TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第558w号 石黒寛子さん「ASと創造性」(20)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:石黒寛子さんの
       「オーラソーマとクリエイティビティー」vol.20 (2015,3/11)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の石黒寛子さんの「オーラソーマとクリエイティビティー」の
ボトルは52番と53番と54番のマスターボトルのシリーズ。
http://aura-soma.co.jp/products/equi/specialset/master.html

マスターボトルのシリーズは、50番のペールブルーからはじまっ
て、51番のペールイエロー、そして今回の52番のペールピンク、
53番のペールグリーン、そして54番のクリヤーのセラピスベイ
につながっていきますが、その順番には意味があるのです。

50番のペールブルーは、オーラソーマの色の言語では「汝の意思」
を表しますが、「out of blue」という言葉があるように、「どこか
らともなく」、未知の領域からものごとがはじまります。

そして、次に51番のペールイエローはブルーの汝の意思、天の意
思に対して、「個人の意思」をオーラソーマでは意味します。

次の52番はペールピンク、レッドに光が入った色であり、天の意
思から個人の意思にまで降りてきた光が、大地に根を下ろします。

エネルギーは天から個人を通り、大地へと降りたあと、今度は上昇
に転じます。

その天の光は、愛のピンクのエネルギーとなって、ハートのグリー
ン(53番)を通して表現されていきます。

ブルー(50番)、イエロー(51番)、レッド(ピンク)(52番)
の三原色は、ハートのグリーン(53番)を通して統合され、クリ
ヤーな光(54番のセラピスベイ)となります。

このように、マスターボトルの順番は、その色を通して、エネルギ
ーの流れが現れていると見ることができるのです。

不思議なことに、ブルーのボトルとイエローのボトルに光を通すと
レッドになります。

加法混色である光の三原色は赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)
でできています。

そして、ブルーの絵の具とイエローの絵の具を混ぜると、グリーン
にもなります。

このように、赤(Red)、黄(Yellow)、青(Blue)、緑(Green)、
白 (Clear、white)というのは、光と色の原理としても密接な関係
にあるといえます。

このマスターボトルについての詳しい解説は、マスターボトルの流
れを解説した小冊子「マスターシークエンス」がとても参考になり
ます。
http://aura-soma.co.jp/products/publication/booklet.html

それでは、石黒寛子さんの「オーラソーマとクリエイティビティー」
vol.20を、どうぞお楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


こんにちは。

クリスタルラインおとはなの寛子です。

先日、河津桜を見に行ってきました。

毎年、卒業や入学、就職などといった、多くの方がなにかこれまで
の親しんだ環境から、新しい世界へと歩みはじめるこの季節に、全
国各地を順々にピンクの桜が日本を彩りますね。

オーラソーマにおいても、B11はゲートを表すボトルでもありま
す。
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B011.html
コースのときなども、グループのはじまりに調和をもたらすために、
ピンクのポマンダーが最初に使われたりもします。

「はじまり」のときというのは、私たちはとても繊細になります。

ワクワクしたり、ドキドキしたり、ある種の期待や予想のなかにあ
ることが多いかもしれません。

不安や緊張といったものもあるかもしれません。

そしてそれらは、私たちがこれまで携えてきた古いもので、これか
らはもう手放していってよいものかもしれませんし、もしかしたら、
もっともっと洗練されて、磨かれて、ギフトとして花開いていくも
のかもしれません。

「そこにあるものがたとえなんであれ、
 ただそこに在ることを愛しむ」

もし、それができたなら・・・。

私たちには、きっと恐れるものがなくなるでしょう。

なぜなら全部とお友達になってしまうのですから。

「親切な眼差しで、自分のスターを見てあげましょう」と、よくマ
イクさんは言います。

「厳しさ」を、私たちは、ずいぶん上手に使いすぎますね(笑)

無意識でいると、そっちの方が得意なので、ついそれをしてしまい
がち。

だから、意識的に「親切な」眼差しにシフトしてあげる機会が、そ
こにあります。

やさしさ、親しみやすさといった、B11のボトルのタロットは
「Strength」ですね。
http://artbeing.com/aura-soma/reading/tarot-B011.html

シェイクカラーはペールピンク。
無条件の愛。

与えることがただただ喜びであり、それは、つきることなく内側か
ら湧いてくるものであり、外側から得ようとすることから解き放た
れ、いつでも自由で、みなぎるなにかがあります。

自分の価値を推し量ろうとしてしまいがちなときこそ、どれほどの
愛がすでに私たちのなかにすでにあるか、それに気づくことができ
るでしょうか。

そこに、ご自身の光を見ることを、自分に許すことができるでしょ
うか。

実は、むしろそこへ至るまでのあらゆるステップ。

時として、まるでそこから遠ざかっているようにすら感じるときで
さえ、そのすべてに寄り添うことが簡単にできてしまう色彩・・・。

これもピンクのエネルギーの特質かもしれません。





それでは今回も、イクイリブリアムボトルたちの声に、アートを通
して耳を澄ませてみましょう。

前回の続きのボトルからです。

ちょうどペールピンクからです。^^


B52(ペールピンク/ペールピンク)『レディナダ』
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B052.html

愛しさのゆりかご。
やすむとき。
手放されゆくものたち。


B53(ペールグリーン/ペールグリーン)『ヒラリオン』
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B053.html

それはやってきて。
そして行われる。


B54(クリアー/クリアー)『セラピスベイ』
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B054.html

唯一の。


(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12000133331.html

(B111までのその他の作品はこちらですべてご覧いただけます。
 http://clo.strikingly.com/#inspiration

※ボトルのインスピレーションアートについての各コメントは、あ
くまでも個人の体験による洞察です。色彩の言語やボトルの意味な
どに、特に関連づけることなく、やってくるものをそのまま表現し
ています。


       ………○…………○…………○………


「クリスタルラインおとはな」
   〜 Art & Crystal & Aura-Soma ☆ School & Salon
石黒寛子(いしぐろひろこ)プロフィール
http://clo.strikingly.com/#profile

最新情報Check♪
http://ameblo.jp/hirokoishiguro/entry-11972190714.html
HP:http://www.hirokoishiguro.co/
サロン:http://www.libert.co/
Blog:http://ameblo.jp/hirokoishiguro/
Facebook:https://www.facebook.com/crystallineotohana
Twitter:https://twitter.com/HirokoIshiguro
WEB SHOP:http://clo.buyshop.jp


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024