TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第542w号 黒田コマラさん(16)「自分の強み発見」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.黒田コマラさんより
         「自分の強みを発見する」瞑想コースのご案内 (2014,11/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オーラソーマのコースでは、コースがはじまる前に、3つの大切な
ことを行います。

ポマンダーのプロテクションとキャンドルに火を灯すデディケーシ
ョン(献灯)、そして瞑想です。

とりわけ瞑想の時間は大切です。

なぜなら、オーラソーマのヴィッキーさんの著書『奇跡のカラーヒ
ーリング』にも書かれてあるように、オーラソーマカラーケアシス
テムはヴィッキーさんの瞑想のなかから誕生したものだからです。

瞑想をすることは、オーラソーマの誕生してきた源に還る時間でも
あり、かつまた自分自身の生命の源に還る時間です。

ヴィッキーさんは常に、内なるガイドを指針としなさい、というふ
うに言っていますが、内側に入ることがなければ、内なるガイドに
も出会うことはありません。

瞑想とは、まさに内側に入る時間なので、瞑想の時間がなければ、
オーラソーマコースの半分を失っていることになります。

オーラソーマは、右脳と左脳を統合するような教育システムでもあ
り、コースで学ぶ知識は左脳を使いますが、右脳の直感などは瞑想
によって養われますので、右脳とともにコースを学ぶのでなければ、
本当にそのコースを学ぶことはできません。

瞑想は右脳も左脳も超えてはいますが、右脳が働くスペースをもた
らしてくれます。

また、瞑想はさまざまな技法がありますが、単に静かに座って瞑想
している時間だけのものではなく、瞑想による気づきは、日々の日
常生活や人生に生かしていくことができるものです。

今回、黒田コマラさんが紹介してくれている「自分の強みを発見す
る」瞑想は、人生で自分の才能や強みに気づいて発揮していくうえ
でとても有益であり、またオーラソーマの2本目のボトルに関連し
て使っていくことのできる瞑想でもあります。

それでは、黒田コマラさんの「自分の強みを発見する」瞑想コース
を、どうぞお楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


「自分の強みを発見する」瞑想

オーラソーマボトルは色の鏡として、私たちが誰であるかを思いだ
すことを助けます。

4本のボトルを使ったコンサルテーションでは、最初のボトルは、
私たちが誰であるかの本質を映しだし、2本目は、その本質を世界
に表現するための、その人が本来持つユニークなギフトを表してい
ます。

ただ、そのギフトを最初から気づいているというよりは、過去に体
験したチャレンジを通して、そのギフトを発見します。

チャレンジがあったからこそ、それが自分のギフトを発揮する機会
となり、それが自分の強みであると認識させてくれます。

このギフトを、ここでは「強み」としてお話しします。

外資系に勤務している友人は、会社のなかでこの「強み」という表
現を普通に使っているそうです。

例えば、こんな会話が日常茶飯事だとか。

Aさんは、リサーチをする強みを持っているから、新しい商品のア
イデアを生みだす強みを持っているBさんと組んで、今度のプロジ
ェクトをチームで進めてもらってはどうかとか、それはCさんの強
みじゃないから、Dさんに任せた方がいいとか。

自分の強みを発見するための、ビジネス書も数々あります。

オーラソーマコンサルテーションに戻ると、2本目のボトルのギフ
トは、1本目の人生の目的/使命、つまり本来の自分を生きること
のためにあります。

自分の強みを、外側の目的を達成するためだけに使うのではなく、
自分の内側に存在している本質を表現する機会として、強みを使う
と、人生に充実感を感じます。

でも案外、日本人はこの強みを発見し、価値を与えるのが苦手とい
う人が多いのではないでしょうか。

アメリカのように、自分を主張することに価値が置かれている社会
では、上記の外資系の会社ではないですが、自分の強みを普通に言
うことができたりするのでしょうが、日本社会は、自分の能力は人
から認めてもらっても、自らが主張することは少ないかもしれませ
ん。

そして、日本には謙譲の文化があります。

そうすると、自分の持つ強みを、人から、つまり外から言ってもら
うことに頼ってしまい、自分でそれを認めて、価値を与えることが
難しくなってしまうかもしれません。

私は、自分の持つ強みをはっきり言える人は、大人だなあと思いま
す。

つまり自分を知っており、それに価値を置いているということです。

それは自慢をしたり、自己中になったりすることではなく、自分の
ことをクリアーに評価できていると思うからです。

誰にでも強みはあります。

例えば、料理が好きだったり、子供の世話をするのが好きだったり、
園芸が得意だったり・・・そんなふだんの小さな行為、活動のなか
に強みを発揮して生きています。

自分が好きでやっていること、得意なことのなかに強みが潜んでい
ます。

「そんなこと、誰にだってできるじゃない」という声が、自分の頭
のなかで聞こえてくるかもしれませんが、あなたは、それを自分な
りのユニークなやり方で楽しんでいるのです。

そして、このたび、瞑想によって「自分の強みを発見する」コース
を、神戸で開催します。

瞑想は、気づきを広げていく助けをします。

熟練した瞑想の先生であるプラサードが、強みを発見する瞑想を紹
介してくれます。

そして、彼のすばらしい洞察が、私たちが強みを発見するサポート
をしてくれます。

自分の強みを知って、それをもっと意識することで、人生のチャレ
ンジを解決する助けにもなり、なによりも自分の強みを使って、本
来の自分を生きることは、喜びであり、それが世界への貢献にもな
ります。

much love
Komala


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024