TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第444号 鮎沢玲子さん(14)「日本の色-6」:橙色

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:鮎沢玲子さんの
      日本の色で学ぶオーラソーマ Vol.6 ≪オレンジ≫ (2013,1/2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるのでしょうか?

あるいは、今年はどんな年にしたいのでしょうか。

マヤ暦の5125年の周期が終わって、新しいサイクルが始まった
からでしょうか。

何か、どこからともなく、「すべてを新しく生まれ変わらせたい」
という衝動を感じます。

でも、そのためにはまずは自分自身を新しく生まれ変わらせること
ですよね。

新しいチャレンジがいっぱいの年にしたいと思っています。

今までかけ声だけでできていなかった、フェイスブックにも挑戦し
ていきたいです。

というわけで、元旦からフェイスブックを見ていると、オーラソー
マのフェイスブックに「ジューシーな人生を喜びで満たす」という
言葉を見つけました。
http://www.facebook.com/aurasoma.oau

今年は「ジューシーな人生を喜びで満たす」年にしたいと思いまし
た。

今年のイヤーボトルは情熱のレッド(6番のボトル)ですし、今日
の「日本の色で学ぶオーラソーマ」のテーマもジューシーな≪オレ
ンジ≫です。

また、別の方のフェイスブックを見ていると、こういう言葉を見つ
けました。

「「忙しいですか?」

 「やらなければいけない事」がたくさんある人は忙しい人です。

 「やりたい事」がいっぱいある人は
 「忙しい」と言わずに、
 「楽しい」と言います。

 まわりから見て、
 あんなに一杯仕事して、
 あんなに一杯遊んで、
 あんなに楽しそうなのは
 やりたい事がたくさんあるからです」

今年は「やりたい事」「楽しいこと」をいっぱいしながら、蛇が脱
皮をするように、生まれ変わる年にしていきたいものです。


ところで、年末に家のお餅のお飾りを作っていたら、なんでもコン
パクトに簡単になってしまって、みかんさえもプラスティックなの
は味気なく、「みかんぐらい本物を使おう」と思ったら、なんと、
そのみかんさえも代用だったのですね。

本当に日本のことを知らなくなってしまいました。

鮎沢玲子さんの日本の色で学ぶオーラソーマは、日本を再発見させ
てくれます。

それでは、鮎沢玲子さんの、日本の色で学ぶオーラソーマ Vol.6
≪オレンジ≫ をお楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


明けましておめでとうございます。

今年も「日本の色で学ぶオーラソーマ」を毎月1回(第一水曜日)
担当させていただきます。

どうぞよろしくお願いします。


さて、2013年の最初に取りあげる色は「オレンジ」です。

セカンダリーカラー(二次色)であるオレンジは、プライマリーカ
ラー(一次色)のイエローとレッドが混ざってできる色。

この色を日本の色名に例えると、ぴったりなのが「橙色」(だいだ
いいろ)です。

この時期、お正月に目にすることが多い「橙」・・・どこで目にす
るか、わかりますか? そうです、注連(しめ)飾りに使われる、
または鏡餅の上に載っているオレンジ色の実。あれが橙です。


橙とは、インド〜ヒマラヤ原産の柑橘類で別名ビターオレンジ。
ビターオレンジは、オーラソーマ製品のポマンダーやクイントエッ
センスの材料にも使われています。

橙の実は熟しても落ちることがなく、二〜三年もそのまま枝につい
ているのだそうです。そしてその実が、翌年の夏にはまた緑色に戻
ってしまうというから驚きです。なんという生命力でしょう!

このことから「代々栄える」に通じ、「ダイダイ」という名前が付
きました。縁起の良い橙を、お正月の注連(しめ)飾りに用いたり、
鏡餅の上に飾ったりします。

みかんで代用せず、できれば本物を使いたいものです。


橙の実は、そのままでは苦くて食べられません。
刻んで砂糖と一緒に煮ると、オレンジ・マーマレードになりますし、
酸味の強い果汁はポン酢などの調味料に使います。

また、橙の皮を乾燥させたものは、漢方で健胃薬として使われてい
ます。お正月は食べ過ぎたり飲みすぎたりして胃腸に負担がかかり、
健胃薬のお世話になることが多くなります。

そして、食欲があまりない時には、柑橘系の酸味が食欲を増進して
くれるでしょう。

特定の色の光を身体に照射して、体調を整えるカラーヒーリングに
おいても、オレンジの色調は、消化器官つまり胃や腸に効果を発揮
する色なのです。


オーラソーマの色の言語として見ると、オレンジ色は暖かさと繁栄、
至福を表しています。

この色は、私たちの身体にエネルギーを与え、お腹の底から生き生
きとした喜びの感覚をもたらしてくれる、まるで太陽のようです。

26番のボトル(オレンジ/オレンジ)の別名「ショックボトル」
が意味するのは、ショックの状態から私たちを立ち直らせ、傷つい
たエーテル体(オーラの層のひとつ)を修復する働きがあるというこ
とです。

それはまるで、熟した橙の実が、また翌年には緑色に戻って、いの
ちを取り戻して行くかのようです。オレンジ色には何度でも立ち直
る力があるのかもしれません。


このお正月、注連飾りを見たらこの色のこと、そして橙の実のこと
を思いだしてください。

皆さまの健康と幸せが、どうか代々続きますように。


(※こちらで画像付きで掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-11438496687.html


       ………○…………○…………○………


鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール

有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネータとして14年間
住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナーとして独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。
http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024