TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第599w号 【パリさん】:Life:「生命」と「人生」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.【ぱりさんのオーラソーマ】:Life:「生命」と「人生」 (2015,12/23)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ぱりさんは本も書いている著述家であり、多くのOSHOの本も翻
訳している翻訳者でもあり、いろいろなふうにものごとを考える哲
学者でもあります。

そんな彼が、オーラソーマのカラーローズから導きだされる人生論
を論ずるコーナーが、この【ぱりさんのオーラソーマ】です。

このカラーローズを理解し、あるいはカラーローズについて、自分
なりに考えることができれば、自分の力でオーラソーマのボトルの
メッセージを読み解いていくことができるようになります。

そういうヒントを、このぱりさんのエッセイから得ていただければ
と思います。

「カラーローズ」は人間心理のパノラマです。
http://www.aura-soma.co.jp/intro/color_language/

このカラーローズとチャクラの理解とサトルアナトミーの理解は、
オーラソーマのボトルの秘密の扉を開くための3つの鍵です。

オーラソーマのチャクラの理解についてはこちら
http://aura-soma.jp/basic/dtl_163.html

サトルアナトミーの理解についてはこちら
http://aura-soma.co.jp/intro/subtleanatomy.html

また、ぱりさんの書いている、Life:「生命」と「人生」の理解に
ついては、過去と未来に生きることと、「今ここ」に生きることと
の違いについての理解が必要だと思われます。

ぱりさんは、過去と未来に生きることを「人生」、今ここに生きる
ことを「生命」というふうに言っているように思われます。

過去と未来に生きることと、今ここに生きることについては、次の
OSHOの言葉が役に立つかもしれません。

「今この瞬間を生きるということ」
http://ameblo.jp/oejbooks/entry-12105028020.html

「未来は現在から生まれる」
http://ameblo.jp/oejbooks/entry-12106402666.html

それでは、【ぱりさんのオーラソーマ】:Life:「生命」と「人生」
を、どうぞお楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


ときどき、幕あいに顔を出す、「オーラソーマ」をちょっと部外者
的な立場から眺めてみる【ぱりさん】シリーズです。^^;

オーラソーマのカラーローズを“全人間心理のカラーインデックス”
に見立てて、その内部的なダイナミクスを連想して楽しんでいます。

ちょっと理屈っぽいですが、常識だけでおつきあいいただければ、
あんがい、おもしろがっていただけるかもしれません。

「カラーローズ」は人間心理のパノラマです。
http://www.aura-soma.co.jp/intro/color_language/

この図は本当によくできた図で、おそらく人間が単なる思いつきで
勝手に創れるような図ではないのだろうと思います。

私たちは人生を生きていますよね?

つまり、いろんな出来事に出会って、そこでいろんな思考や感情を
体験して、ハラハラ・ドキドキを体験していると思います。

そして、もっと体験を深め、もっと理解を深めて、もっとよりよい
人生を生きたいと望んでいると思います。

その動機や願いや欲望、その原因や結果のすべての「人間心理」の
元型を網羅しているのが、われらが「カラーローズ」でした。

あらゆる動機や願いには、必ずその対極の動機や願いがあります。

その両者がひとつになると、それはただ消えてしまいます。

でもそれは、一方の動機が正しく、その対極にある動機が間違って
いる、ということではありません。

あらゆる動機や欲望は、一体性を願っていて、全体性を回復したい
のです。

でも、すべてがひとつである全体性を願うそのことを、個人幻想の
なかで実現しようとするのがこの人間ドラマなのです。(*^_^*)

「カラーローズ」はその人間ドラマにまつわる「人間心理」のすべ
てを元型として網羅しているわけです。

実際に現象する個々の欲望や動機には、相対的に“正しい”動機や
欲望と見なされものもあるかもしれません。

それは結果的に善意と呼ばれるかもしれませんね。

また個々の欲望や動機のなかには、間違った動機や欲望と見なされ
るものもあるかもしれません。

それは結果的に、悪意と呼ばれるかもしれませんね。

でもそれは、単にその人が担わされている“個人幻想”の、範囲の
大小を反映しているにすぎません。

そして人生では、どんな欲望でも、その目的が達成されたときは、
その欲望を持った当人は嬉しいんですよね。(^^;)

どんな欲望でも、その目的が成就しなかったときは、残念で悔しい
感情が待っているわけです。

そしてみんな、“自分”が担わされた条件下で、自分がそのゲーム
をコントロールしていると思っているわけです。

ね、ゲームのルールはとてもはっきりしてるでしょ。(^_-)

そしてこのゲームでは、正しい願いが成就し、邪悪な欲望が失敗す
るとはかぎらないことも、参加者は全員よく知っています。

それほど単純じゃないのが、このゲームですから。

また、どの願いが正しくて、どの願いが間違っているのかも、人生
ゲームの個々の登場人物にはそれほど自明ではありません。

人生ゲームには不公平はつきものなのです。

誰もが同一規格のロボットのように完全な既成品で、まったく同じ
に思考したら、そもそも人生ゲームなど成り立ちません。

その意味では、人生は不公平そのものともいえますね。

最初から不運で、花開くことなく、ただ萎れたままに、滅びていく
命は、それこそ掃いて捨てるほどあることでしょう。

また人並み外れの能力や財力、美しい魅力を備えた優者もいて、さ
らなる努力の末に大輪の花を咲かせることもあったりします。

この惑星地球だけを考えてみても、この星には現在、人間だけでも
七十億の生命が生きているそうです。

最初から圧倒的な強者もいれば、また圧倒的な弱者もいます。

そして、それぞれの命を懸命に燃焼させています。

なかには、こんなに不平等で不正義な人生は、最初から、なにか間
違っているのではないか、と思う登場人物もいるかもしれません。

ところで、ここに、とても不思議なことがあります。

それは、この人生ゲームに入ってきた最初のころ、つまり赤ん坊は、
まだこの人生の登場人物になっていないということです。

あなたは、自分の子供のころのことを、どれくらい遡って記憶して
いますか?

思いだせる最初の記憶は、どんなことですか?

その最初の記憶以前に、あなたの物語はありますか?

わたしたちは何度も何度も自分の人生の記憶を、修正しては、つね
に再構成しています。

今の状況に合わせて、辻褄合わせをしているのです。(^_-)

ところで、私たちの人生があるのは、過去の記憶のなかだけじゃあ
りません。

私たちの人生は、未来への想像のなかにもあるのです。

こんな話は、きっとどこかで耳にされただろうと思います。

でも、もしかしたら、ちょっと自分には関係のない話のように、思
われたかもしれませんね。

でも、このごろはこんな時代ですからね。

昔ならちょっと理解できないように思われたことでも、今は本当に、
誰もが簡単に理解できる当たり前のことになってきました。

人生が過去の記憶と、未来への想像のなかにしかないことを、もし
かして、あなたも、もう察しがついているかもしれませんね。

実はそれは、体験の記憶と体験の想像のなかにしかありません。

そこには実際の体験は存在していないのです。

その記憶と想像のなかで、つねに紡ぎ直されているのが人生です。

つまり、実際には、存在していないということです。(*^_^*)

ガーン! (@_@) ⌒★?

え、ほんと? って思いますよね。

でも、実際、こうしていつもつねに人生に対応して生きているのに、
それが存在しないって言われても・・・。

現に、こうして生きているわけだし。(-_-;)

ええ、わかります。

いま、こうして生きているのは、本物の生命(いのち)です。

でも、それは人生ゲームの登場人物じゃないんです。

実際は、もし過去の記憶と未来への想像という存立基盤が失われた
ら、人生ゲームの登場人物は存在できないんです。

英語に「life」という言葉があるのをご存知ですよね。

この言葉を日本語に翻訳するときは、その時の文脈に合わせて、
「生命」と訳したり「人生」と訳したりします。

それは、「生命」という言葉と「人生」という言葉では、日本語で
の連想野が異なるからです。

たとえば、赤ん坊が生まれてきたとき、この子が、いま生きている
「命」、「生命」であることを疑う人はいません。

でも、赤ん坊が「人生」を生きている、と言ったら、それはちょっ
と違うんじゃない (*^_^*)、って思いますよね。

赤ん坊は、まだ、「人生」をはじめていないでしょう、と。

ということは、英語で「life」の一語で連想される内容が、日本語
では「生命」と「人生」の二語に分けられていることになります

じゃ、英語では区別されなかったのに、日本語が区別しているもの
は、いったい何なんでしょうか?

赤ん坊は間違いなく生きている「生命」ですし、実際に「生命」を
生きています。

人間以外の動物たちも、間違いなく生きている「生命」です。

でも、大人の人間は、同じく間違いなく生きている「生命」ですが、
実際にその「生命」を生きているでしょうか? (^_-)

(日本語では、“「生命」を生きている”という言い方は、ちょっ
 と変ですけどね。(^^;) )

いや、おそらく、大人の人間は、「人生」を生きているんじゃない
でしょうか? (^_-)

え、え!? (?_?)

なにが違うのっ、て思いますか? (^^;)

「生命(現象)」とは実際に起こっている体験のことです。

動物にも赤ん坊にも大人の人間にも、「生命」本来の「知性」は備
わっています。

でも、動物と人間が違うのは、人間には「知力」があることです。

人間にあって動物にない「知力」とはなにか?

それは体験を記憶として保持し、それを体系化して将来の状況に備
える能力のことです。

つまり、動物や人間の赤ん坊は、今起こっている状況に対して、た
だ「生命」本来の「知性」で応じているだけなのです。

なので、迷う余地がない。

この状態をわれわれは「野生」と呼ぶようです。

それに対して、大人の人間は、今起こっている状況に、過去の体験
の記憶も参照して、より的確で安全な判断をしようとします。

なぜ大人がそうするかというと、大人はただ今を生きればいいわけ
ではなくて、未来にも備えようとするからです。

人間は想像力が発達していて、過去の記憶から予想されるたくさん
の想像上の危機にも備えなければならないからです。

つまり、人間の大人は、今起こっている状況に対して、いつも過去
の記憶を検索し、未来に備えて対応を決めているのです。

この能力はまだ赤ん坊にはありません。

この能力を身につける過程が、躾であり教育なのでしょうね。

だから、赤ん坊は学習して人間になるともいえます。

そして人間は、状況に対応するのに、つねに過去の記憶からできた
“自分”のイメージを参照するようになります。

もう、「生命」と「人生」の違いは、わかりましたよね。

「生命」とは、<いま>を生きている命です。

言葉を換えれば、実際に起こっている体験とも言えるでしょう。

それに対して、「人生」とは、過去から未来へと流れる時間のなか
で生きることです。

だから、そこで起こる体験は、すばやく“自分”の「人生」のなか
で意味づけられ、組み込まれていきます。

そしてだんだん、体験自体よりはその意味づけの比重のほうが高く
なっていくわけです。

つまりわれわれは「物語」を生きはじめるわけです。

「人生」とは物語のことです。

そして、物語は、記憶と想像のなかにしかありません。

つまり、いま探してみたら、実際には、どこにも存在していないと
いうわけです。(*^_^*)

まだ、え、どういうこと、だってこうしていま人生を生きてますよ
(@_@) って思います? (^_-)

たしかに、われわれは「人生」を生きていますが、でもその人生は
ほら、これです、と見せることはできません。

だから、われわれは自分の「人生」を見せるためには、言葉を使っ
たり、過去の一場面である写真を見せたりするのです。

実際には、<いま、ここ>に存在していないからです。

英語圏の人たちも、もちろん、文脈に合わせたその意味上の使い分
けはしているでしょうね。

でも日本語の場合は、「生命」と「人生」という言葉として、最初
から別の言葉、別の概念が存在していたんですね。

この「人生ゲーム」とは、言ってみるなら、「なんでもないもの」
が「なにか」になるためのゲームと言えるかもしれません。

そしてそこでの“ゲームの規則”は、最初から公然の秘密として、
「カラーローズ」のなかに全部バラされているのです。

(*^_^*)

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこ
へ行くのか』( http://p.tl/0WWA )。(-_-)

実際、この旅はどこへ向かっているのでしょうね。^^;;

次に機会があったら、また「カラーローズ」を別の視点から眺めて、
勝手な連想を楽しませていただくかもしれません。

いつもお断りしているとおり、これは「オーラソーマ」で認定され
た見解ではありません。

「オーラソーマ」がゲーテの色彩論から引き継いだ「カラーローズ」
というすばらしいツールに触発された、まったく自由な立場からの
連想です。

おつきあいいただき、ありがとうございました。<(_ _)>

                          pari 記


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-6-32 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024