TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第23号 クイントエッセンス(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1. クイントエッセンス その2(マスター)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回はクイントエッセンスはイクイリブリアムの50番から64番のマスター
ボトルに対応するっていうことをお話ししました。

ただ、1本、例外があります。
2,3年前に生まれた15本目のクイントエッセンス、ホーリーグレイル&ソ
ーラーロゴス。
これは99番のボトル、大天使ザゾキエルと関連しているとされています。

しかしそこまでいうと混乱するので、クイントエッセンスは、シンプルに、マ
スターボトルに対応するってことにしておきましょう。

ではマスターってなんでしょう?

しかも、このクイントエッセンスでのマスターというのは目に見えないマスタ
ーでもあるんですね。

名前としては、キリストのようにかつて実在したマスターもいますが、クイン
トエッセンスでは、キリスト意識、のようなものであって、歴史上のキリスト
とは区別されるとされています。

そもそもユダヤの家庭に生まれたヴィッキーさんにとって、キリストなんてい
うマスターが出てくるなんて、びっくり仰天の話しですよね。

見えないマスターということについては神智学のブラバツキーの著作やアリス
ベイリーの著作や「ヒマラヤ聖者の生活探求」などいろいろあります。

それなりに興味深く面白いのですが、読んでいてわけがわかりません。
っていうか、ずいぶん以前に、学生時代の何もわからない頃に読んだので、夢
物語でしかありませんでした。

しかしそういう目に見えないマスターというものがいろんなふうに人々や人類
を助けているっていう話しは、ありとあらゆる著作にも書かれています。

とても信頼すべき人、パラマハンサ・ヨガナンダの自叙伝である、「あるヨギ
の自叙伝」、にもそのような話しがかかれてあり、そういう目に見えないマス
ターの存在というのは否定は出来ないように思われます。

さらに、一般には目に見えない存在として天使、っていう存在もあります。

そこまでいくとさすがについていけなかったのですが、中森じゅあんさんにイ
ンタビューして話しを聞いてみると、やっぱりそういう存在も否定できないと
思うようになりました。

この人が自分の体験としてそういうんだったら、それは信じるしかないよねー、
って感じです。

まぁ、そういう目に見えない存在ということについてはまた別の機会に話す機
会もあるでしょうが、ここでは、もう少し現実的な話しとして、目に見えるマ
スター、つまりは人間としてのマスターというのはどういう人なの?っていう
ことについて書いてみましょう。

もともと日本では禅師、つまり禅マスターという人たちが存在し、それが日本
の精神のバックボーンであったはずなんですね。

禅はインドで生まれ、中国を経て、日本で花開いたとされています。

日本が世界に誇れるもの、そして世界に貢献できるものというものがあるとす
れば、それはこの禅の文化であり、禅師、禅マスターの存在であろうと思わま
す。

数十年前までは傑出した禅師も日本に存在していました。

禅の真理の探求ではそういう自分にとってのマスターを探すっていうところか
らはじまりますね。

西洋人にとってはこのマスターという存在はなかなか認めがたい存在のようで
す。
個人主義に反するものであり、西洋文化ではそのような存在は受け入れがたい
もののようです。

というのは西洋では大抵そのようなマスターは殺されています。

キリストは磔されましたし、マンスールは手足を切り落とされましたし、ソク
ラテスは毒殺されました。

日本では誰ひとり禅マスターは殺されることなく、それどころか尊敬されてい
ます。

北条時宗のような将軍の指南役でもあり、現代では経営者のトップや政治家な
どの精神的アドバイザーでもあったりしましたし、一般の人の悩みに光をもた
らしてくれる存在でもあったわけです。

日本にはかつてはそのようなマスターは存在し、その存在を受け入れる伝統が
あったのですが、現在の日本ではどうでしょうか?

オーム真理教の事件などがあり、洗脳やマインドコントロールってことにされ
てしまったりします。

それは産湯とともに赤子を流すようなものです。

マスターについて語ろうとしながら、実はそれはとても難しいことだと気づい
て、ちょっと書くことを戸惑っています。

それは言葉を越えた経験であり、かつそれについて語ることは自分の投影でし
かない、ということもわかるからです。

(すべてを映し出すクリヤーの質)

マスターに対してはただ感謝と愛を感じるだけです。

そしてまた自分が誰かに本当に愛され、無条件に愛されていると感じるのはマ
スターからなのです。

(クイントエッセンスにはすべてローズクォーツのピンクのエネルギーが含ま
れている、ということの意味が分かります。)

そしてその透徹した明晰さ。

(マスターボトルにはすべてクリヤーの色が含まれている、ということの意味
も分かりますね。)

深い洞察、そしてユーモア、遊び心。

私の知っているマスターは、悟り(エンライトメント)は究極のエンターテイ
ンメントだ、なんていいながら、最高に楽しませてくれました。

そしてすべての矛盾をその中に含んでいる存在でもあります。

(すべての色が含まれているという意味でのクリヤーの質)

そして決して依存することは許さず、自分自身に投げ返されてしまいます。

仏陀は自灯明、自らを灯明とせよ、という言葉を辞世の句にしましたが、その
とおりなのです。

そこで伝えられるものは、言葉ではなくその存在、臨在の伝達。

こういう話しがあります。

インドにはヴィーナという琴に似た楽器があります。

それは誰が奏でなくとも、そこに集まる人々のバイブレーションによって自然
に音が奏でられるという言い伝えがあるそうです。

マスターはそこに集まる弟子たちにとって必要なことを自然と語り、それはシ
ンクロニシティで伝えられるものなのです。

マスターはまずその人自身が究極の意識、悟りを得ている人であることが必要
です。

それだけでなく人をも助けることのできる技量を持っていることも必要とされ
ます。

そして同時に人を助けるという意思を持っていること、菩薩の精神の持ち主で
あることも必要ですね。

マスターは覚醒し、目覚めている人であり、何も見えず路頭に迷う魂に、行く
道を照らし、導いてくれる存在でもあります。

もし目の見えない人が目の見えない人を導けばみんながどぶに落ちてしまいま
す。そこでは道を照らす存在としてもマスターがいるわけです。

もし人生でそういう人に出会うことがあったとすれば、それが人生の最高の喜
びである、ということもわかるでしょう。

人間の意識としての存在がそこにあるわけです。

そしてそのマスターの存在は肉体に限定されることもないのです。

クイントエッセンスは、そのようなマスターの質の一端を、色の光線を通して
伝えようとするもののようです。


もう少しオーラソーマについて知りたい方は、
次にお進みください。



トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024