TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第28号 サトルアナトミー(1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1. サトルアナトミー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サトルアナトミーって言われても、オーラソーマのコースを受けていない
人にとってはなんのことかわかりませんよね。

微細解剖学。
超微細な身体(サトルボディ)、の解剖学(アナトミー)。

微細な身体というのは要するにこれまでにもあちこちに登場してきたチャクラ
やオーラのことです。

オーラソーマのいろんなことの理解には、これらの理解がなくては十分には理
解できません。

これらの理解がオーラソーマの理解を深める助けになってくれます。

しかし、身体を解剖してもチャクラやオーラが見えるわけではないので、
解剖学といっても、そういうことの構造、つまりは微細なエネルギーの流れ
や様子を詳しく見ていく、というような意味です。

オーラソーマではビッキーさんとマイクの経験に基づいたサトルアナトミーが
あり、チャクラやオーラの構造と基本的な枠組みは似ていますが、ソウルスタ
ー、インカーネショナルスター、アーススターなどの独自の概念と要素があり
ます。

人間の肉体の解剖学的構造にしたって、それが一般に詳しくわかるようになっ
てきたのはそう古いことではありません。

レオナルド・ダビンチなどは墓を掘り起こして人体を研究したぐらいですし、
日本で人体の解剖図が知られるようになったのは、江戸時代の蘭学事始めぐら
いからでしょう。

しかしヨガの体系とか、そういう瞑想をしていた人たちのなかでは、もっと古
くからチャクラやオーラというサトルアナトミーについては語られてきていま
すし、よく知られています。

しかしそれらの構造や状態、色についてはかなりの普遍性と共通性があり、あ
る程度の霊的能力があったり、瞑想などの一定の意識状態のなかでは、見える
人には見える、ってことでもあります。
しかしそれらは肉体の解剖図のように、すべてが客観的に同じ、というわけで
はありません。

例えばヨガの体系ではチャクラの数は一般に7つとされていますが、3つだと
いう流派があったり5つだという流派があったり、その他、それらのチャクラ
の意味や色や内容にもいろんな多様性があります。
ちなみにオーラソーマでは8つのチャクラがある、としています。

それらの関連する色とか意味、内容についてもそれぞれの流派で若干異なって
いたりします。

ですからこれらを知識で覚えようとしても混乱するだけですし、意味がありま
せん。
逆に、そういうことを信じ込んでしまうと、自分でそういうことを感じて体験
していくに際してはじゃまになったりもします。

そういう先入観や知識を信じ込んでしまうと、実際に自分が体験したときに素
直に自分の体験を探求することができなくなるからです。

そういうものごとは本来の性質からして主観的要素を含むものなのです。
しかも、それらの主観的体験に固執すべきものでもありません。
固執してしまうと、それが障害になったり、それ以上の成長を妨げてしまった
りもします。

それを禅では、魔境と言われたりしています。

ですからこのような精神的な探求やいわゆるスピリチャルなことにおいてマス
ターが必要とされたのは、そういういろんな障害の中で道に迷ったり、そうい
う主観的体験に固執したりとらわわないためでもあります。

しかしマスターがいたって道に迷う人は道に迷うし、いなくたってそういうこ
とは探求することはできるでしょうし、探求している中で必要が生じたときに
必要なことが起こるようなので、マスターとかということにもこだわっても仕
方がないと思います。マスターがいなければ天使っていうこともあるわけです
し・・・

とまぁ、いろいろ書いているうちに話しがどっかに迷いそうになっているの
で、話しをもとにもどすと、要するに、こういうことについては単なる仮説と
して参考にする程度でいいでしょうし、それらのサトルアナトミーの概念もだ
いたいの道案内、ガイドラインぐらいに考えておくといいでしょう。

これは今後おそらく書くことになるであろうツリーオブライフ(生命の木)に
ついても同じことです。

チャクラにしろオーラにしろタロットにしろツリーオブライフにしろ、占星術
にしろ数秘にしろ、それらはすべてマインドマップの一種で、あるものごとを
理解する上での道案内や概略図なんですね。

なんていうと、占星術やタロットや数秘やツリーオブライフを信じてやってい
る人からしかられてしまうかもしれませんね。

いいわけとしてひとこと言っておくと、、それらを本当に知っている人にとっ
ては、人生の真実を言い当てることはあり得ることのようですね。
インドの占星術師の話しなどを聞くと、それは驚くほどです。

しかしだからといって、それらのなかで言い当てられた自分の人生を変えられ
ないというわけでもありません。

あれだけ多くのライフリーディングを正確に言い当てたエドガーケーシーも、
予言というものはすべてを言い当てられるものではなく、人間の意識の持ち方
によって変えられるものだって述べています。

それはともかく、ここで言いたいことは、これらの物事、チャクラやオーラや
ソウルスターやなんとかスターという概念について知識として覚えようとした
り、あまり深刻に考えすぎないでください、ってことです。

わからないことについて考えようとしたって無駄なんです。
せいぜい知識として覚えてしまって、本当には知らないこと、わからないこと
について、知ったつもりになってしまうだけです。

そのことが物事を本当に知ることの一番の障害になります。
つまりそういうことを知識として知ったことでわかったつもりになってしまう
と、そこで自分で体験することで学ぼう、探求しようということがなくなって
しまいます。

そして自分がほんとうには知らないことの信じ込みの上に自分の人生を築いて
しまったり、そのことでもっていろんなことをジャッジしてしまったりします。

ここで述べるようなサトルアナトミーは自分がそういうものごとを体験した
り、自分の体験で考えていくための道案内、ガイドライン、あるいは仮説でし
かありません。

実際に自分がそれを体験して、ほんとうに自分のものとして知ることが出来た
ときにのみそれらは仮説ではなくなるでしょう。

このようなものごとは多分に主観的なものであり、個人差があります。

外側のいわゆる物質的世界、目に見える世界というのは、実験と検証により、
ある程度科学的な客観性があるとされています。

しかしそういうことにしろ、量子物理学では、そのいわゆるものごとを客観的
に観察するということさえ、実はその観察者の主観によって実験結果が左右さ
れるということがわかってきたぐらいですから、まして、それよりも微妙で微
細な世界については、主観によって左右される、と言っても当然だともいえま
すね。

だからチャクラやオーラやこれから述べていくオーラソーマのサトルアナトミ
ーということについても、仮説なんだということを前提にお読みください。

例によって前置きが長くなってしまいました。
なぜかというと、ここに私のジレンマがあるんですね。
つまり、ここで私は本当には知らないことについて書かなければならないって
ことなんです。

要するに、こういうサトルアナトミーということについては、そこにある真実
を含んでいるでしょうし、そのことでいろんなことの理解の助けになり、理解
を深める助けにもなりますが、それらの説明においては、私にとっては仮説で
ある部分が多いということです。

ではここでオーラソーマのサトルアナトミーという説明に入るわけですが、
すでに長くなってしまいましたので、続きは次回、ということにしましょう。

もう少しオーラソーマについて知りたい方は、
次にお進みください。



トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024