TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第462w号 石黒寛子さん「ASと創造性」(10)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:石黒寛子さんの
       「オーラソーマとクリエイティビティー」vol.10 (2012,5/8)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なにごとも、最初は第一歩を踏みだすことからはじまります。

そして、それを続けること。

そのようにして、このオーラソーマ通信は462号を迎え、石黒寛
子さんの「オーラソーマとクリエイティビティー」は10号を迎え
ました。

そしてまた、新たな第一歩がはじまります。

石黒寛子さんのカラーダイアリーお茶会。

--------------------------------------
日程 2013年5月19日(日)
会場 鎌倉 和尚アートユニティ
https://aura-soma.jp/schedule/booking.cgi?code=130519HIEE_Evt

石黒寛子さんは、和尚アートユニティの講師ヌラのレベル1からの
生徒さんで、昨年オーラソーマティーチャーになられました。
鎌倉のとなり町の逗子でオーラソーマのコースを教えています。

今回、カラーダイアリーお茶会でアシストする遠藤悦子さんも、石
黒寛子さんと同期で、ティーチャーコースを卒業。

二人は大の仲良しらしく、遠藤さんを和尚アートユニティのスタッ
フにと紹介したのも石黒さんです。
(というわけで、カラーダイアリーお茶会、二人で写っている写真
が掲載されていますね)

「カラーダイアリーお茶会を和尚アートユニティでもやろう!」と
言いだしたのは私。

「せっかくだから、カラーダイアリーお茶会をオーラソーマとクリ
エイティビティということでやってもらえれば・・・」と石黒寛子
さんに声をかけたところ、「お茶会って、なにをするんですか?
お茶を飲むんですか?」と質問されて絶句したのは私。

「ようするに、それだけみんなに知られていなかったのね」と認識
を新たにした次第です。

ですので、オーラソーマカラーダイアリーお茶会とはなにか? を
少しご紹介しておきます。

オーラソーマカラーダイアリーというのは、みんなにオーラソーマ
に親しんでもらおうと、毎日オーラソーマのボトルやタロットカー
ドを引いたりしながら、感想やメッセージを日記のように書いても
らおうというインターネットコミュニティサービスです。
http://d.aura-soma.co.jp/

なぜ、こういうことをしようと思ったのかは、ここに書かれていま
すが、オーラソーマソーマの原点に返って、日本人の感性によるオ
ーラソーマを発信していく場にしたいということでもあります。
http://d.aura-soma.co.jp/teaparty/

マイクの協賛も得ています。
http://d.aura-soma.co.jp/adviser/

すでに1000人あまりの方々に登録していただいております。

和尚アートユニティとしては、みんながオーラソーマを使ってクリ
エイティビティを発揮してもらえるような、そういう場を提供した
いということです。

けれども、まだまだオーラソーマは実際のボトルに触れたり、見た
りという機会を持つことが難しい現状だと思います。

そこで、協賛していただいているティーチャーさんたちに、オーラ
ソーマを知らなかった方々が気軽にオーラソーマに親しんでもらえ
る場を提供してもらおうということで、お茶会のような気楽に来ら
れるサロンを提供していただいています。
http://d.aura-soma.co.jp/adviser/
http://d.aura-soma.co.jp/schedule/

ということで、カラーダイアリーお茶会というのは、お茶を用意し
ているうえに、身近にオーラソーマを楽しんでいただけるサロンな
のです。

まだ開催は多くありませんが、全国にそういう場ができればと思っ
ています。

カラーダイアリーお茶会は、その一歩を踏みだし、歩んでいます。
みなさんもその一歩を踏みだし、一緒に歩みませんか。

というわけで、石黒寛子さんの「オーラソーマとクリエイティビテ
ィー」vol.10を、どうぞお楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


みなさまこんにちは〜。
こちらでみなさまにお会いしますのも、はや10回目・・・。

日々、いろいろなことを体験しながら、こつこつ歩かせていただい
ています。

ときには、ちゃんと前に歩みを進めているのか? と自分に疑問を
持ってみたり、ときには、こんなに高速で突き進んでよいのか?
と、躊躇してみたり。
ときには、自分のなかのいろいろな側面と出逢って、びっくりした
り・・・。

私たちは、よく自分自身にいろいろなことを問いかけたりしますね。
洞察を深めたり、気づきがそこでやってきたり。

しかし、なにかそれと紙一重のところで、うっかり厳しいジャッジ
メントに陥ったり、自己否定感に苛まされたりということも・・・。

あ、頷いてらっしゃいますかね?

だいたい、多くの方が通り過ぎる道でもあるのではないでしょうか。

それも、プロセス。

大切な、大切な、私たちの存在を育んでくれる、大切なひとつの要
素。ある種の体験。

どのようなことであっても、それと分離しようとするのではなく、
それと共にあることをしようとすれば、そこから変容がはじまりま
す。

例えば、この原稿の〆切に気づいたのは、実は数時間前の深夜で、
だいぶ焦りましたが、「あ、グラウンディングしてない私、だめだ
わっ」て思うのも、「たまにはこういうことがあるのもスパイス効
いてておもしろいっ! ネタにしちゃおう」って思うのも、どっち
もできるわけですね。(笑)

けっこう、子どものころからまじめな性格で、きっちり物事して、
忘れ物もほとんどしない子だったのですが、その分、忘れ物をした
りすると「いけないことをしてしまった。自分てだめな子だ」と必
要以上に自分を責めて落ちこんだりしました。

ところが、今では・・・まぁこんな感じになってしまいました。笑

オーラソーマと出逢い、瞬間瞬間を楽しむということのすばらしさ
を少しずつ知って、実際にそれを体験していくことがはじまりまし
た。

手放し、信頼、受容、ありのままであること・・・。

数々の耳慣れた言葉があるかもしれませんが、私にとって、これら
はすべて、「今」を軽やかに「創造」し、「体験」するということ
の、別の言い方をしているように感じています。

自分が、今この瞬間になにかを創りだすことができるという力を思
いだし、取り戻し、そしてそれを実際に行う。

すると、私たちが、周囲へと分ち合えるものが、そこで出現します。

もしかしたら、それは本人の意図せずして、ということの方が多い
かもしれません。

なぜなら、そうしようと働きかけているときは、力みがどこかに入
っているので、あんまりそういったことは起きないからです。

これも、面白いですよね。
そういった失敗は山のようにあります。^^;

それも、今の私を創ってくれている大切な一要素です。

さて、私たちが自分に目覚めれば目覚めるほど、分ち合えるものっ
てなんでしょう。

それは・・・。

目覚めていく、という体験をまわりにもプレゼントできる可能性で
す。

私たち一人ひとりの持つ存在力の、レゾナンスによってです。

私たちが分ち合えるものは、すべて「体験」なのかもしれないと、
昨日ふと改めて再認識しました。

例えば、あなたがほんとうに自分自身と共にあり、自分のなかに溢
れる愛に気づき、それを表現したくて何かを誰かにプレゼントした
とします。

それは、表面的には「物」かもしれません。

けれども実は、プレゼントしてるのは「物」だけではないのでしょ
う。

相手の方には「プレゼントをいただいて嬉しかった」という体験が
そこにやってきます。

物はやがて壊れますが、体験は、消えることなくその人の心に残り
ます。

おいしいものをさしあげたなら「おいしいものを食べて感動した」
という体験が残り、綺麗なお花をさしあげたなら「美しい花の色と
香りがハートに触れた」という体験が残るかもしれません。

するとその方は、またその歓びを誰かに分ち合いたいと思うかもし
れません。

あなたがプレゼントをしているとき、そのことまで意図してしてい
るわけではないですよね?

なのに、それは、起こります。

あなたが、あなたのなかの愛に気づいて、それに対してクリエイテ
ィブであり、表現したからです。

光の波紋が世界中に広がっていきますように。



それでは今回も、イクイリブリアムボトルたちの声に、アートを通
して耳を澄ませてみましょう。

前回の続きのボトルからです。

B22(イエロー/ピンク)『再生者のボトル/目覚め』
http://aura-soma.jp/products/equi/B022.html

ただ、開いて行きます。わやらかに、楽しげに。
この羽のような軽やかさと無邪気さは、いつでも私たちのなかにあ
ります。


B23(ローズピンク/ピンク)『愛と光』
http://aura-soma.jp/products/equi/B023.html

あなたはどのようなところにあっても、愛と光の存在です。
それ以外にはなりえません。


B24(ヴァイオレット/ターコイズ)『新たなメッセージ』
http://aura-soma.jp/products/equi/B024.html

内側の深みを見れば見るほど、それは外の世界にも花開いていきま
す。


(※こちらで画像付きで掲載をしています
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-11526386183.html

(その他の作品はこちらでご覧いただけます。もしやってくる言葉
があれば、コメントを自由に書き込んでくださいませ。嬉しいです)
http://pinterest.com/otohana/inspiration-art-from-the-aura-soma/

(※ボトルのインスピレーションアートについての各コメントは、
あくまでも個人の体験による洞察です。色彩の言語やボトルの意味
などに、特に関連づけることなく、やってくるものをそのまま表現
しています)


       ………○…………○…………○………


「クリスタルラインおとはな」〜 Art & Aura-Soma Space
石黒寛子(いしぐろ ひろこ)プロフィール
http://profile.ameba.jp/crystalline-otohana/

ホームページ http://www.otohana.com/
最新情報・日常の中のオーラソーマ日記
http://ameblo.jp/crystalline-otohana/
『光の曼陀羅』
http://pinterest.com/otohana/heart-earth-~the-symphony-of-color-light/
メニュー http://www.otohana.com/amu_menu.html
スケジュール http://www.otohana.com/am_sche.html

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024