TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第203号 200号記念応募作品(3)木のイズミさん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.200号記念スペシャル公募応募作品より その3:木のいずみさん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、応募作品よりの3回目です。

オーラソーマとの付き合い方のヒントがいっぱいにつまった体験談です。

読んでいるうちに、いろいろと思い当たることがある人も多いのではないでし
ょうか?

何十冊も買ったスピリチュアル系、自己啓発系の本やグッズなど、とにかくい
ろんなものを全て処分した、

にもかかわらず、

でもなんとなく、捨てずにとって置いておいたオーラソーマ。

オーラソーマは、ただその時を待っていたのでしょうね。

出会いには、出会いの時節というものがあるようですね。

オーラソーマと2度目の出会いができて本当に良かったですね!!!

それでは、木のいずみ さん、よろしくです。

                                尚 記


        …………○…………○…………○…………


 初めてイクイリブリアムボトルを使用したのは、5年程前でした。

 その頃は家庭環境や自分の病気、人間関係などに悩んでいて、精神的に人生
 どん底で、いろいろと解決策を模索する中、スピリチュアルな世界にいきつ
 きました。

 オーラソーマだけじゃなく、いろいろなものに出会って、そりゃもう、お金
 と時間の許す限り、いろんなものに手を出しました。でも、「自分の望むよ
 うな」結果なんて簡単に得られるわけじゃないんですよね。そのたびにガッ
 ガリしたり、裏切られたような気持ちになったり。

 そんなことを何年も続けて、ある時、「あーもう、疲れた!! これ以上期
 待してガッカリするのはもうたくさん!!」って心底思って、何十冊も買っ
 たスピリチュアル系、自己啓発系の本やグッズなど、とにかくいろんなもの
 を全て処分しました。

 でもなぜか、その時捨てずにいたものがありました。
 それは、使いかけのイクイリブリアムボトルと、フラワーエッセンスと、パ
 ワーストーン。

 その頃は、ボトルの中に「色、花、クリスタル」のエネルギーが入ってる、
 ということも知らずにいたのに、不思議とこの3つはそのまま置いておくの
 が自然なような気がして、そのままにしておきました。

 それから1年ほどたって、買い物中に偶然、オーラソーマの臨時ブースを見
 かけ、「やっぱりボトルってキレイだな〜」なんて思って見てると、お店の
 人に声をかけられました。「実は家にボトルがあるんですよねぇ」って話し
 たら、「使ったら変われるのに、もったいない〜!」って言われたんです。

 その時、「え? そうなの? 私、変われるの?」ってなんかうれしくなっ
 ちゃって、使いかけで置いてあった87番と26番のボトルを使ってみまし
 た。特に自分や周りの環境が変わったとは思わなかったけど、お風呂あがり
 にボトルをシェイクして塗ってるのがなぜか楽しくて、不思議でした。

 昔は塗ってても「これを塗らなきゃ幸せになれない」というような義務感が
 あって、なんだか必至でしたが、久しぶりに使ってみると、そういう義務感
 は一切なく、「私どんな風に変わっていくのかなぁ」っていうちょっとした
 ワクワク感がありました。

 こんな感じで、オーラソーマと2度目の出会いを果たしたわけですが、なん
 か、今はオーラソーマとかかわっているのが楽しいです。

 2層にわかれているボトルを眺めているのも楽しいし、ボトルをシェイクし
 て混ざりあった姿を見るのも楽しい、混ざりあったものがまた2層に戻る様
 子を見るのも楽しいし、お風呂に入る時にバスタブの端っこに置いてみたり、
 寝る時に枕元に置いてみたり、抱いたまま寝てみたり。私にとってボトルは、
 子供か友達のような存在です。

 2度目の出会いから実はまだ半年ほどしかたっていません。この半年で環境
 が劇的に変わったということはありませんが、私の心は変わったと思います。

 使いかけの2つのボトルを使い終わってから、あらたにコンサルテーション
 を受けてチャレンジボトルとして使用したのは99番のボトルでした。この
 ボトルを使い始めてから、昔のように「楽しい」とか「嬉しい」と感じる事
 が増えました。ここ何年かずーっと凍ってた私の心が、溶けてきたという感
 じです。

 その後、78番→71番→4番のボトルを使用していますが、それぞれに個
 性があって楽しいです。
 時にはモヤモヤした感情が出てきたりもしますが、ボトルを使い終わる頃に
 はかならずスッキリ解消していて、次のボトルを使うのが楽しみで、ワクワ
 クします。

 これからも、自分なりにボトルと付き合っていけたらいいなぁと思っていま
 す。
 
 あのとき、オーラソーマと2度目の出会いができて本当に良かったです。

 それでは。                      木のいずみ 記


        …………○…………○…………○…………


200号スペシャル公募では、たくさんの方々のご応募をいただきまして、あり
がとうございました。m(_ _)m

御応募いただいたみなさまの中から、今回は

 木のいずみ 様

が採用となりました。おめでとうございます。

賞品の郵送などで手違いがないように、クイズ当選された方のために
「『オーラソーマ通信』懸賞当選者用賞品指定フォーム」を用意いたしました。
http://aura-soma.co.jp/mail/forms.cgi?id=prize
当選された方はこのフォーム↑からご希望の品名と色をお知らせください。

公募の賞品は3種となります。1本の50ミリのイクイリブリアムボトル、
1本のポマンダー、1本のクイントエッセンスをご記入ください。

入力方法としては、ポマンダー、またはクイントエッセンスを所定の欄にご記
入いただき、残りを備考欄(「何かございましたら、ご自由にどうぞ」の欄で
す)にご記入ください。

http://aura-soma.jp/


        …………○…………○…………○…………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024