TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第213号 オーラとチャクラとオーラソーマ(6)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.オーラとチャクラとオーラソーマ その6 喉のチャクラ ブルー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍「サトルボディヒーリング」が、いよいよ出版されますので、 あとはそ
の本を読んでいただければ分かりますので、その紹介を兼ねた今回のシリーズ
は、これで終わりになります。

その前に、少しお知らせです。

7月末発売予定の「スターピープル」誌Vol.26に、リーラとプラサードのイン
タビューが掲載されます。(ナチュラルスピリット社刊)

そこでは紙面の関係で、一部のインタビューしか掲載されていません。
そこで、ユニティインスティチュートでは、ホームページに新たに、リーラ、
プラサード、アルヴィナのインタビューの全文を掲載したページをつくりまし
た。

今年から新たに開催するプログラム「天命を生きる」について、「サトルボデ
ィヒーリング」についてなどのインタビューも掲載しています。

http://www.unityinstitute.jp/interview/

「天命を生きる」のインタビューから、一部をご紹介します。

プラサード:「“引き寄せの法則”の秘密」では、私たちは人生での創造方法
に関する5つの主要素を教えます。成功している人びとはこれらの主要素を理
解しています。

第一の原則は、私たちの意識の状態が、自分が引き寄せるもの、自分の知覚方
法、そして人生での振舞い方を創造することです。

第二は、自分が注意の焦点を合わせるものが、私たちが得るものだということ
です。

第三は、感謝が受け取る能力を開き、創造のプロセスを加速することです。

第四の原則は、自分のより深い本質、自分の長所、天賦や才能、他者との関係、
自分の状況、人生で自分がもっているものを尊重することです。これによって、
私たちは自分にとって本当に重要なものと接触することができます。それらを
大事にすることによって、自分が進みたい方向性や、取るべき手順の優先順位
が明確になります。

第五の原則は、私たちは自分の人生に責任があるということです。これが意味
することは、創造的な人生の流れを堰き止めている不平、恨み、罪の意識、被
害者意識を、私たちは手放さなければならないということです。

私たちはこれらの原理をシンプルで体系的な方法で示して、容易に理解でき、
自分の人生で実際に使えるように提供します。私たちはまた、自分自身につい
て、限界のある考え方から、自分の本質に中心をすえた、より拡大した意識状
態のなかにとどまることにシフトする方法を提示します。


続きはこちらをご覧ください。

http://www.unityinstitute.jp/interview/index.html

http://www.unityinstitute.jp/interview/interview2.html

「天命を生きる」のコースでは、多くの資料やテキストも用意し、実際に自分
の人生で実践していきながら、結果を出していくことができるようにサポート
していきます。

サトルボディヒーリングで学ぶことは人を癒していくとともに、自分自身を癒
していくことのできるメソッドです。

それは、オーラとチャクラ、精神的なレベル、エネルギー的なレベルのヒーリ
ングですので、人生全般に影響をおよぼしていきます。

どのように?

それは「サトルビディヒーリング」の本をお読みくださいね。

http://oshoartunity.com/mail/orderform.cgi

チャクラを開いていくことによって、その人の潜在的可能性を開き、ユニーク
で創造的な人生を生きていくことのサポートになりますし、バランスを回復す
ることによって、より自然で豊かな人生が可能になっていきます。

それがオーラソーマでもやろうとしていることですし、オーラソーマのプロダ
クトは、それらをエネルギー的にサポートしていくものです。

「サトルボディヒーリング」のトレーニングで学んでいることも、その人のユ
ニークな才能の発見と、自分自身のユニークさを生きていくこと、より大いな
る存在とのつながりや、自分の内側の大いなるガイドとのつながりを発見して
いくプロセスでもあります。

http://unityinstitute.jp/subtlebody.html

https://oshoartunity.com/cgi-bin/booking.cgi?code=080801-03Le_Ac_f

オーラソーマでは「ヒーリング」という言葉を使わないようにしていますが、
ここでいうヒーリングとは、本来のバランスを回復し、本来あるべき自然な状
態、健康的な人生を生きていくということで、特別な状態や超能力を開発しよ
うというようなことではありません。

それは、誰しも本来備わっている能力であり、才能があるので、そのような忘
れてしまっている自分自身を再発見していくプロセスでもあります。

先日神戸で行われたオーラソーマの人たちのコース「直感的知性の目覚め」を
受講された人たちからも、このコースを受けることで、次のような結果を得た
との感想がありました。

「自分を、直感を信頼することの楽しさ」「直感を許すことはあるがままの自
分を許すこと」「すべてが流れている、すべてがつながっていること」「自分
の中に直感が存在しているという実感」「自分自身に対する信頼、自信」「自
分の直感をもっと信頼していいんだと再認識できた」「直感が自分にとって身
近に感じられるようになりました」「解放感、思考のパターンに新しい方向性
ができました」という感想をいただいています。

このコースに参加することで「新しい世界と自分の可能性」「ヒーリングと愛」
を得ることができたという人や、自分の中心に入ること」「シンクロニシティ
を感じることができるようになった」という人たちもいます。

このコースは8月15日から17日に東京でも開催されます。

http://oshoartunity.com/unityinstitute/

子供はみんな直感を持っていますし、知性と知恵を持っています。でも日本の
学校教育や、左脳ばかりの教育を受けることの中で、そのような直感を忘れて
しまいがちになっているようです。

オーラソーマでは、左脳と右脳のバランス、直感を信頼することの大切さを教
えています。

直感を働かせるには、それを思い出すことが必要で、それを信頼することが大
切です。

それには、それを思い出すことのできる環境、それを信頼してもいいのだとい
う体験が必要なのです。

「思い出すこと」

それだけなのです。

ヒーリングの能力。それも誰しも持っているものでもあります。

自分の肉体・・・それ自身にヒーリングの能力が備わっています。ある意味で
は、さまざまな病気と思われている現象は、身体が本来のバランスを崩してし
まったので、それを回復していこうという肉体自身に備わっているヒーリング
のプロセスなのです。

風邪を引くと熱が出て、食欲がなくなったり、身体がだるくなって動けなくな
ったりしますが、それも肉体が本来の状態に戻るために必要なことなのです。

肉体の敵となる細菌が入ったので、それを排除するために熱が必要であり、体
内でのヒーリングのプロセスの中で発熱し、食べ物を食べることにエネルギー
を消耗しないように、白血球が働きやすくなるために食欲もなくなり、身体を
休める必要があるので、身体も動かしたくなくなるわけです。それをサポート
してあげることで、本来のヒーリングが起こり、癒されます。

手術や薬も助けになりますが、本当に癒しているのは、肉体自身が持っている
命のヒーリングの力なのです。

同じように自分自身をヒーリングしていく能力、他の人をヒーリングする能力、
サトルボディのヒーリングの能力も、それぞれのユニークさのなかに眠ってい
るものであり、それを再発見していくことがサトルボディヒーリングなのです。
そのプロセスの中で、自分の天命や人生の使命、才能にも気づいていくことも
できます。

先週、神戸でサトルボディヒーリングのレベル2のパート1のコースが開催さ
れました。

http://unityinstitute.jp/subtlebody.html#2

「カルマを解放する」というテーマだったのですが、オーラソーマでは、「セ
ラピスベイ」(http://aura-soma.co.jp/products/equi/B054.html)が、カル
ミックアブソリューションという言葉で象徴されるように、カルマの浄化や解
放の作用があるとされていますね。

カルマと言っても、それは特別なことではなく、過去の時間がエネルギー的に
凍ってしまっている状態なのですね。それがエネルギー的に滞った状態を作り
出し、精神的、感情的、身体的なところに影響を及ぼすことがあります。

でも、それらのエネルギーは、もう枯葉と同じで、その人にとっては必要でな
くなってしまっているエネルギーなので、そのことに気づきをもたらし、その
エネルギーを解放していくことで、本来の自然なエネルギーを取り戻していく
ことができるわけです。

それは愛とシンクロニシティの中で行われます。
ヒーリングというのは、そこに愛をもたらしていくことなのです。
愛がヒーリングをもたらすのです。

サトルボディヒーリングで学ぶヒーリングは、どのようにして、その人のヒー
リングを必要としていることに、シンクロニシティのなかで愛をもたらしてい
くのか、ということを学んでいきます。

そのプロセスの中では、自分の中心に定まること、ハートのスペースにいるこ
と、エッセンスとつながっていくことを学んでいきます。

そこでのヒーリングについては、参加者の体験としてこのような感想が寄せら
れています。

「中心とつながる感覚があり、自己を越えた気づきとつながり、セッションを
していくときにも、自分を超えた何かとつながった感じがして、自分がセッシ
ョンをしているというよりも、何か自分を超えたものから起こっている感じが
した。存在に対する信頼を感じた。相手をヒーリングしていることは、自分を
ヒーリングしているんだということを体験した」

「過去生によって自分を限界づけている自分の思考パターンを理解することが
できた。これらのパターンを解放することで、自分の意識が拡大していくのを
感じた。自分の瞑想のスペースが広がり、今ここにいることのリアルな感覚を
体験した」

過去生からの解放というのは、自分の過去の体験によって自分を限界付けてい
るパターンからの解放でもあるのです。

では、今回のチャクラとオーラソーマは、第5のチャクラ。喉のチャクラです。

オーラソーマのチャクラセットでは、ブルー/ブルーの2番のボトルです。

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B002.html

http://aura-soma.co.jp/products/equi/specialset/chakraset.html

色はブルーで、喉に位置します。

キーワードは、信頼、創造性、理解、コミュニケーション、信念、などと関連
します。

このエネルギーに滞りがると、「選択の余地がないと信じる」「過去の条件付
けに従って生きる」「意志を伝達し、自分自身を表現することが難しい」「自
分自身や人生を信頼しない」創造性がブロックされる」「考えすぎ」「限界の
ある狭い思考と展望やヴィションが持てない」というような症状となって現れ
がちです。

このブルーに関連して、オーラソーマでは「権威との葛藤」という色の言語で
表現されます。

なぜでしょう?

それは、ブルー、喉のチャクラは信念の構造と関連しているからです。

信念というのは、父親や教師、社会によって形成され、教え込まれたりしてい
るわけですが、そこのエネルギーに滞りがあり、それが外側に投影された場合
に、外側の権威との葛藤になりやすいわけですね。

この喉のチャクラに対応するブルーというのは、オーラソーマでは「汝の意思」
という言葉に象徴されるように、大いなる意思、宇宙の意思が表明されるとこ
ろであり、それは宇宙の創造性を現します。

そこから「創造性」ということが生まれてきます。

本来、このエネルギーが流れているときには、自由に自分の人生を創造してい
くことの可能性があります。

しかし、同時に、この喉のチャクラは最初の4つのチャクラとサトルボディの
「霊的遺伝コード」を含んでいます。

生物学的に、遺伝子というものがあって、そのDNAによって、身体の特徴な
どがプログラムされていますね。

チャクラやサトルボディのDNAはここに、喉のチャクラにプログラムされて
いるわけですね。言ってみれば、その人のアカシックレコードの記録が、この
喉のチャクラにあるとも言えます。

オーラソーマでは、生まれる前の人生の青写真はソウルスター、第8のチャク
ラのマゼンタの領域にあると考えられていますが、生まれてからはこの喉のチ
ャクラにあるリングに蓄えられていると考えられるわけですね。

この詳しい構造と説明については「サトルボディヒーリング」の本を参照して
もらうとして、この第5のチャクラが自然で健康な状態の時には、これらの喉
にある5つのリングは柔軟性があり、回転し、振動しています。

このようにこれらの喉のリングが自由な状態にあるときには、それらのリング
にある情報や可能性のすべてに、柔軟にアクセスすることができるので、何が
起こっていても、その瞬間瞬間、新鮮にクリエイティブに応答できるわけです。

古い習慣的な考えやパターンにとらわれることなく、自由に選択し、変化して
いくことができます。それが第5チャクラの「創造性」ということであり、個
人の自由であることの可能性へと開いていくことができます。

ところが、この喉のチャクラのエネルギーパターンに滞りがあり、流動性を失
うと、選択と柔軟性が大きく制限され、その結果、人生は変えることができな
い、固定したものだという態度になってしまいます。そうすると新しい可能性
への選択をすることもしないで、人生は変化する可能性はないのだと思い込み、
決まりきった考え方や習慣のパターンにとらわれてしまいます。

そのパターンに変容を起こすためには、エネルギー的なレベルでの変容をもた
らす必要があります。つまりサトルボディのエネルギーパターンを癒すことに
よって、私たちの心理や行動に、肯定的で、創造的な変化をもたらす「変容の
錬金術」となりうるのです。

これが喜び、満ち足りた、意識的な人生への道を開いていく可能性を開くので
す。

     尚 記



トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024