TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第15号 ポマンダー その2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.ポマンダー その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回は基本的なポマンダーの知識を書いたと思います。

そのポマンダーの動作はヴィッキーさんからのものですが、
その動作のひとつひとつにもヴィッキーさんのメッセージが含まれています。

その動作の意味がわからないと、どうしてそんな変なことさせられるんだ、
って思ってしまいますけどね。

でもここでそのひとつつひとつの動作を解説するわけにもいかないので、
それはコンサルテーションをしているプラクティショナーの方や
オーラソーマのコースで学んでいただくことにして、ここでは
私の簡単なコメントだけを書いておきたいと思います。

私が面白いなと思う動作は、ひとつは、まず自分に施す前に
地球のそれを必要とする人たちがそれを受け取りますようにと
いうふうな動作を含み、自分だけに施すのではないということ。

そして自分の施す場合には、上からそのエネルギーを受け取って、
下の方へとそのエネルギーをグラウンディングしていくということ。

それはヴィッキーさん自身がとてもグラウンディングしていた人であるよう
に、オーラソーマも、単なるスピリチュアルな知識にとどまることなく、それ
を日常生活に生かしながらグラウンディングさせていくことが大切なんだよ、
と教えてくれているようです。

だからそういう光のエネルギー、色や植物や鉱物のエネルギーを、イクイリブ
リアムボトルやポマンダーやクイントエッセンスとして、実際の日常生活に用
いることができるように、それらの光や植物や鉱物からの贈り物を物質界で、
私たちが日常生活の中で利用できる形に、ヴィッキーさんがグラウンディング
してくれているわけですね。

ですからオーラソーマで教えていることは、単に知識としてだけでなく、それ
を自分に実際に施すことで、日常生活に持ち込める形になっているわけです。

そして下まで降りていったエネルギーは自然と上昇していくということ。
自分で無理をして上昇させなくても、自然に、なんの努力もなく上昇していく
ということですね。そうすることで、上のチャクラから下のチャクラまで、す
べての光、色を生きていくということですね。

そしてその香りを嗅ぐとともに、そのエネルギーを内側に入れていきます。
内側からそれらのエネルギーを感じて生きていくということですね。

ポマンダーはプロテクション(保護)の機能があると説明しましたが、
このプロテクションってなんでしょう?

これは他人に対して自分を防御するという意味なんでしょうか?
悪いエネルギーを遮断して、自分を防御するのでしょうか?

もしそうだったら、ポマンダーの動作で、他の人々にも
そのエネルギーを分かち合うということはしないはずですよね。
自分だけにつけて、防御しなきゃって思うはずですね。

でもポマンダーは人にも与え、自分にも施すという動作ですから、
自分を他人と分離して自分だけを防御するというためではないと
考えられますね。

オーラソーマはそもそも何のために使うのでしょう?
自分の悪いところを治すためでしょうか?

確かに、ピンクのポマンダーは攻撃性に効果があるという言い方がされたりし
ますが、しかしそれは、その攻撃に対抗して防御するというのではなく、
その攻撃性に対してさえも、やさしく愛を持って抱きしめることで、
その攻撃性を和らげていくという感じですね。

クリヤー/ピンクのときのタロットで、少女がライオンを手なずけていましたね。
やさしい愛を持ってすれば、攻撃的なエネルギーも和らいでしまう
っていうようなかんじなんでしょうね。

実際、犬などはそういう人間のエネルギーに敏感ですが、
吠えられて怖がっている人や、逆に対抗していくエネルギーには
より激しく吠えていきますが、犬好きの人が、
「おぉ、あんた、何吠えてんの、どうしたの?」なんていいながら、
恐がりもせず、やさしく接すると、今まであんなに吠えていた犬が、
突然しっぽを振って甘えるような動作になったりしますね。
それがピンクってことでしょうかね。

レッドは強い防御としての作用があるといいますが、それもレッドの怒りのエ
ネルギーで防御するというよりも、自らのグラウンディングのエネルギーを強
めることで、他からのエネルギーの影響を受けにくくしているのではないでし
ょうか。雷に対する避雷針みたいなものです。

ポマンダーを使うと、自らのエネルギーのバランスを回復し、エネルギーを強
めることで、自然と他からの影響に対しても抵抗力ができるのではないか、と
いう感じですね。

そしてポマンダーを使う動作は、自分をなんとかして良くしようというより
も、ただ自分自身のあるがままを愛していく動作でもあるわけです。

まず、自分自身を愛することからはじめていく必要があるのですね。

ポマンダーの動作において、あるがままの自分自身を愛していくこと。
そのことが最も根本的なことだと思われます。

オーラソーマはその知識も膨大で、さまざまな側面を持っているため、
ついそのような根本的なことが見失われがちですね。

そういう意味では、ユニオミスティオイルは、非常にシンプルに、
純粋な形で自分自身をあるがままに受け入れて愛していくこと、
というハートのメッセージを伝えてくれています。
ミスティカという人に会うとそのことがよくわかりますね。

これまでさまざまなセラピーやカウンセリングや心理療法は
自分の悪いところを発見し、その原因を探り、それを矯正していこう
というような考えですが、それはどこまで成功しているでしょうか?

そうではなく、ただそのあるがままを認めて受け入れていく、というところか
ら、本当にものごとが変容していくのだということを深く掘り下げて考えてみ
ても良いのではないでしょうか?

オーラソーマにしろ、ユニオミスティオイルにしろ、
サウンドレゾナンスにしろ、そのような根本的な
考え方が共通しているように思われます。

あなたは、ただ自分自身であるというユニークな存在を、あるがままに受け入
れることができるでしょうか?

あなたというユニークな存在を作ったのは誰なんでしょう?
そしてそれを変えようとしているのは誰なんでしょう?

あなたは自分自身以外の誰になろうというのでしょう?

ただ自分自身であっていいのだということを思い出させてくれる。
そのままのあるがままの自分を鏡として映し出してくれる。

それがオーラソーマであるならば、ポマンダーも
そのようなあなたのあるがままの自分自身をいとしく抱きしめるために
使っていくものですね。


もう少しオーラソーマについて知りたい方は、
次にお進みください。



トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024