TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第766号 鮎沢さん(68)「季節の色44」:赤銅色

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:
      鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.44
                ≪【赤銅色】しゃくどういろ≫ (2017,8/2 水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏も真っ盛り。

夏休みは海水浴や少年野球で子供はみんな真っ黒になっていました。

しかし、いつの頃からか、夏になると光化学スモッグ注意報が出され
るようになり、オゾホールが問題になって、紫外線がガンを引き起こ
すとかで太陽に当たらなくなりました。

鎌倉の由比ヶ浜でも海水浴客で賑わっていますが、肌の白い人達が多
く、皆さん海で遊ぶというより、砂浜のビーチパラソルの下で、日焼
け止めクリームを塗って寝そべっている感じです。

赤銅色と聞くと、赤胴鈴之助の漫画を思い出してしまいます。北辰一
刀流千葉周作道場の少年剣士、赤胴鈴之助。父親の形見である赤い胴
(防具)を着けることから「赤胴鈴之助」と言われ、千葉周作に弟子
入りし、修行を積んで心と技を磨く物語です。

赤胴鈴之助のような、元気でたくましい子どもの姿が少なくなってい
るように思われるのは、私だけではないようです。


それでは、鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.44
≪【赤銅色】しゃくどういろ≫を、どうぞお楽しみください。

今日もすてきな一日を!

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


昔のようには見かけなくなりました、夏休みにプール通いや海水浴
や川遊びで、真っ黒に日焼けした子どもの姿。

そんな日焼けした肌の色を表現するときに、よく使われるのが
「赤銅色」(しゃくどういろ)です。


先日、ニュースでこんな話題を見つけました。

20代の女性を対象に調査した結果、週に3回以上、日焼け止めを
使用する人は、ビタミンDの血中濃度が明らかに少なく「欠乏状態」
であることがわかったそうです。

ビタミンDの不足は骨粗しょう症を引き起こすため、これは深刻な
問題です。

しかし、近年日焼けからくる皮膚がんのリスク回避や、肌のシミを
防ぐために、皆、日焼けを防いできました。

子どもたちも同様で、過度の日焼けをしないように気をつけている
親御さんも多いことでしょう。

ですから、赤銅色の肌の子どもなんて、もうこの時代には存在しない
のかもしれません。


赤銅色について語るとき、代表的なものとして8世紀中ごろに作ら
れた「奈良の大仏」があります。

かの有名な大仏(正式には「東大寺舎那仏像」)を建立する際に、
赤銅が使われたという当時の記録があります。

通常の「銅」に少量の金を加えた合金で、烏金(うきん)、紫金
(しきん)とも呼ばれていました。

「銅色」のことを「あかがねいろ」と読むので混同されがちですが、
「赤銅色」とそれは別で、金属のような艶のある暗い赤色のことです。

もともと価値ある銅に、もっと価値の高い金を混ぜて作るのですから、
高価だったはずです。


また日焼けの話に戻りますが、1980年代・・・バブルの時期、
大人にとって日焼けはステイタスでした。

シミになるリスクも皮膚がんのことも話題にのぼらず、景気のよい
人たちは南のリゾート地の海やプールで、さらには日焼けマシーン
まで駆使して、自分の肌を「赤銅色」に近づけていました。

つまりその当時、日焼けはお金をかけた贅沢の証しだったのです。

なんだか「赤銅色」が、元気だった日本経済の象徴のように感じます。

夏休みに、なにもかも忘れて海やプールで遊ぶ子どものように、
あとのリスクなんて考えずに、輝く太陽の下に素肌を晒せたあの
時代はもう来ないのでしょうか。

洗練も美白も健康管理も、すべてかなぐり捨ててしまいたくなる、
今年はそんな暑い夏です。

(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12297276114.html


       ………○…………○…………○………


鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール

有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネータとして14年間
住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナーとして独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。
http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024