TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第408号 黒田コマラさん(8)「ツァフキエルは語る」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:黒田コマラさんの「ツァフキエルは語る」 (2012,04/25)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ののエッセイで取り上げている「B107 大天使ツファキエ
ル」は、このボトルです。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B107.html

みなさんはコマラさんからの問いかけ、「ツァフキエルの語り」に
ついて、どのように考えられるのでしょうか?

外側の世界というのは常に二元的で、矛盾に満ちた、相対的な世界
です。

私たちはこの肉体を持ち、目に見えることの世界を生きているかぎ
り、この外側の世界を避けて通ることはできません。

真実があれば嘘があります。

しかし待機説法、嘘も方便という仏陀の教えがあるように、相対的
な世界では嘘も方便として役立つこともあります。

愛があれば憎しみがあります。
愛憎という言葉があるように、外側の世界では表現は違っても、実
はそれらは同じひとつのエネルギーの表現でもあります。

平和があれば戦争があります。
平和運動をしながらそこで争いが起こったり、平和を求めるはずの
戦争反対運動が闘争運動になったりしています。

しかし、外側の相対的な世界とは異なり、内側の深い内面の世界、
本質の世界では真実は真実として存在し、愛は愛として存在してい
ます。

さらに中心ではすべてがひとつです。

その内側の真実に至る道が瞑想であり、内なる愛に至る道がハート
の道でもあります。

その内側の魂、内なる本質を鏡のように映し出してくれるもの、そ
れがオーラソーマカラーケアシステムといえるのかもしれませんね。

その内なる世界とつながりながら、外側の世界を生きていくこと。

そのひとつの手がかりがオーラソーマでもありますね。

ユニティインスティチュートでの「本質を生きる」のコースは、い
かにして、その本質とつながりながら、この外側の現実の世界を生
きていくのかという法則を学ぶ機会でもあります。
http://unityinstitute.jp/livingyoudestiny/

それでは、黒田コマラさんの「ツァフキエルは語る」をお楽しみく
ださい。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


「ツァフキエルは語る」

今日はB107の大天使ツファキエル(オーパレセントターコイズ
/ディープマゼンタ)の話を少ししましょう。

このボトルに関してオーラソーマシステムでは、こんな風に語られ
ます。

「真実と愛の融合

 真実は独り歩きをしがちです。
 そして真実は他の真実と出会うと、「真実の名」のもとに
 葛藤を起こし、暴力を行使し、戦争を起こします。

 愛はとり残され、真実が愛と共にあることが必要であることを
 真実が気づくまで、愛は辛抱強く待っています。

 愛だけが独り歩きをしても溺れてしまいます。

 真実と愛は共に歩く必要があります。
 そのとき新しい可能性が生まれます」


私は子どもの頃にものごとをはっきり言うので
まわりから女の子らしくないと言われたものです。

そして少し大人になって、「心優しくだましてください」という、
ある女性の詩に出会って、真実と愛の関係について考えはじめまし
た。

そして今、思うことは、私たちが表面的に生きていると「愛が真実
に取り残さる/愛に溺れて真実が見えなくなる」ことがあるかもし
れませんが、自分の中心につながっていると真実と愛は、葛藤する
ことなく共に歩くことができます。

真実も愛もすでに自分の中に存在している本質です。

真実は愛に明晰性を与え、愛は真実にくつろぎを与える・・・
まるで陰陽の関係のようです。

ありのままを受けいれてみると、本当の真実が見えてくる。

そして真実に向きあうと、愛という名のもとに、ある幻想が消えて
いく。

ツァフキエルはターコイズの個性化のプロセスをレスキューします。

自分への旅をすることは、集合的なものへのつながりです。

ツァフキエルの語りをみなさんはどう思いますか?


       ………○…………○…………○………


黒田コマラさんプロフィールはこちら
http://aura-soma.jp/workshop/teachers.html

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024