B13 新しい時代の変化」(クリアー/グリーン)
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B013.html

グリーンは「スペース」というテーマも、「真実」というテーマも
あります。

そして「ハート」という色の言葉も!

蟹座には「at home」・・・ ホーム(家)というテーマもあります。

我が家はハートのあるところ。

いちばん、ほっとできている・いちばん安らげる状態にいる自分が、
真実の自分。

そこにはいっさいのジャッジなんて、まったく必要がないのですよ
ねぇ。。

どんな自分でもOKなのです。
どんな自分でも・・・OKもなにも、それが自分なのだから☆

自分の真実に、そんなにがんばる必要はないんですね。

自分の真実を認めてあげていないのは、ほかでもない、自分自身な
んですよね。。

蟹座/ゴールドが傷ついていると、

私はこれでいいの?
私はここにいていいの?
私はここにいない方がいいんじゃないか?

・・・になってしまうんですね。

自分の居場所(スペース)を疑うのです。

自分が「なにをやっても、やらなくても、そのままでいい」と思え
ない。

すると承認を自分の内側ではなく、外側から取って安心したいと思
うので、他者の視線や世間的な相場、「こうあるべし」みたいなも
のが、ものすご〜く気になってしまうようです。

私、これで大丈夫?
私、これなら「いいよ」って誰かに言ってもらえる?

その「誰か」というのも、ターゲットが決まっているようで、よく
よく省みると、ボワ〜っとした境界線のない、単なるイメージだけ
だったりすることが多いんですね。

さらに、自分じゃない他者の存在は、自分自身でコントロールでき
るものではないので、反応なんて不安定。

なにをやっていても、自分自身、自分自身が居る場所ににOKを出
せないのは、

蟹座が傷ついている・・・。

蟹座に対応するフルスペクトルであるゴールド(自己価値)が、傷
ついているような状態なのです。


どうして「そこに居ることが許されない」って思っちゃうんだろう?
どうして「ここじゃない」って思っちゃうんだろう?

今の自分だって、客観的に見たらとてもステキなのに。

理想の自分・・・いやいや、そんな自分に優しい表現じゃない。
「あるべき自分」を高〜く掲げて、そうでない今の自分を過小評価
して、いじめては・・・いないかな。

自分が今いるそのスペースを愛さずに、ジャッジだけする。
いつの間にか、ステキなはずの向上心が、痛くて悲しい自分を痛め
つけるだけのハートになってしまっている。。。

大丈夫かな、みんな・・・?
大丈夫かな、私・・・? 胸に聞いてみる。

「今の私」は、私に、しっかり愛してもらってる?



蟹座の支配性は月。

月は「母」のテーマも持っていますし、年齢域では、その母から出
てきて、母から徹底して愛され守られる「乳幼児期」を司るんです
ね。

なにもできない赤ん坊。

オギャーオギャーと泣き、まわりの人たちの手を焼くことしかでき
ない存在。

それでも無条件で しっかり守られ、愛される。

無自覚に無意識に(赤ちゃんは考えられませんものね)そんな経験
を体得してこれた人たちは、理屈抜きに当たり前のように

なにをやっていても、なにができなくても、
「私って存在はOK」と、自己肯定・自己受容ができるようです。

そして、そこから思いきり生きることができるんですね。

失敗してもいい。傷ついてもいい。
失敗したところで、自分の価値はなくならない・・・という根拠の
ない安心感が、無意識の奥〜に備わって、その「存在としての安心
感」が生きていく力の土台(底力)となっているんですね。


おもしろいですよね。
根拠のない安心感ほど、確かなものはないなんて。

安心感に(外側の)根拠を求めるほど、不確かさに怯えることにな
るなんて。


底力となるのは、ただただ 自分の光を、「自分」という小さいな
がらも、不器用ながらも、一生懸命輝いている光の価値を、瞬間、
瞬間、そのまま受け入れ、どれだけ単純に愛するか「だけ」にかか
っているようなのです。

小さな自分を愛せて・・・いるかな?
素の自分を愛せて・・いるかな?


今年の夏至は、
この2つの光がスパークしたように想えたひとときでした。

(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12173857912.html


       ………○…………○…………○………


† Psyche †(プシュケ)
江尻貴美子(えじりきみこ) プロフィール
http://psyche-as.com/profile.htm

英国オーラソーマ社公認ティーチャー(レベル2)
日本心理学会 認定心理士
日本トランスパーソナル心理学会会員
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
タロット歴25年以上、占星術歴10年以上
HP http://psyche-as.com/as_s8.htm
Blog http://ameblo.jp/ayura-psyche/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024