TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第597w号 ルミエーラさん「美と癒しの楽園」(25)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:ルミエーラ叶朋佳さんの
         「美と癒しの楽園 by オーラソーマ」Vol.25 (2015,12/9)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ビーマーライトペン」というのは、ペンシル懐中電灯の先に、オ
ーラソーマのイクイリブリアムの入ったバイアルをつけて、光を当
てる療法です。

このビーマーライトペンが開発される前は、映写機の前にオーラソ
ーマのボトルを置いて、部屋を暗くして、ボトルを通した光を浴び
るというような工夫をしていた時期もありました。

オーラソーマでは、ボトルの液体を身体に塗ることで、その色のエ
ネルギーと、ハーブやクリスタルのエネルギーを身体に取り入れま
すが、ビーマーライトペンは光を通して、イクイリブリアムの光を
身体に施します。

オーラソーマビーマーライトペンが誕生する前から、友人の間では
ドイツのピーター・マンデルが開発した、カラーパンクチャーが流
行っていました。

オーラソーマティーチャーの黒田コマラさんも、オーラソーマに関
わる前にはカラーパンクチャーのプラクティショナーをされていま
したし、友人の医師2人も、病院勤めを辞めて、カラーパンクチャ
ーによる治療に職業を変えたぐらいです。

キルリアン写真の診断と組み合わせて、色と光のカラーライトを経
絡などに当てることで、細胞から心理、感情などのさまざまなレベ
ルに働きかける療法です。
http://is-inter-web.com/color/outline.html

非常に複雑な知識体系があり、学ぶにもかなり膨大な資料と体系が
ありました。

それに比べると、オーラソーマのビーマーライトペンは、考え方も
学び方も、またその療法においても、オーラソーマの考え方をベー
スに、シンプルで学びやすくできています。

私もロバートからギリシャのクレタ島でビーマーペンのコースを受
けたことがあります。

それでは、ルミエーラ叶朋佳さんの「美と癒しの楽園 by オーラソ
ーマ」Vol.25『〜時代が追いついた? もうひとつのオーラソー
マ〜オーラソーマから生まれたビーマーライトペン』を、どうぞお
楽しみください。

すてきな一日を。
Have a nice day!

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


『〜時代が追いついた? もうひとつのオーラソーマ〜
        オーラソーマから生まれたビーマーライトペン』

ビーマーライトペンは、オーラソーマから生まれたカラーライトヒ
ーリングのシステムです。

1990年代後半に生まれ、マイク・ブースさんから数名のティー
チャーに渡され、研究がなされました。

イタリアにおける最初のオーラソーマティーチャーであり、マイク
さんからビーマーライトペンの研究を依頼されたガラドリエル・フ
ラミニさん(通称ガーラさん)と、Dr.ロバート・ハシンガーさん
によって1990年代からイタリアをはじめ、多くの国で、ビーマ
ーライトペンの講座が開講されてきました。

ガーラ&ロバート両先生によるビーマーライトペンの講座は、ここ
数年、定期的に日本でも開講され、また今年9月にはシャント・ド
ロシー先生による講座も8年ぶりに日本で開講されるなど、このと
ころビーマーライトペンにふたたびび脚光が当たっているようです。

私が初めてビーマーライトペン(以下BLP)を体験したのは、
2004年でした。

2回目は2011年で、この連載の4号でもレポートさせていただ
きましたが、今思えば、この2回のトリートメントが私のなかの、
なにかをスイッチオンしたと思います。
http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-10860238236.html

オーラソーマは意識の成長のためのシステムですが、オーラソーマ
から生まれたBLPも同様であり、両者の違いは“スピード感”か
もしれません。

オーラソーマのコンサルテーションを受け、イクイリブリアムを使
うプロセスでは、肌にオイルを塗り、触れる慈しみの実感を伴いな
がら、ボトルの最後の一滴を使い終わるまで継続して、じっくりと
オーラソーマの恩恵を受け取っていくことができます。

BLPは、イクイリブリアムのエネルギーを、ライトペンの光を通
して身体に照射していくため、その働きかけは非常にスピーディで
す。

ライトを当てはじめた瞬間から、わずか数10分のトリートメント
で、全体に光が満ちわたり、軽やかになっていく感覚があります。

2004年に、私に最初のBLP体験をさせてくれた友人は“BLP
はすごくいいものだが、理解してもらうのが難しい”と言っていま
した。

私たちのように、日ごろオーラソーマを学ぶなかで「色と光が意識
の成長をもたらす」とわかっていても、その当時は、まだ私自身も、
光(の情報)を身体に直接当てるというアプローチより、色彩メッ
セージや、ボトルの情報を学ぶ方が気づきにつながり「意識の成長」
になると思っていました。

しかし、2011年に体調を崩した時期に、ふたたびセッションを
受けて、すべての側面で、深くエネルギーチャージされた体験をし、
私もいつかBLPを習ってみたいという思いが募っていったのでし
た。

その翌年、ガーラ先生の教えるBLPコースが、日本で開催されて
いることを聞き、二つのことで驚きました。

ひとつは、BLPのコース自体が日本では長年開講されておらず、
幻のコースと化していたのに、ふたたび日本で受講できるというこ
と。

そして、もうひとつは、リビングエナジー4号の来日インタビュー
(1999年)で、ビーマーライトペンの先駆的ティーチャーとし
て紹介されていたガーラ先生が教えるコースだということでした。
http://artbeing.com/cd_book/aurasoma1/LE04.html

こうして、最初の体験から9年の時を経て、やっとBLPのコース
受講にたどりつけたのでした。

コースを受講してから、しばらくは主にセルフケアのためBLPを
使っていました。

2013年から今日まで、一連のBLP講座の受講期間には私自身
もいろいろな人生のプロセスがあり、その間、BLPによるセルフ
ケアや受講仲間との交換セッションが、どれほど助けになったかは
語りつせないほどです。

BLPが他のカラーライトヒーリングと一線を画すのは、繰り返し
になりますが“バイアル(光を通すガラスカプセル)のなかに、オ
ーラソーマのイクイリブリアムの中身がそのまま入っている”とい
うことです。

オーラソーマの美しいカラーボトルのなかには、地球が与えてくれ
ているすばらしい恩恵が入っています。

クリスタルや宝石の最もポジティブなエネルギー、錬金術的手法で
得られるスパギリックティンクチャーとしてのクリスタルのエッセ
ンス、バイオダイナミック農法で育てられたパワー溢れる植物たち
のエキス、英国の聖地グラストンベリーのチャリスウイルの聖水の
バイブレーション。

それらがオーラソーマ社の敷地から溢れる生きた水(湧水)と、ピ
ュアなオイルのなかにぎゅっと凝縮されています。

また、それだけでなく、この115種のボトルたちは、地球に必要
な個々の異なるエネルギーとして生まれてきています。
(名前がボトルを表しています)

BLPで使用する色のツール(バイアル)には、地球からオーラソ
ーマにもたらされた、すばらしい恩恵が、そのまま閉じ込められて
いるのです。

・・・続きの記事は、写真とともにブログにて掲載。
こちらからごらんください↓
http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12104328796.html


       ………○…………○…………○………


◆ビーマーライトペンジャパン
http://blp-japan.jimdo.com/

※レベル1は日本人講師により随時開講。レベル2〜3はガーラ先
生により開講され、オーラソーマ社認定リニューアルコースとなっ
ております。


◆ルミエーラ叶朋佳(ともか) プロフィール
オーラソーマスクール Love&Lightラボラトリィ
                  (東京メトロ外苑前)
AS I ACT認定オーラソーマティーチャー(T3)/
                  カラーケアコンサルタント
英国オーラソーマアカデミー認定資格講座(レベル1〜3/PPS)
ビーマーライトペンティーチャー(レベル1)


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024